フォーラムを開設しました!Raspberry Pi の話題はこちらで!

Raspberry Pi で何が出来るの?素朴な疑問

Raspberry Pi で何が出来るの?素朴な疑問

Raspberry Pi に興味が沸いたものの、自分はパソコンの知識も無いし・・・、ましてやプログラミングなんて・・・、コマンド入力? そんなことしたことない・・・、そういった人は本当に多いですね。

興味が無いならともかく、興味はあるけどよく分からないから作って!という友人も居ます。それはプラモデルは欲しいけど、作って!と同じでして・・・。作る工程も楽しいというのがRaspberry Pi が流行っている理由の一つですから、是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。

今回はRaspberry Pi をどうやって設定したらいいの? 具体的に何が出来るのか? 素朴な疑問をお持ちの皆様に向けた記事です。

流行るRaspberry Pi 

Raspberry Piの本来の背景は、2006年頃、コンピュータサイエンスを志望する学生の減少に危機感覚えたのがきっかけだそうです。これはアプトン氏がケンブリッジ大学の先生をしていたので、将来的に仕事が無くなる危機感があったからでしょうか?(笑)

理念として、広く安価にコンピュータサイエンスに触れて貰おうというものだったようですね。

そのため発売された2011年当時は、そんなに売れないと見込んでいたようです。(代表のエベン・アプトン氏の来日インタビューにて)

また、実際に世界で売れてみると意外と産業用に使われることが多かったのも予測されていないようでした。購入した人はオートメションのための産業用汎用機の代替であったり、テストサーバのように本格的な仕組みの前段階での利用、または、ユニバーサルスタジオのような遊園地のモニター制御だったり、意外と広い使われ方をしまして、ここ2年くらいで教育用に広く認知されてきました。(間違っていたらご指摘ください(^_^; )

流行る理由として、安価で簡単だということ。

個人的にはこのように思っています。手軽という言葉が適当でしょうか。

一頃前までは、小さい端末で何かしたいと思ったら、どうしてもラップトップPC程度しかありませんでした。それも余計な機能が盛りだくさんで、薄いといってもそれなりの面積も取り、やはり高価で電気代もそれなりにかかります。

単機能に使うのには勿体ないというのもあるでしょう。中古をあてがうとなると、ドライバソフトの問題やCPUやHDDの性能の問題など新たに面倒な対応が出てきます。それに24時間運用であれば故障の確率も上がります。

 

Raspberry_Pi_3_Model_B本体
Raspberry_Pi_3_Model_B本体

こういったコンピュータで単機能を制御する物が無かったというのが流行る理由だと思います。それが比較的に簡単なPythonプログラムを筆頭に各種プログラム言語が走るLinuxの環境であり、ボード本体も過不足無い機能を有し、そして拡張性もある(HAT系、GPIO)

何よりも安価であるということですから、人気が出ないわけがないのです。

何をさせるために皆購入するのか?

最近ではAIの話題が盛んで、GoogleAIYを当サイトでも記事にしていますから、Raspberry Pi で何でも出来てしまうイメージもあると思います。

では、具体的に何をさせたい、またはしたいのか?

大きく2つに分かれると思います。

一つは、電子工作の用途です。
GPIOというインターフェイスがありますから、そこからLEDランプを制御したり、センサー類を取り付けて計測したり、拡張基板にモーターを付けてロボット工作のようなことも可能です。それらを全て使って自動で何かを行わせることも可能です。

もう一つはコンピュータ、それも普段使うPCの単機能版として利用することです。
家庭内サーバーにしたり、ミュージックボックスにしたり、定点観測のカメラや監視カメラにしたり、これまでもパソコンで出来たことではありますけれど、より小さく余計な機能のないRaspberry Pi に置き換えて運用するやり方です。

私はもっぱらこの単機能版のPCとして魅力を感じています。消費電力が少ないのは本当に有利だと思います。

何をしたいのか具体的にあれば、それはRaspberry Pi で実現できることでしょう。あとは過不足なく何かに置き換えられるか、もしくは工作として学習のためかになりますね。

パソコンとスマホの中間

特に思うのがパソコンよりも非力でも、スマホよりも制御出来る部分が多いという点です。

スマホで事足りることが多くなりました。(若しくはタブレット端末)敢えてパソコンを使わなくても良くなったとも言えます。若い人達はスマホからこういったインターネットなどの技術に触れる人が多いためか、パソコンが使えない人が増えましたね。

Raspberry Pi は、スマホみたいに各社の制御で構築されていません。自由度が高いです。かといってパソコンほど何でも出来るわけではありません。性能が非力という点と、各種ソフトウェアがあるわけではないからです。

ただ、Linuxの世界は世界中で誰でもアプリケーションが構築されています。特にRaspbianの元であるDebianというディストリビューションは標準的なOSです。デスクトップ環境もイケるし、かといって不安定でもない。非常にバランスが良いのです。

PythonであればRaspberry Pi は容易に扱えます。確かに教育用としても無難だと思います。安定しているのは環境が激変しないという点もあるからです。(逆に新しい機能が実装されにくい??)

基板自体の性能や扱いやすさを補うのがスマホの活用であったり、別のパソコンやWEBサービスとの連携でカバーできるため、これらを組み合わせて運用するのが分かりやすいかも知れませんね。

具体的には?

では、具体的に何をさせて何ができるのか? まずは当サイトの記事からご紹介します。

1.スマホで制御するミュージックサーバ

光らせた

pHAT BEATとRaspberry Pi Zero Wでミュージックサーバ

これは小さいRaspberry Pi Zero Wを使用して、音楽に合わせてLEDがレベルメーターの役割を果たすミュージックボックスとして製作しました。

Raspberry Pi Zero系でも音楽系ならデータも小さいので容易に扱えます。また、pHATという拡張基板を用いると、見た目にも楽しい物が作成できますね。

2.動画再生のためのメディアサーバー

LibreELECメモリスプリットの設定

LibreELECというOSがあります。これを利用して家庭内のメディアサーバーが簡単に構築できます。(※実はこの記事を書いていませんでしたので、別に用意したいと思います)

3.レトロゲームで遊ぶ Retropie

sns_controller pi
スーパーファミコン内蔵SFCコントローラー本体

スーパーファミコンのコントローラーの中にRaspberry Zero W + Retropie を入れたコントローラー兼レトロゲーム機

RetroPieというOSでレトロゲームのエミュレータになります。これはゲームの取得が日本では法律的にアウトになるので、海外を中心に流行っています。フリーのゲームソフトもありますので、そちらでお楽しみください。

Raspberry Pi で完全に合法のゲームROMをダウンロードして遊ぶ

4.デジタル写真立て

格安のディスプレイを使ってオリジナルのデジタル写真立て(スライドショー)を製作しました。単機能で消費電力も食わず、24時間の運用にも耐えます。お気に入りの写真を見返すのにパソコンを起動するのも仰々しいので作りました。

Raspberry Pi Zero WH +3千円でスライドショー写真立てを作ってみた!

スマホとは違い、インテリアとして置いておくのに安い基板とディスプレイなら惜しくはありませんね。

全てはアイディア次第

プログラムといってもそんなに難しいものではありません。毛嫌いする人も多いと思いますが、基本はコピペでも充分です。

何度か試していると、同じようなことをしていることに気が付くと思います。

  • OSのインストール
  • ネットワークの設定
  • 使用アプリケーションのインストールと設定

大まかにはこういったことを異なるアプリケーションですることが多いです。まさに「習うより慣れろ」で乗り越えられますよ。中には、OSとして用意されているものもあるので、設定だけということもしばしばです。

馴染みの無いLinuxで、更にコマンドでの作業など、普段使うWindowsやMacと異なるということと、苦手意識があるからだと思います。初めてWindowsを触った時、どんな気持ちでしたか?恐らくRaspberry Pi も同じなのですけど、Windowsに慣れてしまった、Androidに慣れてしまったからでしょう。Raspberry Pi も慣れますよ!

 

どういったことをしたい(させたい)かによって拡張基板を使うのか、OSは何を用意するのか、プログラミングは必要なのかになりますので、大まかでも設計図というか青写真は考えてください。

あとは当サイトのように技術的?に書かれたサイトを検索すると、大抵の仕組みは先駆者が居ますので、コメントやフォーラムなどで質問をされると良いと思います。

当サイトもフォーラムを用意しました。お気軽に書き込みください。

 

ラズパイダのフォーラムはこちらから

 

スマホのアプリで済んでしまうものはそのままでいいでしょう。パソコンでやることに特化したものもそうです。

それ以外に、自分用にカスタマイズしたいツールが欲しい時、それはRaspberry Pi で構築できる何かではありませんか?

自作した以外にも海外を中心にRaspberry Pi の面白い仕組みなどはこのサイトでもご紹介していきたいと思います。簡単であれば製作してみてください。

 

フォーラムでお待ちしています!

CTA-IMAGE 記事を読んでご指摘をはじめ、質問などございましたらフォーラムにご記入ください。
話題は何でも構いません。Raspberry Pi の情報交換ができたら私も勉強になります!よろしくお願いいたします。

Raspberry Piカテゴリの最新記事