当サイト限定「Raspberry Pi 3B+ のセット品」割引クーポン配布中!この機会に是非!こちらから

Wireframe第7号で気になるレトロゲームエンジンPICO-8

wireframe07-title The MagPi
この記事は約5分で読めます。

24ページにPICO-8が紹介されています。これは8ビットでゲーム製作でき、遊ぶこともできるコンソールです。ゲームエンジンと言うのかな。前から気になっていました。

今号のWireframeマガジンに掲載されていたのを読んでみて、久しぶりに調べてみました。

pico-8 HP top

PICO-8で製作したゲームは、仮想のカートリッジとして配布できて、ゲームを読み込んで遊べます。この仕組みをfantasy consoleと表現していますね。

PICO-8は有料で15ドルです。マルチプラットフォームで動きます。Windows、Mac、Linux、そして、Raspberry Pi!今後は iOSとAndroidにも正式に対応させていくようです。

マップエディッターがあったり、サウンドエディッターがあったり、スプライトも可能で、独自の言語で比較的簡単にゲームが作れるのが売りです。

カートリッジ
Lexaloffle BBS ::
公式サイト
Lexaloffle Games

クローン

そして、実はこのクローンもいくつも作られていて、中にはMITライセンスで無償のfantasy consoleも存在します。

似ている部分も多いので、先ずはそれから試してみるのはどうでしょう。

代表的な物を3つほど紹介します。

TIC-80

TIC-80 tiny computer 0.70.6

こちらもマルチプラットフォームです。Raspberry Pi へはソースからビルドします。

TIC80

Raspberry Pi (Retropie)

インストール手順をGitHubから翻訳&転載します。

リポジトリの登録
sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade
Add jessie-backports repo to /etc/apt/sources.list:
deb http://ftp.debian.org/debian jessie-backports main
公開鍵の登録
gpg --keyserver pgpkeys.mit.edu --recv-key 8B48AD6246925553 
gpg -a --export 8B48AD6246925553 | sudo apt-key add -
gpg --keyserver pgpkeys.mit.edu --recv-key 7638D0442B90D010
gpg -a --export 7638D0442B90D010 | sudo apt-key add -
then run apt-get update

必要なライブラリなどをインストール

sudo apt-get install git build-essential libgtk-3-dev libsdl2-dev zlib1g-dev
liblua5.3-devのインストール
sudo apt-get install -t jessie-backports liblua5.3-dev
コンパイルする
sudo apt-get install git 
git clone --recursive https://github.com/nesbox/TIC-80
cd TIC-80
cmake .
make
ドライバを有効に

通常のRaspberry PiイメージであるRaspbianは OpenGLドライバを有効にする必要があります。 (RetropieならそのままでOK)

sudo raspi-config

7 の “Advanced Options” の “GL Drivers”、 “GL (Fake KMS) Desktop Driver”を有効にします。そして一回再起動します。

起動
bin/tic

Build instructions(GitHub)

tic80-img

詳しい日本語サイト

無料でオープンソースな架空のレトロゲーム機「TIC-80」の紹介 - kitao's blog
PC上で仮想的にレトロゲーム機の開発&実行環境を実現する、Fantasy Console(架空のゲーム機)が活況を呈しています。 ブームの火付け役はPICO-8(商用ソフト、2014年発売)なのですが、PICO-8にインスパイアされる形で、現在では様々なFantasy Consoleが開発されています。 どんなFant...

LICO-12

LICO-12

こちらはRaspberry Pi は無いようですね。Ubuntuはあります。

lico12 トップページ

lico12

こちらは色味が綺麗です。

Pyxel

Pyxelは日本人のtkitaoさんが作った「レトロゲームエンジン」です。2018年7月30日にリリースされています。

なんとPython3で製作できます。もちろん他と同様にエディッター類が豊富なので、それ程難しくはありません。他のクローン同様にポチポチ作りたいなと思わせてくれます。(ゲームができるかどうは別として・・・)

つい先日、まとめのページの記事が公開されていました。

Pyxel 紹介記事まとめ - kitao's blog
仕事が立て込んでいたため、すっかり更新の間が空いてしまいましたが、ようやく平常運転に戻れそうです。 前回紹介記事を書いた時には、まだ日本ではほとんど知られていなかったレトロゲームエンジン Pyxelですが、その後たくさんの方々のおかげで日本でも知られるようになり、日本語の紹介記事やチュートリアルも増えてきました。 今回...

いやあ、スゴイなー。

インストール

Ubuntu / Debian

sudo apt install python3 python3-pip libglfw3 libportaudio2
sudo pip3 install pyxel

pip3でインストールします。

PyxelもMITラインセンスです。

pyxelイメージ

詳しくはこちら。

Pyxel (GitHub)

クローンならいくつかは無償なのでMacやRaspberry Pi にインストールして試してみてはいかがでしょう。

PICO-8とそのクローンのレトロゲームエンジンfantasy consoleの情報でした。

Wireframeはインディゲームに焦点を当てたゲームマガジンです。

banner-wireframe-list

コメント