Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!

ヘッドレスインストールの記事で紹介しましたが、デスクトップ環境があっても無くてもWi-Fiの設定はセットアップ時に簡単に用意可能です。 何度かOSを入れ替えて試す際に、Wi-Fiの設定はしなくてはなりません。microSDカードを変えても、用意したWi-Fiのconfファイルをコピーすればすぐに作業に取りかかれます。 この設定のconfファイルは同じWi-Fi内なら何も変更せずに使えます。 wpa_supplicant.confファイルの記述 ネットワークの設定には/etc/interfacesやdhcpcd.confの設定などが関係ありますが、同じ環境であれば問題ありません。   参考当環境はWPA2のAES暗号化方式です。   最終的に以下のようになります。 ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant...
2017年11月14日0 DownloadsDownload