waveshare製の3.5インチLCDモニターのドライバインストール

レビュー

久しぶりに以前、スライドショーで使った3.5インチLCDタッチディスプレイをセットアップしていたら、ドライバのインストールが簡単になった?ので改めて記載しておきます。

https://raspida.com/matome-slideshow

Elecrow製かと思ったらWaveshare製だったみたい・・・。汎用性があるのかな? そして前回は手こずったような気がしたのに呆気なかった。

ドライバのインストール

gitが入っていない場合は先にインストール

sudo apt install git

ドライバをgit cloneでダウンロード

git clone https://github.com/waveshare/LCD-show.git

ダウンロードするとLCD-showというフォルダが出来ているので、その中にある実行ファイル「LCD35-show」に実行権限を与えます。

chmod +x ./LCD-show/LCD35-show

勝手に再起動します。

立ち上がれば3.5インチLCDに表示されています。(I2cの有効とかしてくれるみたい)

LCDディスプレイとHDMIディスプレイを切り替え方法

LCDディスプレイとHDMIと出力先を変えるのも簡単です。

LCD-showフォルダの中にあるLCD-hdmiを実行するとHDMI

./LCD-hdmi

LCD-showフォルダの中にあるLCD35-showを実行するとLCD

./LCD35-show

それぞれ実行後は自動的に再起動して有効になります。

※LCD-hdmiに実行権限がない場合は同じように、chmod+x してあげてください。

メーカーによって異なる??

実は、以前紹介した時のドライバは、Elecrow製でした。今回はWaveshare製のドライバです。前回が間違っていたのかどうか分かりませんが、同じ3.5インチLCDのハードを使ってWaveshare製でも上手くいきました。

こういったLCDは中華系のハードなので、製品名だとよく分かりません。中身が同じ場合があります。

あと、リビジョン(バージョン)によって異なるようなので、LCDディスプレイの裏側を見てください。製品名とリビジョンが書いてあります。

waveshareでも3.5インチがA、B、Cとあります。

A:https://www.waveshare.com/wiki/3.5inch_RPi_LCD_(A)

B:https://www.waveshare.com/wiki/3.5inch_RPi_LCD_(B)

C:https://www.waveshare.com/wiki/3.5inch_RPi_LCD_(C)

Elecrow製も同じような感じですので、それぞれの公式ページに行けば、インストール方法は書いてあります。

ドライバ自体を間違えると上手く動かない場合があります。
このWaveshare製のドライバは良く出来ているなという印象です。

先程のページURLはWaveshareのサイトにあるWikiです。他の自社製品も全て網羅していますので、ブックマークしておくのをオススメします。

WaveshareのWikiトップ:https://www.waveshare.com/wiki/Main_Page

ご自分のLCDの型番から探してみてください。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  2. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  3. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  4. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  5. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  6. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  4. 4

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP