\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

公式フォーラムに予約受付中のuConsoleのトピックがオープンしました

uConsoleが10月下旬に発表されてから、予約販売が開始されています。3モデルの中で、uConsole Kit RPI-CM4 Liteは、Raspberry Pi CM4 Liteを載せることができるため、ラズパイダとしても注目しています。

どうやら公式フォーラムにuConsoleのトピックが追加されていたので、情報を得たくて覗いてみました。

公式からもまだ細かい点が発表されていないせいか、まだ少ないですが色んな話題が見かけられます。欲しいなーと気になる人は一度覗いてみてはどうでしょう。

記事執筆時点で取り上げられている話題について思うことをまとめてあります。

この記事の主な流れ

uConsoleはいつ届く?

予約販売は開始しましたが、コロナ禍以降のサプライチェーン問題などから、いつ正式に販売開始されるのかは明確になっていません。

正式リリース、つまり予約ではなく通常販売開始はいつになるのか気になりますよね。同じような書き込みがありました。

コメントの通り、推定納期は90営業日とありますから、土日祝日休み(かどうかは知りませんが)を除いて早くても1月下旬〜3月初旬となります。——間違いかも知れませんがカート画面で60営業日という表記も見かけたような気がしました。商品ページには確かに90営業日とあります。

これまでClockworkpiで発売されたDevTermやGameShellといったデバイスの発売実績を考えると、概ね試算通りの期間で正式販売になると想像します。

DevTermはサプライチェーンがもっと混乱していた時に発送されています。中には予定より早く手に入ったユーザーも居たようです。メーカー側というより、工場であったり配送の問題が主な原因でしたよね。

予約販売を開始しているということは、予想よりも需要が過大にならない限りは予定通りに届くような気がします。

uConsole Kit A-06なら人気が僅かにないだろうと予測して敢えて選んだ理由の書き込みも見られました。(A-06は日本で技適の問題有)

販売するClockworkpiが90営業日と表記している以上、概ねそうなのでしょう。こればっかりはサプライチェーンの実態が分からないので何とも言えませんね。

別売りのバッテリーはどれがいいか?

販売されるキットにバッテリーは付属していません。これはバッテリーが特殊な物流であるため仕方ありません。でも、バッテリー自体が一般的ではないので、どれを買ったらいいのか分からないというのはあります。

仕様として18650バッテリーを2本使います。(直径Φ18±0.5mm、長さ65-69mm)※バッテリーモジュールに保護機能有

この18650バッテリーが安いのは怖い。

よく見かける充電できる電池とはサイズも違いますし、何よりもアンペアが違います。3200mAなど。

18650バッテリーは、直系や長さから命名されていますが、充電池自体に保護回路機能が付いているのは69mmとかなんですよね。ホント、よく分かりません。製品も大陸製の独壇場なので偽物も多い。

DevTermでこのバッテリーを使っているよ、という書き込みがありました。

同じ製品を検索してみると、販売元がKEEPPOWER日本総代理店である株式会社ユタカであれば大丈夫そうかな。PSEマークもあるし。保護回路も付いているし。

KEEPPOWER
¥3,440 (2022/11/10 12:25時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

充電器も必要ですよね。んー、追加で5,000円は覚悟しないとなりませんね。

この種のバッテリーは、爆発したりする恐れもあるようですから、ここは素人として取り扱いは心配です。実際にClockworkpiデバイスで使用しているレビューを探したいですね。

uConsoleの本体サイズ

uConsoleの全体サイズというが見当たりませんでした。確かに気になりますよね。どうやら、約178mmx133mmx26mmのようです。(7.04インチ、5.24インチ)

身近な物で測ってみたら、2枚組の海外Blu-rayディスクが近いサイズ感でした。

2枚組blu-rayパッケージ

DVDだと幅は似たようなものでも縦に長い。

このblu-rayのパッケージは、縦が17cm、横が13.5cm、厚さが2.5cmでした。uConsoleはこれより少し長くなった感じで、最大部分の厚さは同じくらいとイメージできました。

メジャーで計測

両手で抱えて打つスタイルになるかと思うので、あまり小さいと打ちづらいだろうなと心配していました。

手の大きさが大きい部類の私でも、両手で持ってキーボードを打つのに支障は無さそうなサイズ感です。

手で持った印象

バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX

キーボードのレイアウト

uConsoleが好きな人ってギークな人でしょうから仕方ありませんが、キーボードの配列についてのトピックがありました。

いや、このサイズだし仕方ないと思うんだけどね。

キーボードのレイアウト

EnterキーとDelete/BackSpaceキーの位置を逆にしてくれという要望です。

両手で持って親指で操作することになると思うので、親指2本ならあまり変わらないような気がします。正直、これで長時間の入力をするのは困難でしょう。どう配列しても打ちにくいハズ。

位置は確かに不自然に感じますけどね。QWERTYキーボードであることと、キーボードのファームウェアもカスタマイズできるということなので、ソフトウェア的になんとかできないのかな。

発熱は大丈夫なのか

冷却ファンについてのトピックもありました。商品紹介ページには確かに冷却ファンは見えませんね。

本体はフルメタルと記載がありますから、放熱性を考えてのことだと思います。

上部裏はそれなりに熱を感じるでしょうが、本体を手に持つとなると必然的に下部のキーボード付近となります。スタンドを出して置くというのはレトロフューチャーでもあり理に適っているのかも知れません。

uConsoleを何に使うかによると思います。

何に使えるか?

買いたくても手にするのはまだ先になりそうです。そもそもRaspberry Pi CM4 liteが手に入りません。ラズパイ財団はResellerに優先で生産しているようなので、Clockworkpiも対象なら回ってくるでしょう。

そうだなー、手元に置くリモコンちっくな端末として入力もできる点を考慮すると、ベタですけどデータベースの操作端末なんか良さそうに思えます。

文章というより、単語や数字の入力にキーボードを使い、プッシュされる情報を表示させる仕組み?

あっ、スマホやタブレットでもできるな。

自由に仕込めるという点だけスマホなどより優れていると思うので、完全に独自のマイナーな使い方に最適なデバイスではないでしょうか。

皆さんは何に使います??

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ