Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!

事前準備ファイル
特集記事

ヘッドレスインストールの記事で紹介しましたが、デスクトップ環境があっても無くてもWi-Fiの設定はセットアップ時に簡単に用意可能です。

何度かOSを入れ替えて試す際に、Wi-Fiの設定はしなくてはなりません。microSDカードを変えても、用意したWi-Fiのconfファイルをコピーすればすぐに作業に取りかかれます。

この設定のconfファイルは同じWi-Fi内なら何も変更せずに使えます。

スポンサーリンク

wpa_supplicant.confファイルの記述

ネットワークの設定には/etc/interfacesやdhcpcd.confの設定などが関係ありますが、同じ環境であれば問題ありません。

参考当環境はWPA2のAES暗号化方式です。

最終的に以下のようになります。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP
network={
ssid=”myhome_ssid” #<- 接続する予定のWi-FiのSSID””(ダブルコーテーション)で括る
#psk=”myhome_passwd” #<- 平文のパスワードは最後に消す
psk=hogehogehogehogehogehogehogehogehogehogehoge #<- 暗号化されたパスワード
proto=WPA
pairwise=CCMP
key_mgmt=WPA-PSK
group=CCMP
auth_alg=OPEN
}

これをwpa_supplicant.confというファイル名で、Raspbianを焼き付けたSDカードのルート(/boot)直下にコピーします。

私は平文のパスワードで、以下のような最低限の項目だけでも認識しています。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP
network={
	ssid="ssid名"
	psk="平文のパスワード"
}

この中で暗号化の手順も見ていきましょう。

スポンサーリンク

暗号化されたパスワードの作り方

wpa_supplicant.confのパスワード部分(PSK=)を暗号化するなら、Linux環境があれば作れます。コードの書式は次の項目でご紹介しています。

もしもLinux環境が無ければ、以下のウェブサイトを利用しても可能です。

下記URLで変換できます!
WPA key calculation From passphrase to hexadecimal key

wpa_passphraseの書式

これは別のRaspberry Pi を利用してSSHにて作業します。これからセットアップするのではありませんよ。

Raspberry Pi が1台しかない場合は、前述のWEBサイトから行うか、その1台にモニターとマウスを繋いで作業します。(それだとヘッドレスインストールにはなりませんが・・・)

wpa_passphrase SSID 平文のパスフレーズ

:SSIDがmy_wifiと仮定して、平文のパスフレーズは12345678と仮定した場合

以下のコマンドを実行します。

wpa_passphrase my_wifi 12345678

以下のようにpsk="平文で書いたパスフレーズ"が、16進数の暗号化された64桁になります。

f7c76744b9511efa13da93dfe540eaea6ec6da8140f14beeffec95e6028be554

これを先程の.confファイルに置き換えるだけです。

network={
ssid="my_wifi"
#psk="12345678"
psk=f7c76744b9511efa13da93dfe540eaea6ec6da8140f14beeffec95e6028be554
}

このままコピーすれば良いのですが、注意すべきは、psk=のあと、暗号化された方はダブルコーテーションで囲いません。エラーが出る際などダブルコーテーションを確認してみてください。

sshも有効にするなら

wpa_supplicant.confファイルと同時に、sshも有効にさせてインストールするならば、SDカードの同じルート(/boot)にsshの空(カラ)のファイルを用意しておきましょう。

sshファイルのアイコン
ファイル名が拡張子なしのssh(中身何もなし)

空のSSHファイルを作るには、テキストエディタで適当なファイルを新規作成します。中身は何も書きません。作った新規のテキストファイル名を、拡張子なしでsshとするだけです。

Windows10等をお使いで、拡張子をそもそも表示させない設定の人は、見えないだけで拡張が付いています。エクスプローラーのファイル表示設定を確認してください。

事前に用意できる

Wi-Fiの環境が変わらなければ、今回作成したwpa_supplicant.confファイルは何度も使えます。
何度も同じようなセットアップするのは面倒です。新たにOSを準備したら、このファイルもコピーしておけば設定する必要はありません。

特にRaspberry Pi Zeroなどで、デスクトップ環境がないRaspberry Pi OS Liteを使う場合は便利です。Wi-Fi環境のコマンド操作は省略できます。

実はこれRetropieにも使えます。なぜなら同じRaspbianを元にしているからです。
こうやって準備しておくと、最初の起動時には既にsshが有効で、自宅のWi-Fiにも繋がっているので、すぐに他のマシンからSSHで接続できます。

そうなると、モニターもマウスもキーボードも要らないのです。これがヘッドレスインストールと呼びます。

ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました