PyGame Zeroで学ぶプログラミング——Wireframeマガジン第11号

レビュー

Wireframeマガジン今号も楽しく読めました。今回気になったBreakout’s brick-breaking action、意訳すると「ブロック崩しゲームを作り直す」は昔のベーマガを思い出して興味が沸きました。

ブロック崩しゲームは単純で誰でも出来て夢中になれるゲームです。Raspberry Pi 公式ブログでも扱っていましたね。

pygame zeroというアプリケーションで動かします。それと必要なのがプログラムです。

書かれているコードをチマチマ打つのをオススメしますけど、面倒ならコードはダウンロードできるので、3分クッキングみたいにそちらを使いました!ダメじゃん・・・。

Code and project assets from Wireframe #11

上のサイトでclone downloadをクリックすればWireframe-11-master.zipがダウンロードできます。中のbreakout.pyファイルを使います。

Raspbian以外のpygame zero のインストールなどリファレンスは以下のページです。

https://pygame-zero.readthedocs.io/en/stable/installation.html

※Raspbian Jessieからpgzeroはデフォルトでインストールされています。×Python Gameとは異なります。
MacOSでもいけるようですね。

WindowsとLinux(32ビットと64ビット)、およびMac OS(64ビットのみ)用にコンパイル済みのPygameパッケージが用意されています。

×メニューにあるPython Gameではありません。

not-pythongames

では、実際に動かしてみましょう。

Pygame Zeroで実行させるには以下のコマンドです。

pgzrun breakout.py
breakoutpy

マウスを左右に動かすとバーが動きます。

あとはbreakout.pyの中身を覗いて、一部を変更したら、どういう結果になるか試行錯誤しながらプログラムが学べます。

WIDTH = 600
HEIGHT = 800
BALL_SIZE = 10
MARGIN = 50

単に画面サイズやボールのサイズを変えても面白いです。

def draw():
    screen.clear()
    for brick in bricks:
        screen.draw.filled_rect(brick, brick.color)
        screen.draw.line(brick.bottomleft, brick.topleft, brick.highlight)
        screen.draw.line(brick.topleft, brick.topright, brick.highlight)

    screen.draw.filled_rect(bat, 'pink')
    screen.draw.filled_circle(ball.center, BALL_SIZE // 2, 'white')

これは初期配置ですね。

コメントされているので分かり易く、数字や計算式を変更すると学べると思います。

 # Check for and resolve collisions

プログラムも125行で出来ています。全体的に真似て作れば、更にオリジナルのブロック崩しゲームの誕生です。

いかがでしたでしょうか。
昔、こういったプログラムの載った雑誌を手打ちしてみたものです(遠い目)

ネットには「PyGame Zero」で検索するとたくさん出てきます。以下のサイトも参考になります。

https://codewith.mu/en/tutorials/1.0/pgzero

以上、PyGame Zeroでした。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  2. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  3. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  4. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  5. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  6. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP