Arm版Windows11プレビュービルドをラズパイ4で試してみた

windows11onrpi4-title
Raspberry Pi 4B

前回「Raspberry Pi 4にARM版Windows10は一応動作する程度」でRaspberry Pi 4にWindows10をインストールしてみました。年内にも発売が噂されている次期Windows11のプレビュー版が配布されていましたので、こちらも試してみます。(Windows11 Insider Preview版)

CPUアーキテクチャがArm版もありますから、Raspberry Pi でも動作する見込みです。Raspberry Pi用は発売する予定は今のところありません。

インストールを試した結果、やはり一部の機能の不具合と、スペック的に足りない制限が出てきます。それでも、Windows10を入れた時よりは快適です。

文書作成やネットの閲覧程度であれば、特に大きなエラーも無く動作しました。んー、実用的かも。

Windows11 Inside Preview on Raspberry Pi 4

高速なUSBメモリーで試してみましたので、正式に発売される前のWindows11をRaspberry Pi 4でも試してみてはいかがでしょう。

ここでは、実際にトライして気が付いた点を記しておきます。

スポンサーリンク

主な制限事項

現時点で、Raspberry Pi 4のデバイスドライバがない機能は動作しません。

  • Wi-Fi接続
  • HDMIオーディオ

また、スペック不足の制限があります。

  • Raspberry Pi 4をオーバークロックさせる(1.7GHz → 2.0GHz)
  • デスクトップの解像度はBIOSで720P(1,280×720)に固定

インストールにはMicrosoftアカウントが必要です。

対応

Wi-Fiがダメなので、有線LANポートで通信します。(Wi-Fi全盛で意外とポートが余っていない…)

また、HDMI接続は映像だけにして、3.5mmジャックのアナログスピーカーを使いました。300円均一スピーカーです。

オーバークロックさせるため、CPUファンを付けました。(いつものテスト機で試しました)

illumination-image-rpi4
いつものテスト機

メモリー8GBモデルで試しましたが、4GBでも大丈夫です。

それよりも大事なことは、CPUを冷却することと、高速なUSBメモリーかSSDドライブが必要になる点です。

USBメモリーかSSDドライブは、読み込みスピードが400MB/s以上は必要になるでしょう。

  • CPU用冷却ファンが必要
  • 読み出し400MB/s以上のUSBメモリーかSSDドライブ
  • ラズパイでは一部機能しない
スポンサーリンク

導入方法

導入はとても難しい部類です。

それと、Windows11 Insider Preview版はMicrosoftのリリースですが、ISOイメージ化して書き込むのは、海外の有志が作成したプログラムを利用します。違法ではありませんが、正式な物ではないことを承知してください。

ザックリと言いますと、高速なUSBメモリー(またはSSDドライブ)から起動させるため、そこにWindows11を書き込まないとなりません。そのWindows11のイメージファイル(ISO)を作成するところが難しく感じると思います。

BIOSも3箇所の設定します。これまで自作していた人や、色々なOSを試したことがある人は、動画を観れば、手順通りでできると思いました。

私は以下の動画だけでトライしてみました。この動画内容で過不足はありませんでした。非常に分かりやすくて助かります。

英語で進行も速いので、一時停止しながら進めましょう。でも、とても的確な内容でした。英語も聞き取りやすい方でした。

一旦、最後まで流れを観て、あとは動画の順番通りに作業して一発でした!

動画内で紹介されているソフトウェアのバージョンが現在は少し上がっています。問題ありませんでした。

また、USBメモリー(またはSSDドライブ)から起動するため、先にRaspberry Pi 4のブートローダーは最新にしておいてください。一旦、別のmicroSDカードなどからRaspberry Pi OSで起動して設定する必要があります。

フラッシュROMなので、一度でも設定してあれば、USBメモリー側から起動することができます。購入したばかりの人や、バージョンが古い人は一度更新しておきましょう。

CPUファンは必須

オーバークロックさせるため、CPU用の大型のファンか小型2連ファンが必要になります。

試しに、ファンのないアーマーケースでも試しました。ファンが無いと、エアコンを付けていない室内では起動に失敗しました。

エアコンがそれなりに効いているなら、大丈夫かも知れません。できるだけファンが付いているモデルがオススメです。

私はICEタワーで試しました。

実際の動作画面

CPUの情報を見てください。BCM2711となっています。速度も2.00GHzです。

メモリーは8GBモデルを使用しました。3GB制限をオフにしているので、いっぱいまで使えます。

インストールしたのは高速なUSBメモリーで、容量は128GBです。100GB余っています。

高速なUSBメモリーは次の記事でレビューしています。

時間がかかる

Raspberry Pi用のWindows11を用意するには、手順が多い以上にISOイメージを作成する時間がかかります。1時間くらいはみてください。

私はParallels Desktopという仮想化のWindows10で作業したため、更に時間が掛かっていたと思います。気長にやってください。

初回起動も時間がかかりました。

幾度となく暗転しているので、少し不安になるくらいです。でも、放っておいてください。10分くらいかな? 間違いなくUSBメモリーに書き込めていれば、ちゃんと初回セットアップウィザード画面が現れます。

一度、セットアップウィザードが終われば、それほど速くはありませんが、初回みたいな時間はかかりません。電源入れてから30秒〜1分くらいです。

Windows11 プレビュー版をラズパイで使ってみて

Windowsのライセンスが余っていれば、正式に使ってみても良いかも知れません。ただ、スペック的にはバリバリ何かを熟すにはツライです。

ネット閲覧端末や、専用のアプリのためなど、単機能をWindowsで行いたいならアリです。Raspberry Pi 4ならWindows機ハードよりも安価に入手できますからね。

先日、「Office」がWindows 11でARM64をサポートすると発表されました。Raspberry Pi 4のスペックなら、事務仕事は十分だろうな、と改めて感じる速度でした。

インストールはできたので、時間があるときにトライしてみてください。無償で使えるプレビュー版の間にアレコレと触る楽しみがありますよ。

Windows11は2021年10月5日にリリース予定
10からアップグレードが可能なPCは無償です。
Windows11の動作を満たしているのか調べる動作チェックアプリが公開されています。
公式:https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11#pchealthcheck

Windows10のサポートは2025年10月迄と予定されています。

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

  1. NewLife NewDesing 瀬川 より:

    記事まとまって読みやすいですね。

    自己責任ですが、BIOSの設定は関係なく「WoR Control Panel」を使うとRP4B/Pi400ともに最大2.3GHzまでクロックUpできます。また、解像度も1920×1080も可能です。

    当社のアーマード(8GB/FAN付)は2.2GHzで数日間の高負荷運用で、安定稼働しています。またPi400は特に冷却追加せずに2.2GHzで問題ありませんでした。

    ただ夏を迎えるこの時期、現実的にはラズパイダさんのRP4B/Pi400ともに2GHzが安心できる許容範囲と思います。

    WoR Control Panelのダウンロードには、Discodeのアカウントとコミュニティ参加許可を取る必要があります。

    https://www.youtube.com/watch?v=xbRBovkmZvU
    https://discord.com/channels/711407999503302696/831626170742734849
    https://www.amazon.co.jp/newlifenewdesing

タイトルとURLをコピーしました