作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

2020年から実施される小学生用プログラミング教育の必須化とは?

スポンサーリンク

2020年には小学生のプログラミング授業が開始されます。既に1年前となり先取りした岐阜県大垣市のニュースも入ってきました。

ドローンやロボットカーなどを使ったプログラミング教育に取り組み、ロボットや人工知能(AI)を活用したまちづくりを進め”IT先進都市”のイメージを高める。夏休みまでに教員の研修を実施し、2学期から授業をスタートする。——(小学校プログラミング教育、大垣市が一年先取り(岐阜新聞)

 

小学校のお子さんをお持ちの親御さんも今年からは少し気になる事柄になるでしょう。

文部科学省のページには、PDFの資料が公開されています。どういったことを学ばさせるのかは一度目を通した方が良いと思います。

この記事では、2020年から実施される小学生プログラミング教育の必須化の情報をお送りします。

勘違い?

実は多くの人が勘違いしていると思われることがあります。プログラミング教育ということで、技術の習得を思い浮かべることでしょう。

しかし、技術そのものよりも、プログラミングの思考(=考え方)と、これまでの学科に技術導入させた学習へ発展させるという2つを合わせた教育を実践することです。

 

文部科学省側の言葉では、プログラミング的思考を含む資質・能力の想定と、教科・領域の学習活動への埋め込みを実践していくとなっています。

これまでになかった情報活用能力を育成する教育となります。

専門学校ではないので、何かの技術を得る教育ではありません。

極端に言えば、何も操作出来なくても、そういう仕組みや考え方が理解出来れば良いということです。もちろん、授業ということであれば取り組まなければなりませんし、操作出来なければ理解は難しいでしょう。

さらに小学校より上の学校教育では、今度はより一層その基礎の上に進められると思いますので、「できない」「わからない」ままでは良い仕事にも就けないでしょう。

慣れるために

これら新しいことは慣れが必要です。慣れればできることも増えるハズです。

スマホを普段から使用している大人が、皆さん理解していることはないでしょう。そのため皆がその技術では仕事ができません。使うことは可能でも理解してないと出来ないことが多々ありますよね。

 

慣れるには使うしかありません。

分かろうが分からなかろうが、使っていれば何とかなります。それも勉強としては学校で充分なので、それに対して苦手意識を持たせないことが重要です。

子供は好奇心旺盛です。その時に当たり前に接している物は受け入れやすいと思います。

Raspberry Pi なり、ロボットなり、そういう技術に触れるのは大事ではないでしょうか。やはり家庭でもそういう物に触れたり、話をしたり、そういう取り組みは必要だと思っています。

そんなに高価でもありませんから、ゲーム機を購入するより安価なRaspberry Pi は本当にオススメですね。

[PR]マインクラフトが学びに変わる!?楽しく学ぶ!【D-SCHOOLオンライン】

2020年プログラム教育で勘違いなのは、技術の習得ではなく、プログラミング的思考を育て主体的に学ばせることでしょう。

プログラミング教育  技術の習得
プログラミング的思考を育て主体的に学ばせるため

運用は小学校に依る

私も若い頃は知らなかったのですけど、小学校って独立部隊と同じで、国からの指針はあれど、どうやって運用するかは学校単位で判断しているんですね。知らなかったー。

だから、今回のプログラミング教育にしても、どういうツールでどのようにするのか、またどの機器を使用するのかは学校によって異なります。

Scratchは非常に良く出来たプログラミング学習ソフトウェアですが、それを利用するとは限りません。Raspberry Pi にしても同じで、別の機器でも良い訳です。

資料にもあるように、ソフトウェアの紹介がありました。「授業に活用できる教材集」

2020sozai1

ソフトウェアだけでもそれぞれの特徴がありますね。

このブログでは当然ながらRaspberry PiScratchを推します! プログラミングはそのままPythonの環境も容易に手に入りますし、電子工作としてもオススメできる万能型です。

資料はPDFで公開されています

プログラミング教育について公からはいくつも資料があります。概ね次の2つのPDFで大部分は分かると思います。

小学校プログラミング教育の手引——小学校プログラミング教育の手引(第二版) (PDF:3,685KB)

「未来の学びコンソーシアム 小学校プログラミング教育必修化に向けて」パンフレット——「未来の学びコンソーシアム 小学校プログラミング教育必修化に向けて」パンフレット PDF

さいごに

現代では既にスマホやTwitter、ブログといったインターネットを活用した生活が当たり前になっています。その現代を生きる小学生も当たり前に受け入れています。

このまま教育されなければ、現在と同じような混沌とした社会のままで、他国には遅れていきます。世界ではIT化、AI化された社会の中で、日本人は労働集約型の国のままになるかも知れません。そういう意味でも世界に比べれば遅い対応ですが、必要な教育だと思います。英語で失敗していますからね・・・。

お子さん用の教室も増えてきました! 習い事はソロバン、習字から学習塾、ダンスへ、そしてロボット工学へ移り変わっています。

スポンサーリンク

資料請求

【LITALICOワンダー】 は5歳から通えるプログラミング・ロボット教室を開催しています。関東の東京・神奈川では無料体験も実施しています。
※体験授業は60分を無料で2コマまで。
資料請求はトップページ右上から会場を選んでお申し込みできます。

2020年からScratchを使った実習授業をする学校も多くなりそうです。ScratchはRaspberry Pi に初めからインストールされています。

教育・学習のニュース
日本でも2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されます。Raspberry Pi 発祥のイギリスはIT教育はかなり進んでいます。やはりRaspberry Pi が牽引しているのでしょう。日本...

コメント

タイトルとURLをコピーしました