当サイト限定「Raspberry Pi 3B+ のセット品」割引クーポン配布中!この機会に是非!こちらから

メディアセンター系OS「XBian」を試してみる

xbian インストールと設定
この記事は約4分で読めます。

ここのところLibreELECというよりWidevine.dll絡みでAmazonVODプラグインによるAmazonプライム・ビデオが視聴できなくなっていました。

2019年5月現在の状況は、AmazonVODプラグインがバージョンアップし、これまでのように視聴が出来ています。但し、解像度がフルHDでは再生できません。720Pに変更することで再生出来ています。

LibreELECで再生が出来なかった期間、一度OSMCのNightlyビルド版で試したところ、問題なく視聴できていました。

OSMCで再トライ!「OSMCでAmazonプライム・ビデオ」
先日からLibreELECで構築したメディアプレイヤーでAmazonプライム・ビデオが観られなくなっています。その後にアップデートした関係で、再生させてもコケて何も表示されない状態から、音声だけ出るよ...

プライム・ビデオの快適な視聴にはAmazonVODプラグインの対応が待たれます。
ただ、OSであるLibreELECやOSMCなどによっても結果が変わることから、他のOSであるXBianを試してみることにしました。

XBianとは?

XBianもLibreELECと同様にメディアセンター系のOSです。どのメディアセンター系OSもKodiというアプリケーションを実装しています。XBianはその名の通り同じDebianを元にしているOSです。

Debianを元にしているのはXBianだけで、Raspberry Pi もDebianが元のRaspbainが推奨OSです。そのため親和性は高いと思います。他はAndroid向けが多いです。

xbian_logo

どのメディアセンター系OSも基本的な考えは「XBMC」です。そこから派生していき多くのディストリビューションが開発されています。

本当にややこしい・・・。

XMBCは、XBox Media Centerが元です。ゲーム機XBOXのインターフェイスでした。その後、Kodiに名前が変わりました。アプリケーションです。

ディストリビューションのイメージ

 

それらからシステムに組み込んで派生したのが、OpenELEC、LibreELEC、CoreELEC、OSMC、XBianなどなどに分かれています。

それぞれのディストリビューションのイメージはRaspberry Pi にインストール可能です。また、見た目もKodiのインターフェイスなので大きく変わりません。どのディストリビューションも独自のメニューが1つあるくらいです。

XBianのインストール

インストールは他のOSと変わりません。イメージをmicroSDカードへ書き込み起動するだけです。

公式:https://xbian.org

ダウンロードから適している物をダウンロードします。現在、Raspberry Pi 2/3/3B+は同じイメージです。

  • Raspberry Pi
  • Raspberry Pi 2 / Raspberry Pi 3 / Raspberry Pi 3B+

記事執筆時点で最新は2019/05/03のイメージでした。

以下記事はLibreELECとOSMCですけどご参考に!

LibreELECをrpi3Bにインストールして動画再生として使う(2018年)
以前からLibreELECを動画の再生機として使っていました。今回、LibreELECを新規インストールしてみました。設定項目などを見るとだいぶ進化していますね。何よりも超かんたんに出来上がっ...
OSMCでAmazonプライム・ビデオを観る!方法
これまで動画の再生マシンサーバーとしてRaspberry Piを使っています。これまでパソコンの中に取り込んでも小さな画面で観ないとなりませんでした。その後、GoogleCastやAppleT...

XBianのLibreELECとの違い

主に感想となりましてあまり証拠らしい物は提示できませんけど、安定感はLibreELECと同等です。特におかしな動きや遅さは感じません。

それよりも自由度はXBianの方が圧倒的にあります。基本はRaspberry Pi にインストールしたOSとして制御できます。(LibreELECはコマンドラインで勝手にインストールやら設定の変更、など操作は受け付けません)

単純に表現すると、XBianはLibreELECのように安定しているOSMCと言えそうです。とても気に入りました。

 

メニューは同じスキンで使ってみても、XBianは使いやすいと感じます。どちらかというと玄人好みするのがXBianです。

はじめてのメディアセンター系であれば、LibreELECの方が情報が多く安心です。

microSDカードを取り替えるだけなので、XBianやOSMCなど試してみて使いやすいOSを選んでください。

Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー
先日、バージョンアップしたLibreELEC 9.0でAmazonプライム・ビデオを設定して視聴できるようにしました。(※この記事は2019年にたくさんのアクセスをいただいています!いつもありがとうご...

コメント