作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

Raspberry Pi 3でWi-Fiに繋がらない?検証してみた。

広告
設定(setting)

「ラズパイ3でwifiがつながらない」「ラズパイ 無線LANつながらない」何故かRaspberry Pi 3でWi-Fiに繋がらない旨の検索キーワードが多いので、ちょっと検証してみました。

Wi-Fiの接続方法は大きく2つ

Raspberry Pi 、OSがRaspbianでは大きく分けて2つの方法で接続可能です。

GUIで設定する場合

デスクトップ画面にあるタスクバー(画面上部のバー)にある扇マークのWi-Fiアイコンから可能です。どちらの方法でも同じように接続できます。

Wi-Fiアイコンを右クリックして自分のアクセスポイントを選んでパスワードを入れます。

アクセスポイント選択

パスワード入力

CUIで設定する場合

Terminai(ターミナル端末)にてコマンド入力や設定ファイルへ記述の追加などで設定可能です。慣れてくるとCUIのコマンドの方が圧倒的に速く確実です。ミスも分かりやすいです。

Wi-Fiの設定は、wpa_supplicantで設定します。

sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

nanoで開いて下記を追加または修正します。

network={
ssid="testing"
psk="testingPassword"
}

SSIDは現在自宅で使っているアクセスポイントです。

このPSK(パスフレーズ)は暗号化したものではなくパスワードそのままのテキストです。

 

何故?繋がらないのか?

設定方法は知っている、理解している、のに繋がらないから検索して当サイトにもお越しいただいているのでしょう。

恐らく、ネットに溢れている情報は、なにかこの方法しかないと思い読んでいませんか?

実はネットワークだけには限りませんけど、それぞれの環境は異なります。そのため、設定ファイルのコードが書かれていても、そのままコピペでは上手くいかないことも多いです。

それは単純に環境が違うからです。ネットワークで言えば、ルーターの番号、サブネットマスク、暗号化方式、SSIDなど、多くが個々に違います。そのため様々な原因や要因から、同じようにやっても繋がらないとなっていませんか?

もっとシンプルにOSのバージョンは同じでしょうか??

この記事執筆時点のRaspbianはStrechという2017-11-29版が最新です。またKernelと言ってLinuxのコアエンジンとも言えるバージョンは4.9です。

このバージョンによっても異なる場合があります。特に一つ前のJESSIEからネットワーク周りの設定が変更になっています。この辺が検索される要因かなと個人的に推測しています。

JESSIEで/etc/network/interfacesなどで設定していたものは、現在は/etc/dhcpcd.confで設定するようになっています。

固定IPを振る場合などで設定することが多いと思います。
以下のように最後に/etc/dhcpcd.confへ追記してください。

sudo nano /etc/dhcpcd.conf

nanoでconfファイルを開いて

interface wlan0
static ip_address=192.168.4.1/24

 

自宅の環境を変えずに同じであれば、初めからwpa_supplicant.confを用意して事前にSDカードのルート(直下)へコピーするだけです。

wpa_supplicant.conf

まとめ

環境にも依りますが、通常は以下の2点でWi-Fiに繋がります。

  1. wpa_supplicant.confの作成または修正
  2. dhcpcd.confで固定IPの設定をすることでSSHで繋げるようにする

SSHで繋ぐにはraspi-configでホスト名を設定することでDHCPでも可能です。

ssh pi@testing.local

testingが決めたホスト名になります。

こちらもご覧ください。
Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!

まずはご自分の環境を確認してから検索すると良いかも知れません。