作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

The MagPi Magazine70号レビュー〜古いラジカセの筐体を利用したプレイヤーがイカす!

スポンサーリンク
magpi70 The MagPi
Raspberry Pi 何ができる

Raspberry Pi Boombox

The MagPi Magazine70号のレビューとしてラジカセにRaspberry Pi を仕込んだミュージックプレイヤーをご紹介します。

 

Raspberry Pi Boombox

最新号のThe MagPi Magazineにはこの他にも「GIVE OLD TECH NEW LIFE WITH A RASPBERRY PI」という特集(65/100ページ)に載っていました。

 

ご覧のように3.5インチタッチスクリーンを元々カセットテープが入る部分に入れています。USBDACを仕込み、スピーカーはラジカセオリジナルに接続しています。

これはCOOL!

ラジカセは往年のPanasonic RX-4930

この方法なら、別のラジカセでも簡単に実現できそうです。

ボタンが操作できるとスゴイのですけど、これは難しいですね。ボタン制御は、電源のON/OFFくらいなら上手く出来るかも知れません。

そうか、カセットテープの場所って3.5インチモニターに丁度良いとは気が付きませんでした!

 

ヤフオクでジャンク品が1,500円〜出品されていて、動作品は5,000円以上はするみたいです。比較的に綺麗なら動作しないジャンク品でOKですね。

 

この他にも全部で9つのヴィンテージOLDテック物を、Raspberry Pi を使いリビルドしています。

アイディアが秀逸なので見ているだけでも楽しい。

The MagPi Magazineとは?

Raspberry Pi 公式の雑誌があるのをご存じですか?

イギリス発祥で当然のことながら英語になります。(と、言ってもそんなに難しい英語ではありません。高校までの英語で充分だと思います)
「The MagPi Magazine」と言い月刊誌です。次の方法で読むことが出来ます。

  1. 紙ベースで印刷されたいわゆる雑誌として購入する
  2. その紙ベースの雑誌を定期購読する
  3. iOS、Androidアプリとして定期購読するThe MagPi: the official Raspberry Pi magazine - Raspberry Pi Trading Ltd(iOS)
  4. 公式サイトからPDFをダウンロードする(無料)The MagPi Magazine

このように4パターンあります。

4番のPDFであれば誌面を無料で購読できます。汎用的なPDF形式なのでスマホでもどこでも読むことが出来るので便利です。

紙ベースの雑誌を購読すると購読の初回特典と、雑誌の付録が付いてきます。

購読料は次の通りです。

購読料 イギリス国内 各ヨーロッパ国内 アメリカ 世界のその他の地域
月額払い £4(570円) £6(854円) £7.5(1,067.9円) £8(1,139円)
年間払い £55(7,831円) £80(1,139円) £90(12,815円) £95(13,527円)
アプリ版(月額) £3(427円)
PDF版 0円

日本のような地域はイギリス国内の倍なので、電子書籍が通常の現在は、無料のPDF版でも充分だと思います。

これらが日本語訳で刊行される話はどうなったのだろう??

参考:subscribe to The MagPi

The MagPi
スポンサーリンク
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
[特集] Raspberry Pi はAmazonでの購入が最もおすすめ!

Raspberry Pi 関連商品は、Amazonのセールが絡むと途端に手に入りやすくなります。価格だけでは無い利点が多いので、もしもプライム会員なら必要な関連品も含めてチェックしてみてください。
利点をまとめてみました。

こちらの記事もオススメです♪
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント