新型Raspberry Pi 4 modelBが発表&発売されました! 第一報はこちら

ラズパイ4はいつ日本で手に入るの? 価格は?

Raspberry-Pi-4-Product-title Raspberry Pi 本体について
この記事は約6分で読めます。

ラズパイ4(Raspberry Pi 4 model B)が発表された6/24、既に海外では同日で販売開始されています。残念ながら日本では未定のままです(記事執筆時点)

いったい、いつ、いくらで最新のラズパイ4が手に入るのか予測してご説明します。

パイレッド
パイレッド

\ たくさんのアクセスをありがとうございます! /

スポンサーリンク

技適の取得後に発売する

ラズパイ4B(Raspberry Pi 4 model B)の日本発売には「技適の取得」が関係しています。

【技適について】Raspberry Pi 3B+の技適がない物を使うと捕まるの?
新型Raspberry Pi 3B+は5/15現在、まだ国内販売されていません。(※各所で販売しています!6月)フライングで国内販売をGW明けに販売するとリリースがありましたが、総務省での技適...

どの国でもWi-Fiなどの無線通信について、日本の技適と同じような仕組みがあります。セキュリティもそうですが、無線電波は航空機や船舶無線、ラジオ、携帯電話、最近ではドローンなど、かなり明確にルールがあります。

無線電波は事故に繋がることもあり、販売される前に条件をクリアしないとなりません。

厳密に言えば、自宅などでラズパイの無線接続を通常に使うことはあまり危険性はありません。利用の仕方によっては悪用もできるとはいえ、技適を取得することは当然ですから仕方ありません。

https://www.raspberrypi.org/documentation/hardware/raspberrypi/conformity.md

Raspberry Pi の公式サイトでは、画像のようにEU圏、アメリカ、オーストラリア、カナダ、コロンビア、ニュージーランド、シンガポール、タイが認可されて発売しています。
(※画像では4B+になっていますが、現在は修正されています。4Bの間違いです。慌てていたのかな)

技適マーク

これはTwitterで得た情報なので確証はありませんけど、Raspberry Pi 財団が一斉に発売する際、ほぼ日本は入っていないのは、やはり需要が少ないからでしょうか。(3Bのみ別)

もしくは日本のルールが他と異なる(要求が高い?)からということあるのかな?
まぁ、メーカーがあるイギリス、英語圏であるアメリカや、欧州EUがメインになるのは仕方ありませんね。

しかし、元々イギリスの工場にはソニーの工場もあり、2016年から日本の愛知県稲沢市にあるソニーの工場でも生産しているのに、技適が他より遅れるというのは不思議ですね??

これまでの技適の取得期間

では、以前のモデルではどの程度時間が掛かったのでしょうか?

Raspberry Pi 3B、3B+、Raspberry Pi Zero Wを比較してみます。

発売日技適取得日経過期間
Raspberry Pi 3B2016年2月29日2016年2月25日0日
Raspberry Pi Zero W2017年2月28日2017年7月7日約4ヶ月後
Raspberry Pi 3B+2018 年3月14日2018年5月24日約2ヶ月後
Raspberry Pi 4B2019年6月24日2019年8月??

参考:技適について
総務省の電波利用ホームページ
(https://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01)
Raspberry Pi公式コンプライアンス
(https://www.raspberrypi.org/documentation/hardware/raspberrypi/conformity.md)

※実際の日本で購入出来た販売日は、技適取得後から更に数日間は遅れています。

ここから推測するに、最短で2ヶ月でした。これはスムーズに行った方だと思います。Zero Wの時は1度は3月末には販売される告知がされてから延期しています。代理店では予約まで取っていたのにね。

このことからも、早くて翌月が想像されますから、ラズパイ4Bは6/24発売から推測すると、8月下旬くらいになるでしょうか。

お盆の時期がありますから8/16以降が濃厚です。もしくはお盆前に発売となると8/10前後でしょうか。

販売価格は?

価格も気になるところです。メーカーがイギリスなので、基本的には輸入品となります。しかし、日本には正規代理店が存在しますので、それほど大きな価格差はありません。

Raspberry Pi 4 model B(ラズパイ4)

※英ポンド£のレートは日毎リアルタイム

定価($)実売(£)(Pimoroni)
Raspberry Pi 4B 1GBモデル35ドル£34(£28.33 (VAT抜き)約3,877.47円)
Raspberry Pi 4B 2GBモデル45ドル£44(£36.67 (VAT抜き)約5,018.95円)
Raspberry Pi 4B 4GBモデル55ドル£54(£45 (VAT抜き)約6,159円)

 今回はメモリー別に3モデルがラインナップされています。定価はドル建ての表記となり、海外から通信販売で購入出来るお店は主に£建て表記です。(日本からはイギリスから購入可能)

2019年の記事執筆時点で急に対ポンド・ドルは円高ドル・ポンド安になっていますので、しかし、ドル建ての方が若干100円程安いですね。

もちろん送料は加味していません。

買うならどのメモリータイプがいいのか迷ったら次の記事もどうぞ。

日本での販売価格予想

現在の3B+の価格差から想像すると、Pimoroniでは同じ£34で日本の正規代理店の価格は4,860円〜なるため、ちょうどVAT(英国の付加価値税)を含んだ価格と同等になっています。

予想価格

  • 1GBモデル → 約4,900円
  • 2GBモデル → 約6,000円
  • 4GBモデル → 約7,400円

このような価格帯になるのではないでしょうか。これに送料が掛かるため、プラス1,000円程度は見込んだ方が良いかも知れませんね。

4GBモデルではセットでも1万円を超えてしまいます。できればセールで購入したいところです。

最後に

技適を通過後の販売日は全く解りません。これまでの経緯から2ヶ月以内が最短のような気がしますので、8月末には手に入ればと思っています。

7月中旬のAmazonプライムデーに間に合えば、他のオプション品とまとめて購入したかった・・・。ちょっと間に合いそうにありませんね。

しばらくは現行のRaspberry Pi 3B+がお手頃価格になると思います。

日本で発売までの間、今のうちにmicroHDMIに変換するケーブルやコネクタ、デュアルディスプレイにするために液晶ディスプレイを検討されてはいかがでしょう。

高スペックを活かすために、メディア系のシステムと、ギガビットイーサネットを利用したサーバー、USB3.0対応の外付けハードディスクを使うような仕組みに利用したいと思います。

また情報は随時アップしていきます。

ラズパイ4Bの情報はこちらに特集としてまとめてお届けしています。

特集ラズパイ4バナー

ラズパイ4Bの日本発売は、8月下旬くらい?で、価格は1GB5,000円〜4GB7,400円くらい?と予測します。外れてくれて早くゲットしたいですね!

ラズパイ4がいつ購入できるのか、いくらなのかをラズパイ情報専門サイトとして考えてみました。

コメント