作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

Raspbian Stretchがバージョンアップ!

バージョンアップ Raspberry Pi ニュース
Raspberry Pi 何ができる

Raspberry Pi公式ページにてRaspbianOSの新しい配布イメージがダウンロード可能になっています。Raspbian Stretchは2018-10-09、NOOBSは2018-10-11の日付です。前回は2018-06-27でした。

早速変更点をチェックするためにリリースノートを見てみましょう。

リリースノート

今回の変更点であるリリースノートは、簡単な英語ですのでまとめてみました。(多分こんな感じ)

 

スタートアップウィザードの変更:

  1. Debianインストーラの推奨事項に従ってキーボードを国に割り当てます。
  2. 国別のオプションよりもUSキーボードを使用するオプションを追加する。
  3. 最初のページにIPアドレスを表示する
  4. 既存のWi-Fiネットワーク接続を確認し、Wi-Fiネットワーク接続がある場合は表示します。
  5. LibreOfficeおよびその他のアプリケーション用の言語サポートパッケージをインストールします。
  6. スタートアップウィザードでキーボードのみでマウスを使用しないで操作を改善しました。

その他の変更:

  1. パスワードにシェル文字が含まれている場合、Raspberry Pi構成と起動ウィザードのパスワード変更が正しく機能するようになりました。
  2. バッテリインジケータプラグインは、Pi-topハードウェアモニタのクラッシュに対処するために修正されました。
  3. ネットワーキングプラグインはデフォルトでWi-Fiパスワード文字を隠して表示します。
  4. Scratch2のGPIOプラグインでは、フリーテキストではなくドロップダウンリストからピンを設定します。
  5. Scratch 2 SenseHATプラグインでは、LED配列の値であるx軸とy軸を交換(変更)します。
  6. 最新のAdobe Flash Player(31.0.0.108)が含まれました。
  7. 最新のRealVNCサーバ(6.3.1)が含まれました。
  8. libav-toolsが含まれました。
  9. ssh-import-idが含まれます。
  10. アプリケーション「Mathematica」がデフォルトから削除されました。
  11. 最新のBluetooth ALSAインターフェース用サードパーティコードを組み込みました。
  12. ~/.config/.lock fileファイルを作成することによって、ソフトウェアのアップデートが構成ファイルを変更するのを防ぐ機能を追加しました。
  13. その他の小さなバグの修正、調整、テキストの変更
  14. dhcpcdを3Gデバイスと連携させて動作させます。
  15. ffmpeg用にhwアクセラレーションを追加しました。
  16. WiFi-BT両方に対応できるパラメーター(変数・引数?)に改良されました。
  17. systemd-fsck-rootの前にfake-hwclock(仮想のRTC)を実行するようにしました。
  18. PoE HATサポート(3B+以前もか??)

Linuxカーネルは4.14.71になりました。

ファームウェアは「5b49caa17e91d0e64024380119ad739bb201c674」です。

 

スタートアップ時のウィザードがより自動的に動作するため、初心者にはよりインストール設定がし易くなりましたね。Wheezyの頃のRaspbianでは苦労しました。

 

Mathematica(及びWolfram言語)は、教育業界で広く使われている技術計算システムです。これまでは初めからインストールされていました。ちょっと特殊なアプリケーションだったことと、非商用では無料でも、商用利用は有料でした。そういう意味でも大抵の人は必要無かったですね。

Mathematicaはインストールイメージの容量を約600MBも占有していたようです。

今後もRaspberry Piでも利用可能です。Raspbianリポジトリでもインストールできますけど、Wolfram公式Raspberry Piページからもダウンロードできるようです。

 

PoE関係が上手くいっていないようです。手元にないので確かめられませんが不安定とのこと。その辺はサポートという言葉だけでよく分かりませんね。製品として未完成のようです。

このように公式サイトで買えませんよね。(comming soon)

poe-error

また、Wi-Fiのネットワークが遅かった点は言及していませんけど、どうなったんだろう? なんか遅いと思うんですよー。USBと共有のギガビットイーサネットなので、理論値も出ないのは理解できても、ノーマル3と変わらないか、時に遅く感じるのはいかがなもんかなー。

新型Raspberry Pi 3B+はネットワーク周りに問題を抱えている?? ネットワークが遅い!解決?!(Solved)
Raspberry Pi 3B+は有線LANも無線LAN(Wi-Fi)も2倍3倍と速くなったのが売りだったのに、何故か遅いと感じています。同じシステムを単純にノーマル3Bから3B+へとリプレイスしたの...(続きを読む)

 

ちなみに、Debian with Raspberry Pi Desktopはそのままです。(2018-06-27)

 

以上、新しいバージョンでより使いやすくなったRaspbian Stretchのイメージをお試しください。サイズは約1.3GBと約352MB(Lite)です。

 

既にインストールして運用しているRaspbian StretchはコマンドでUPDATE可能です。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

upgrade

Raspbian Stretch ダウンロードページ

こちらの記事もオススメです♪
Raspberry Pi ニュース
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント