Wireframe第7号で気になるレトロゲームエンジンPICO-8

レビュー

24ページにPICO-8が紹介されています。これは8ビットでゲーム製作でき、遊ぶこともできるコンソールです。ゲームエンジンと言うのかな。前から気になっていました。

今号のWireframeマガジンに掲載されていたのを読んでみて、久しぶりに調べてみました。

pico-8 HP top

PICO-8で製作したゲームは、仮想のカートリッジとして配布できて、ゲームを読み込んで遊べます。この仕組みをfantasy consoleと表現していますね。

PICO-8は有料で15ドルです。マルチプラットフォームで動きます。Windows、Mac、Linux、そして、Raspberry Pi!今後は iOSとAndroidにも正式に対応させていくようです。

マップエディッターがあったり、サウンドエディッターがあったり、スプライトも可能で、独自の言語で比較的簡単にゲームが作れるのが売りです。

カートリッジ
https://www.lexaloffle.com/bbs/?cat=7#mode=carts&sub=2&orderby=featured
公式サイト

https://www.lexaloffle.com

クローン

そして、実はこのクローンもいくつも作られていて、中にはMITライセンスで無償のfantasy consoleも存在します。

似ている部分も多いので、先ずはそれから試してみるのはどうでしょう。

代表的な物を3つほど紹介します。

TIC-80

TIC-80 tiny computer 0.70.6

こちらもマルチプラットフォームです。Raspberry Pi へはソースからビルドします。

TIC80

Raspberry Pi (Retropie)

インストール手順をGitHubから翻訳&転載します。

リポジトリの登録
sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade
Add jessie-backports repo to /etc/apt/sources.list:
deb http://ftp.debian.org/debian jessie-backports main
公開鍵の登録
gpg --keyserver pgpkeys.mit.edu --recv-key 8B48AD6246925553 
gpg -a --export 8B48AD6246925553 | sudo apt-key add -
gpg --keyserver pgpkeys.mit.edu --recv-key 7638D0442B90D010
gpg -a --export 7638D0442B90D010 | sudo apt-key add -
then run apt-get update

必要なライブラリなどをインストール

sudo apt-get install git build-essential libgtk-3-dev libsdl2-dev zlib1g-dev
liblua5.3-devのインストール
sudo apt-get install -t jessie-backports liblua5.3-dev
コンパイルする
sudo apt-get install git 
git clone --recursive https://github.com/nesbox/TIC-80
cd TIC-80
cmake .
make
ドライバを有効に

通常のRaspberry PiイメージであるRaspbianは OpenGLドライバを有効にする必要があります。 (RetropieならそのままでOK)

sudo raspi-config

7 の "Advanced Options" の "GL Drivers"、 "GL (Fake KMS) Desktop Driver"を有効にします。そして一回再起動します。

起動
bin/tic

Build instructions(GitHub)

tic80-img

詳しい日本語サイト

LICO-12

LICO-12

こちらはRaspberry Pi は無いようですね。Ubuntuはあります。

lico12 トップページ
lico12

こちらは色味が綺麗です。

Pyxel

Pyxelは日本人のtkitaoさんが作った「レトロゲームエンジン」です。2018年7月30日にリリースされています。

なんとPython3で製作できます。もちろん他と同様にエディッター類が豊富なので、それ程難しくはありません。他のクローン同様にポチポチ作りたいなと思わせてくれます。(ゲームができるかどうは別として・・・)

つい先日、まとめのページの記事が公開されていました。

いやあ、スゴイなー。

インストール

Ubuntu / Debian

sudo apt install python3 python3-pip libglfw3 libportaudio2
sudo pip3 install pyxel

pip3でインストールします。

PyxelもMITラインセンスです。

pyxelイメージ

詳しくはこちら。

Pyxel (GitHub)

クローンならいくつかは無償なのでMacやRaspberry Pi にインストールして試してみてはいかがでしょう。

PICO-8とそのクローンのレトロゲームエンジンfantasy consoleの情報でした。

Wireframeはインディゲームに焦点を当てたゲームマガジンです。
banner-wireframe-list
ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  3. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  4. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  5. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  6. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP