Raspberry Pi Zero 2 Wが日本の技適を通過(令和4年3月23日)

総務省のデータベースとRaspberry Pi 公式ページで確認したところ、どうやらRaspberry Pi Zero2 Wは無事に技適を通過し認可を受けていました。

技適の認可日は2022年3月23日となっており、ついでにComputeModule4も取得されています。

これで日本の代理店や各販売業者から販売されることになります。

国内のRaspberry Pi Zero 2 Wの価格の目安は2,500円前後となりそうです。供給量は少ないままですので、入荷した順に売り切れになっていくことが予想されます。

この記事の主な流れ

公式ページで確認

公式ページで確認するには、コンプライアンスページにあるPublic Document内です。

総務省のページで確認

総務省のデータベースは、「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」ページから検索できます。

"氏名又は名称:"のテキストボックスに「Raspberry Pi」で検索すれば出てきます。画像はその2ページ目です。

総務省にあった詳細情報です。

購入できるのはいつ?

いつになったら安定供給になるか、まだまだ先の話になりそうですね。2022年になってから海外のショップを覗いていると、月に数回の入荷があったのが、3月などは1回くらいじゃないかな。在庫切ればかりで、ほとんど買えません。

日本で技適が通ったからといって、すぐに販売されるわけでもなさそうです。やはりこれまでとは供給が変わっていますから仕方ありません。

どこのショップも情報は出してくると思いますので、ニュースや各ショップのページなど気にしながら気長に待つしかないですね。

Raspberry Pi Zero2 Wが手には入ったら、3Bで行ったようなプロジェクトは置き換えていきたいと思っています。

何にせよ楽しみですね。

おっと、Redditでも言及されてた。

シェアする
  • URLをコピーしました!

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ