ツールソフト「WoR-flasher」1つでArm版Windows11をRaspberry Pi 4/400にインストールできた

ラズパイダでも以前にトライしたArm版Windows10や11は、Raspberry Pi 4で動作するようにインストールされるWindowsイメージを作成するのに、とても手間が掛かりました。(記事下参照)

これはちょっと試したくても面倒な上に複雑です。

どうやら一発でインストールさせるプログラムを用意した人が現れました。実行した印象としては、本当にツールソフトのセットアップウィザードのみでインストールして起動することができました。

拍子抜けするほど手順はありません。

備忘録を兼ねて残しておきますので、試してみたい人はどうぞ。

目次

Raspberry Pi 4/400での制限

先ず最初に、ダウンロードされるWindows11の各種ファイルは、Microsoftのサーバーから取得していて違法ではありません。

正規であるがため、当然ながらインストールされるWindows11を使用するには、ライセンス認証が別に必要です。

Raspberry Pi 4上で動作するArm版Windowsには、主に以下の3つの制限があります。

  • アクティベーションキーが必要(ライセンス)
  • メモリー3GB制限(CPUの違いにより)
  • Wi-Fiが動作しない(現時点でドライバーが存在しない)

Arm版のWindows10や11ですから、皆さんが使用している普段のWindowsと厳密には違います。

これら制限があると理解して試しましょう。

Win10でも、仕事内容によっては十分に使える感じで、Excelも動きました。
ここまでくるとWi-fiの対応が待ち遠しいですね。-コメント欄より

今回の環境

必要な物は、Raspberry Pi 4/400、microSDカードでRaspberry Pi OSが動作している環境に、USB接続したSATAのSSDドライブのみです。

  1. Raspberry Pi 400(4GB)
  2. microSDカード(Raspberry Pi OS動作用)
  3. USBメモリーまたはUSB接続SATAのSSDドライブ(USB-SATA変換ケーブル)

敢えてPi 400で試しました。どうせメモリーが3GBに制限されるのであれば、4GBあれば足ります。

セットアップ方法

githubで公開されているツール「WoR-flasher」をダウンロードして実行していきます。SSDドライブへの書き込みでしたから、始めてからWindows11が立ち上がるまで合計で1時間と少しくらいでしょうか。USBメモリーであれば速度が遅いので、2時間は掛かると思います。

なお、事前にRaspberry Pi 400はUSBブートに対応させてありました。

USBブートについては過去の記事を参考にしてください。

Raspberry Pi 4/400でRaspberry Pi OSが動作している状態で、コマンドから行います。

ダウンロードする。

git clone https://github.com/Botspot/wor-flasher

続けて実行します。

~/wor-flasher/install-wor-gui.sh

するとGUIでダイアログ画面が出てきます。ウィザード形式でいくつか選ぶだけ。

wor-flasher GUI

NEXTで進めていきます。

ja-jpを選びました。

ここでWindows11をインストールするメディアデバイスを選びます。

今回はUSB接続のSATA SSDドライブを接続しました。選ぶだけでNEXT。

次の画面ではconfig.txtを編集することができます。(しなくてもOK)

主にCPUをオーバークロックする場合に追記します。今回はPi 400ですがオーバークロックしてみました。

空白の箇所にポチポチと入力します。

config.txt オーバークロックの記述

記載されているのは、可能な限り最高の数値です。(できれば、もう少し下の数値にトライしてください。Pi 400の標準は1800)ここでは言及しません。公式ページを参照してください。
公式:overcloking-options

Finish後はターミナルでダウンロードや構築が始まります。ここが時間かかります。

正直な話、ここまででほぼ完了しています。

Closeで再起動される

注意書きのようなダイアログ画面が出て終了です。

Closeボタンで画面のようにステップしていきます。最後のWindowsデスクトップ画面の前に、Windows側のセットアップウィザードを答えて利用できるようになります。

再起動され、もう少しだけ時間がかかりました。

次の画面はWindows11側のセットアップウィザード開始画面です。お疲れ様でした。

Arm版Windows11が起動したデスクトップ画面。

システムインフォを見てみると、Raspberry Pi 400のBCM2711となっています。

クロックアップも施したので、速度は2.15GHzと表示されています。メモリーは2.91GB表記の通り3GBで制限されていることも分かります。

触れ込み通り、ツールソフトのみでArm版Windows11がRaspberry Pi 400にインストールできました。これは簡単だ。

まだまだか

私がWindows10や11に詳しくないこともありますので的確には表現できません。

実行速度はそこそこなので普通に使えます。ただ、予期しないブルーウィンドウが出たりしたので、それは相変わらずWindowsだなー、と感じました。

別途で繋げたUSBメモリーが熱くなったりしたのは、恐らくPi 400の廃熱のせいです。(一部はクロックアップによる熱暴走の影響でブルーウィンドウ)Pi 400の筐体は冷却ファンレスですから、オーバークロックはオススメできません!

底面がかなり熱くなりましたので、早々にシャットダウンさせました。

Windows11がRaspberry Piでどのように動くのか試したい人は、手順通りにおこなってください。

Wi-Fiのドライバがあれば実用的なのになー。今後に期待します。

■過去に試した記事

Windows11に対応したミニPC情報

SHAREする
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • いつも楽しく拝見させて頂いています。
    この記事を参考に、ラズパイ4(メモリ8GB)+64ビットラズパイOS
    でWindowsのインストールを試してみました。
    Windows10 は普通にインストール出来ましたが、
    Windows11 に関してはファイルのダウンロードで止まってしまい、
    上手くインストールする事が出来なかったので参考までの報告です。
    エラーメッセージからするサーバにファイルが無くなった(移動された)
    というような内容でした。(もしうまく行くようになったらまたお伝えします)

    • WoR-flasherがバージョンアップしているかも知れません。
      作業をまとめている役割なので、Microsoft側のダウンロード場所が変わったのでしょうか。
      また試してみてください。

  • 日付が変わったので、WoR-flasherのgit cloneから試した所、
    今回は問題なくWin11がダウンロード。。と思ったのですが、
    Windows10に強制的になるようです。
    ですが、一応WoR-flasherの中身、変わっていますね。
    毎日チェックしてみたいと思います。
    Win10でも、仕事内容によっては十分に使える感じで、Excelも動きました。
    ここまでくるとWi-fiの対応が待ち遠しいですね。

    • 貴重な体験談をありがとうございました。
      Wi-Fiはダメですが、まぁ支障なく動きますよね。

      これからの人の参考になるので、コメント内容の一部は記事中にも入れさせていただきます。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる