waveshare製の3.5インチLCDモニターのドライバインストール

久しぶりに以前、スライドショーで使った3.5インチLCDタッチディスプレイをセットアップしていたら、ドライバのインストールが簡単になった?ので改めて記載しておきます。

https://raspida.com/matome-slideshow

Elecrow製かと思ったらWaveshare製だったみたい・・・。汎用性があるのかな? そして前回は手こずったような気がしたのに呆気なかった。

目次

ドライバのインストール

gitが入っていない場合は先にインストール

sudo apt install git

ドライバをgit cloneでダウンロード

git clone https://github.com/waveshare/LCD-show.git

ダウンロードするとLCD-showというフォルダが出来ているので、その中にある実行ファイル「LCD35-show」に実行権限を与えます。

chmod +x ./LCD-show/LCD35-show

勝手に再起動します。

立ち上がれば3.5インチLCDに表示されています。(I2cの有効とかしてくれるみたい)

LCDディスプレイとHDMIディスプレイを切り替え方法

LCDディスプレイとHDMIと出力先を変えるのも簡単です。

LCD-showフォルダの中にあるLCD-hdmiを実行するとHDMI

./LCD-hdmi

LCD-showフォルダの中にあるLCD35-showを実行するとLCD

./LCD35-show

それぞれ実行後は自動的に再起動して有効になります。

※LCD-hdmiに実行権限がない場合は同じように、chmod+x してあげてください。

メーカーによって異なる??

実は、以前紹介した時のドライバは、Elecrow製でした。今回はWaveshare製のドライバです。前回が間違っていたのかどうか分かりませんが、同じ3.5インチLCDのハードを使ってWaveshare製でも上手くいきました。

こういったLCDは中華系のハードなので、製品名だとよく分かりません。中身が同じ場合があります。

あと、リビジョン(バージョン)によって異なるようなので、LCDディスプレイの裏側を見てください。製品名とリビジョンが書いてあります。

waveshareでも3.5インチがA、B、Cとあります。

A:https://www.waveshare.com/wiki/3.5inch_RPi_LCD_(A)

B:https://www.waveshare.com/wiki/3.5inch_RPi_LCD_(B)

C:https://www.waveshare.com/wiki/3.5inch_RPi_LCD_(C)

Elecrow製も同じような感じですので、それぞれの公式ページに行けば、インストール方法は書いてあります。

ドライバ自体を間違えると上手く動かない場合があります。
このWaveshare製のドライバは良く出来ているなという印象です。

先程のページURLはWaveshareのサイトにあるWikiです。他の自社製品も全て網羅していますので、ブックマークしておくのをオススメします。

WaveshareのWikiトップ:https://www.waveshare.com/wiki/Main_Page

ご自分のLCDの型番から探してみてください。

冷えてカッコイイ! Raspberry Piのケース

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる
\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる