[クーポン配布] LABISTS JP JP製ラズベリーパイ4Bセット品に使用出来る割引クーポンはこのバーをクリック

Ubuntu 18.04.2 LTS(サーバー)がRaspberry Pi 3に対応

ニュースと話題
この記事は約3分で読めます。

今回のアップデートでUbuntuサーバーが既存のRaspberry Pi 2イメージに加えて、Raspberry Pi 3もサポート対象イメージターゲットとして追加されました。但し、あくまでもサーバーです。デスクトップ環境はありません。

Ubuntu Fridge | Ubuntu 18.04.2 LTS released

フレーバーである各Ubuntuでも同時にサポートされます。

  • Kubuntu 18.04.2 LTS
  • Ubuntu Budgie 18.04.2 LTS
  • Ubuntu MATE 18.04.2 LTS
  • Lubuntu 18.04.2 LTS
  • Ubuntu Kylin 18.04.2 LTS
  • Xubuntu 18.04.2 LTS

これまでもサードパーティー製としてUbuntu MATEとSnappy Ubutnu Coreなどは公式サイトにも記載がありました。

ubuntuサポート

これまでUbuntu MATEはバージョン16.04となっていて、2017-02-16リリース版でした。この情報に追記されるのかな??

別にUbuntu Pi Flavour Makerというコミュティがありまして、そこで名前のまんまRaspberry Pi 3でMATEを動かすプロジェクトのようです。(まだ試していません)

Ubuntu on rpi3

Ubuntu Pi Flavour Maker

Ubuntu Coreはコアの名前通り、Ubuntuの最小限の機能の物と思ってください。Snappyというパッケージ管理システムを使って個別にインストールや開発を行います。lot向けのLinuxと解釈してください。一般的に利用するユーザーには分かりにくいですね。——そして私も?!

 

サーバーとしてもUbuntuのLTS(長期サポート版)がRaspberry Pi 3に対応したという点はニュースになる部分です。

個人的にUbuntuは好きですけど、最早デスクトップ環境にしか興味がありません。サーバーにしても組み込み系にしても、現在は選択肢も多く特別に感じなくなりました。(ちょうどUbuntuスマホがコケた辺りから!)

 

このニュースで興味が沸くのは、Raspberry Pi 3に対応しないとならない?!という点でしょう。やはりRaspberry Piが市民権を得ているので、オープンソース界隈も無視できないのかなーと。

実際、Ubuntuだって教育用で発展途上国の教育のために大金持ちのシャトルワース氏が立ち上げた慈善事業でしたからね。時期的にもRaspberry Piと被りますし、ソフトウェアとハードウェアの違いはあれど、Debian由来だし、教育向けだし、オープンソースですからね。

 

気になったUbuntu 18.04.2 LTS(サーバー)がRaspberry Pi 3に対応したというニュースでした。

しかし、このマークいいなー。

Raspberry Pi Ubuntu

 

これは訴えられるか!!(こんなフレーバーはありません)

rpi x raspida

コメント