スポンサーリンク

かんたん挿すだけ、Raspberry Pi 4にUSB接続Webカメラ2選

web-cam-logicool-baffaloレビュー
レビュー

2021年に入ってからも品薄状態が続いているWebカメラをやっと手にしました。ロジクールとバッファローの製品です。これをRaspberry Pi 4に繋いでビデオ会議をするのに試してみました。

今回手に入れたのは「ロジクール製C270n」と「バッファロー製BSW105MBK」です。

それぞれをRaspberry Pi 4、公式OSで動作させました。

結論から言えばどちらも特別な設定も必要なく動作します。解像度が100万画素(720P)とはいえ、価格は安価な部類ですからどちらを購入しても良いでしょう。(マイクは別にあった方がいい!)

スポンサーリンク

Webカメラの性能

どちらも720p(1280×720)で30フレーム、フォーカスは固定、マイク入力はモノラルです。唯一の違いは発売時期だけです。

ロジクールの方は2010年の改良版(と言ってもパッケージ変更くらい?)となり2019年発売、バッファローの方は2020年発売品です。

カメラ自体のスペック以外で、バッファローの方はカメラの角度が上下60度、左右は360度回るため好きな角度に調整できて便利でした。

バッファロー製

どちらもモニターの上にチョコンと載せるタイプで、あまり変わりはありませんが、ヒンジが固めなのはバッファローでした。

画質はソフトウェア的に修正できます。ただ、デフォルトの明るさはロジクールの方が明るいと思います。と言っても大きな差はありません。

画質はロジクールの方が良さそう?!

音声入力がどちらも残念なので別にマイクがあると良いでしょう。

スポンサーリンク

かんたん!繋いでアプリケーションソフトウェアを選ぶだけ

どちらもUSB接続で利用できます。Raspberry Pi OSでカメラを使うソフトウェアを選ぶだけです。

今回、テストとして3つのソフトウェアを試しました。

  1. VLC
  2. Cheese
  3. Guvcview

VLCは動画再生プレイヤーとしてRaspberry Pi OSに最初から入っているために選びました。ビデオキャプチャーもできるのです。

Cheeseは個人的にUbuntuで使っていたソフトでお気に入りです。

この中ではGuvcviewが一番まともに動きました。

VLCで表示する方法

Raspberry Pi OSに最初から入っているVLCだけ特殊でしたので紹介しておきます。

メニューから「キャプチャーデバイスを開く」

開いたキャプチャーデバイスタブを画像のように選びます。

ビデオデバイス名は、デフォルトなら/dev/video0です。

VLCではエラーと不具合

ロジクール製の方はVLCでは音声入力ができませんでした。
バッファローの方は大丈夫なもののハウリングが酷い!ので音量を下げてトライしてください。
VLCはあくまでもテスト用としてしか使えないかな。

Cheese

macOSのPhotoBoothを真似たソフトです。

c270nで表示

マシンスペックも足りないのか、初回起動が遅く、静止画は撮影できますが動画はプレビューも2秒くらいで止まり、作成された動画も途中で切れていました。なんとなく不安定です。

Raspberry Pi 4では少し無理かな。

Guvcview

c270nで表示

Guvcviewは2つのウィンドウに分かれています。静止画も動画も無理なく動作しました。

Raspberry Pi 4ではこのソフトなら問題ありません。

lsusbコマンドで接続確認

USB接続のWebカメラの接続確認するにはlsusbを利用しましょう。

最初はWebカメラを繋げずにlsusbと叩いてみてください。

lsusb

デバイス名が分からないので、そのまま実行するとリストが出ます。

同じくビデオデバイスの空きを見てみます。

ls /dev/video*

Webカメラを繋いでいないならVideo0やVideo1は表示されていません。

同じように今度はWebカメラを繋げてから試してみてください。

バッファロー製のはA4Trch Co,.LTD.と出ました。台湾の会社(Sonix technology)の製品です。PK-910PのOEM品というわけですね。(ロジクールの方はLogitechと出ました)

画像のようにデバイス番号は5番です。/dev/video0/devvideo1が新たに表示されています。0が優先ですからWebカメラはvideo0を指定すればOKです。

詳細を確認する

詳細はsudoを付けてデバイス番号を指定します。

sudo lsusb -s 1:5 -v

長く表示されますが、最初の数行にiManufacturer、iProductがあり、そこにメーカー名と製品名が表示されます。

grep検索しても良いでしょう。

sudo lsusb -s 1:5 -v | grep iManufacturer

Sonix technologyになっているのが分かりました。

ビデオ会議にJitsi Meet

現時点、Raspberry Pi OSではビデオ会議用の専用アプリはありません。Webブラウザ経由になります。

記事執筆時点でRaspberry Pi OSで利用するビデオ会議には、Webブラウザ経由で利用する「Jitsi Meet」が最適です。

Jitsi Meetとは?

一般的にはあまり聞いたことがないと思われますが、OSS(オープンソースソフトウェア)なので誰でも無償で利用できます。Zoomで問題になったセキュリティに関しても、エンドツーエンドの暗号化がされています。絶対はありませんが安全です。
元々がWebブラウザ経由での利用です。スマホ用には専用アプリもあります。

Jitsi Meetについては、また別の機会にご紹介します。

Raspberry Pi 4で試してみてください。

益々PCライクなRaspberry Pi

Raspberry Pi 4に安価で簡単接続、設定なしで利用できるWebカメラなら、オンライン会議はもちろんのこと、監視カメラとしても使えますね。

以前のRaspberry Pi OSではなかなか難しかったWebカメラも、現行のOSバージョンであれば難なく利用できます。

Raspberry Piを購入したけど、使い道に困ったら、安価なWebカメラを自宅で活用するのも良いでしょう。親子でストップモーションアニメ動画などもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

スポンサーリンク
■ラズパイダからのお知らせ
最初はセットになった商品がオススメ!

Raspberry Pi 4Bが発売されてから、セットアップも簡単になってきました。
とはいえ、ラズパイは基板として売っているため、まだあまりよく分からない方がバラバラに必要な物を購入するのは大変です。
初めの頃は何が良いのかも分かりません。

ラズパイダでは、たくさんのRaspberry Piを購入してきました。ケース1つにしても色々とメリット・デメリットがあります。

慣れるまではセットになった商品で善し悪しを含めてトライしてみてください。

オススメをまとめました。

ラズパイダ

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました