フォーラムを開設しました!Raspberry Pi の話題はこちらで!

Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

Raspberry Pi にOSであるRaspbianをインストールした後、Wi-Fiに繋げるセットアップ方法をご紹介します。

GUIとCLIと分けますが、モニター、キーボード、マウスなど用意できればGUIの方が初心者でも難しくありません。現在のRaspberry Pi (OSのRaspbian)は従来のWindowsやMac同様に簡単な操作で設定できますが、Wi-Fiの環境によっては設定ファイルを直接書き換える必要があります。

今回の環境;

  • Raspberry Pi Zero WまたはRaspberry Pi 3本体(Raspberry Pi Zeroと3ならばWi-Fiが付いています)
  • SDカード(今回はClass10 32GB)
  • RASPBIAN JESSIE WITH DESKTOP(2017-07-05-raspbian-jessie.img)
  • 電源
  • HDMI接続のモニター
  • キーボード、マウス
  • 操作するマシン(今回はiMac)

Wi-Fiの設定(GUI編)

初めて起動したRaspbianのタスクバーには、線が2本赤いバツ印2個が表示されていると思います。Wi-Fiに接続していません。

アイコンを左クリックでWi-Fiのアクセスポイントが表示された場合は、使用したい任意のアクセスポイントを選んでください。

Wi-Fiのパスフレーズを入力する小さなウィンドウが出ますのでそこに入力すれば設定は終了です。

 

wifi disable
図:Wi-Fiが未接続状態

アクセスポイントが見えない場合は、別途に設定が必要です。

上図の左から2個目のアイコンを右クリックして、Wireless&Wired Network Settingをクリックし設定画面を出します。

 

Wi-Fi設定
図:右クリックメニュー
Wi-Fi IPアドレス
図:IPアドレスの入力

 

ConfigureのプルダウンメニューからSSIDを選びます。

本来、その右側のプルダウンメニューにWi-FiのAP(アクセスポイント)が選びます。

※仮に何も選べない場合は、検出できていません。一度再起動しても同じ状態であれば、別途、設定ファイルに明示的にAPを記入しないとなりません。CLIの設定を参考にしてください。

 

AP名が長いと画面の大きさが変わってしまいますが、Windowサイズは無視してください。

IPアドレスの入力
図:IPアドレスの入力

Automatically Configure empty Optionのチェックを外します。

下の項目を埋めます。(例:ルーターが192.168.0.1の場合)

 

IPアドレス:192.168.0.51 <−− 任意のアドレス

Router:192.168.0.1 <−− ルーターのアドレス

DNS Server:192.168.0.1 <−− ルーターのアドレス

DNS Search:(空欄で構いません)

 

 

ここでの設定はIPアドレスを固定することになります。本来はDHCPサーバにて受信するのですが、最初に何もAPが出てこなかったため、明示的に繋げるルーターの設定しています。

一度繋がれば、後からDHCPから自動的にIPアドレスを振ることに変更も可能です。

また、RaspberryPiではSSHなど固定のIPアドレスで接続したいことも多いのでこの設定をおすすめします。

適用 ーー> 閉じる

最後にパスフレーズの入力が促されます。これで接続完了です。

パスフレーズの入力
図:パスフレーズの入力
Wi-Fi接続完了
図:Wi-Fi接続完了

Wi-Fiの設定(CLI編)

Wi-Fiの設定で必要なファイルは主に3つあります。

自動的にIPアドレスを割り振る場合は1ファイルもしくは2ファイルで設定は完了します。環境によることもあるので、順番にお試しください。

Wi-Fi情報の設定

LXTerminalからwpa_supplicant.confを編集しますが、一度中身を見てみましょう。

network情報の追記
図:追加されたnetwork情報

最終的には図のように一番下部にします。

追記するのは以下ですが、Wi-FiのパスワードとなるPSK=の部分は予め暗号化します。

私の環境下ではなぜか平文のパスワードでは接続できませんでした。またセキュリティの観点からも暗号化した方が良いと思います。

PSK暗号化は同じくLXTerminalにて以下

これはコピー&ペーストして追記しても良いのですが、コマンドから追記することができます。間違えないように以下のコマンドで追記することが簡単で確実です。

ネットワークのインターフェイス設定

Wi-Fiは無線LANなので、wlan0を参照します。

コマンドで見てみます。

 

interfaces
図:/etc/network/interfaces

もしもauto wlan0の記述が無くWi-Fiに繋がらない場合は追記してください。

同じく、wpa-con〜も無ければ追記します。

何も変更する必要はないと思われます。

編集は初心者にも優しいnanoで以下のコマンドです。

dhcpの設定

こちらは固定のIPアドレスを振りたい時に利用します。ただ、どうしてもWi-Fiに接続できず、インターネットにも繋がらない場合は、固定のIPアドレスを記述した方が無難です。

同じように中身を見てみます。

dhcp
図:/etc/dhcpcd.conf

書式は変わり、以下のように記述します。(static=固定)

 

SSID SSID名

static ip_address=192.168.0.51

static routers=192.168.0.1

static domain_name_servers=192.168.0.1

ポイント

以上でGUIとCLIの設定が終わります。

ポイントとして、GUIで設定できる場合はマウスとキーボードで設定してみてください。それでも繋がらない場合は、設定の例を参考に、CLIにて主な3つのファイルを修正すれば繋がると思います。

主に設定する3ファイル

Raspberry Pi はOSの準備に伴う手間が少ないので、どうしても上手く行かない場合は、再度SDカードにRaspbianを書き込み直して始めからトライしてください。

フォーラムでお待ちしています!

CTA-IMAGE 記事を読んでご指摘をはじめ、質問などございましたらフォーラムにご記入ください。
話題は何でも構いません。Raspberry Pi の情報交換ができたら私も勉強になります!よろしくお願いいたします。

設定(setting)カテゴリの最新記事