毎月恒例のタイムセール祭りは4/24〜26迄

UbuntuMATE20.10をSSDドライブ起動で試す

Ubuntu

先日にお伝えした2つの記事、Raspberry Pi Imagerがバージョン1.6へアップしたこと、そしてrpi-eepromもアップデートさせました。そこへRaspberry Pi OS 64bit版を動かしてテストしていましたが、そのSSDドライブにRaspberry Pi Imagerで直接UbuntuMATEのイメージを書き込んでみました。

結論としては、とっても拍子抜けでした。EEPROMでUSBブートになっているRaspberry Pi 4のSSDを変更してもUbuntuMATEは立ち上がります。(唯一、最初の起動時のメッセージログにgrubが失敗と出ました)

UbuntuMATE20.10はUSBブートに対応していると海外のフォーラムで見掛けたため、サクっと試してみました。

スポンサーリンク

USBブートにする

お陰様でたくさん読まれました「ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)」を参考にしてください。

お馴染みのraspi-configコマンドで表示されるメニューにある「3.Boot Boot Options → B4 Boot Order」でUSB(SSDドライブ接続)起動を有効にすることで、microSDカードが無くてもUSB起動します。

新しいRaspberry Pi Imagerで、USB接続のSSDドライブに直接Ubuntuなりを書き込めばOKです。

現在、UbuntuMATEは20.04は対応していなく20.10がUSBブートに対応しています。

USBブート設定はmicroSDカードのRaspberry Pi OS

少し分かりにくいので改めて書きますと、最初はmicroSDカードにRaspberry Pi OSを書き込んで作業します。

  • 操作はraspi-configで行います。
  • 操作されるのは、EEPROMというファームウェアの設定です。
    ※もしもEEPROMのバージョンが古いと対応していないので、raspi-configから最新のROMにバージョンアップして行います。
  • 一度、USBブートを有効にしたRaspberry Pi 4であれば、microSDカードを使わず、USB接続のSSDドライブを挿せば、対応しているOSに限り起動します。
Piレッド
Piレッド

消えないメモリーに保存されているファームウェアをUSBブートに対応させれば、あとはmicroSDカードかUSBブートかを自動的に選択してくれます。(microSDカードがあればそちらが優先)

UbuntuMATEでも、ターミナルでrpi-eeprom-updateコマンドはあります。でも、raspi-configはありません。

今後のバージョンアップで、何もせずとも最初から有効になっていくことでしょう。

ラズパイ4のUbuntu MATE(20.10)インプレッション

今回、Raspberry Pi 4 メモリー8GBモデルを使用しました。UbuntuMATEのイメージは20.10です(ファイル名:ubuntu-mate-20.10-desktop-arm64+raspi.img.xz)

ダウンロードhttps://ubuntu-mate.org/download/arm64/

SSD起動させたUbuntuMATE20.10でYoutubeを再生させたところ、僅かに気になる点はあっても概ねスムーズに視聴できました。本家UbuntuDesktopよりはスムーズに感じます。

全体的なグラフィカルな処理は簡素なRaspberry Pi OSと違い、ややウィンドウの残像が気になります。

また、起動直後は音が出ませんでした。これまでもサウンドに問題があったのですが、設定パネルだけで再生は可能でした。(但し、再起動ごとに戻ってしまう様子)

サウンドカードや出力先が2つ表示され、デフォルトで選ばれていません。(画像では上が出ない、下が出るもコネクター名がアナログ・・・実際はHDMI接続です)

警告音の音量は0になってしまっています。以前からサウンド系がおかしい。

ベンチマークテスト

参考までに以前にご紹介したベンチマークテストを実行してみました。

SSDドライブは全く同じです。スコアが7364でした。

結果URLhttps://storage.jamesachambers.com/benchmark/42844

以前、Raspberry Pi OSで8011だったので、誤差なのかOSの違いなのか下回っていますね。

体感としてもなんとなくアプリケーションの起動も遅いような気もします。

SSDドライブ起動させたRaspberry Pi 4 サクサクと愛用中!

コスパが抜群のSSDドライブは内蔵型でいい
Crucial SSD 480GB BX500 SATA3 内蔵2.5インチ 7mm

Raspberry Pi4はメモリー8GBモデルなら余裕
【国内正規代理店品】Raspberry Pi4 ModelB 8GB 技適対応品

USBブートの構築方法を実践
ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

SSDドライブならラズパイも快適

もうmicroSDカードへ戻れません! そのくらい快適ですよ。特にRaspberry Pi OSは見た目が地味でも軽いので特にそう感じるでしょう。

Raspberry Pi Imagerが1.6から隠しメニューによっていくつか設定して書き込めます。Raspberry Pi OS向けの機能ではあるものの、最初のセットアップが省けて便利です。(Wi-Fiや国コードなど)

Ubuntu側もRaspberry PiのUSBブートに対応しているので、これまでもよりも格段に敷居が低くなりました。

まだ未体験の人は、Raspberry PiでUbuntu Desktop、Ubuntu MATE、Manjyaroなどを体験してみてください。

おまけ:CPU温度

ケースが開放型のもので、大きなファンを装備したRaspberry Pi 4だと、CPUの温度はかなり低いです。

画像はアイドル状態です。

まさかの37度!

室温も20度くらいの3月とはいえ、とても快適な温度です。裏で作業させても43度くらいでした。

大袈裟なファンですけど、ご参考までに。

コメント ご感想をお願いします。