かんたん挿すだけ、Raspberry Pi 4にUSB接続Webカメラ2選

2021年に入ってからも品薄状態が続いているWebカメラをやっと手にしました。ロジクールとバッファローの製品です。これをRaspberry Pi 4に繋いで、専用のカメラモジュールと同じように試してみました。

結論から言えばどちらも特別な設定も必要なく動作します。解像度が100万画素(720P)とはいえ、価格は安価な部類ですからどちらを購入しても良いでしょう。(マイクは別にあった方がいい!)

この記事の主な流れ

Webカメラの性能

どちらも720p(1280×720)で30フレーム、フォーカスは固定、マイク入力はモノラルです。唯一の違いは発売時期だけです。

ロジクールは2010年の改良版(と言ってもパッケージ変更くらい?)で2019年発売の製品(写真左)。バッファローの方は2020年発売品です。(写真右)

カメラ自体のスペック以外では、バッファローはカメラの角度が上下60度、左右は360度回るため好きな角度に調整できて便利でした。

バッファロー製

どちらもモニターの上にチョコンと載せるタイプで、あまり変わりはありませんが、ヒンジが固めなのはバッファローでした。

画質はどちらも720Pの30fpsで、ソフトウェア的に修正はできます。ただ、デフォルトの明るさはロジクールの方が明るいと思います。と言ってもそれほど大きな差はありません。

画質はロジクールの方が良さそう?!

音声入力がどちらも残念なので、マイクは別に用意した方が良いでしょう。

かんたん!繋いでアプリケーションソフトウェアを選ぶだけ

どちらもUSB接続で利用できます。Raspberry Pi OSでカメラを使うソフトウェアを選ぶだけです。

今回、テストとして3つのソフトウェアを試しました。

  1. VLC
  2. Cheese
  3. Guvcview

VLCは動画再生プレイヤーとしてRaspberry Pi OSに最初から入っているために選びました。ビデオキャプチャーもできるのです。

Cheeseは個人的にUbuntuで使っていたソフトでお気に入りです。

この中ではGuvcviewが一番まともに動きました。

VLCで表示する方法

Raspberry Pi OSに最初から入っているVLCだけ特殊でした。

メニューから「キャプチャーデバイスを開く」

開いたキャプチャーデバイスタブを画像のように選びます。

ビデオデバイス名は、デフォルトなら/dev/video0です。

VLCでエラーと不具合

ロジクール製の方はVLCでは音声入力ができませんでした。
バッファローは大丈夫なものの、音声のハウリングが酷い! 音量を下げてトライしてください。

VLCはあくまでもテスト用としてしか使えない印象でした。

Cheese

macOSのPhotoBoothを真似たソフトです。

c270nで表示

マシンスペックも足りないのか、初回起動が遅く、静止画は撮影できますが動画はプレビューも2秒くらいで止まり、作成された動画も途中で切れていました。なんとなく不安定です。

Raspberry Pi 4では少し無理かな。

Guvcview

c270nで表示

Guvcviewは2つのウィンドウに分かれています。静止画も動画も無理なく動作しました。

Raspberry Pi 4でUSB接続のカメラを使うなら、Guvcviewを選べば快適に使えそうです。

lsusbコマンドで接続確認

USB接続のWebカメラの接続確認するにはlsusbを利用しましょう。

最初はWebカメラを繋げずにlsusbと叩いてみてください。

lsusb

デバイス名が分からないので、そのまま実行するとリストが出ます。

同じくビデオデバイスの空きを見てみます。

ls /dev/video*

Webカメラを繋いでいないならVideo0やVideo1は表示されていません。

同じように今度はWebカメラを繋げてから試してみてください。

バッファロー製はA4Trch Co,.LTD.と出ました。台湾の会社(Sonix technology)の製品です。PK-910PのOEM品というわけですね。

ロジクールはLogitechとそのまま出ました。ロジクールはLogitechです。日本での展開だけロジクールという名称なだけです。

画像のようにデバイス番号は5番です。/dev/video0/devvideo1が新たに表示されています。0が優先ですからWebカメラはvideo0を指定すればOKです。

詳細を確認する

詳細はsudoを付けてデバイス番号を指定します。

sudo lsusb -s 1:5 -v

長く表示されますが、最初の数行にiManufacturer、iProductがあり、そこにメーカー名と製品名が表示されます。

grep検索しても良いでしょう。

sudo lsusb -s 1:5 -v | grep iManufacturer

Sonix technologyになっているのが分かりました。

ビデオ会議にJitsi Meet

記事執筆時点でRaspberry Pi OSにビデオ会議用の専用アプリはありません。Webブラウザ経由なら可能です。

Raspberry Pi OSで利用するビデオ会議には、Webブラウザ経由で利用する「Jitsi Meet」が最適です。

Jitsi Meetとは?
一般的にはあまり聞いたことがないと思われますが、OSS(オープンソースソフトウェア)なので誰でも無償で利用できます。Zoomで問題になったセキュリティに関しても、エンドツーエンドの暗号化がされています。絶対はありませんが安全です。
元々がWebブラウザ経由での利用です。スマホ用には専用アプリもあります。

Jitsi Meetについては、また別の機会にご紹介します。

Raspberry Pi 4で試してみてください。

益々PCライクなRaspberry Pi

Raspberry Pi 4に安価で簡単接続、設定なしで利用できるWebカメラなら監視カメラとしても使えますね。

以前のRaspberry Pi OSではなかなか難しかったWebカメラも、現行のOSバージョンであれば難なく利用できます。

Raspberry Piを購入したけど、使い道に困ったら、安価なWebカメラを自宅で活用するのも良いでしょう。親子でストップモーションアニメ動画などもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Raspberry Pi と親和性の高いのは、専用のカメラモジュールです。

シェアする
  • URLをコピーしました!

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ