作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

RetroPieへUSBメモリーを使ったROM転送の方法(3)

スポンサーリンク
ノウハウ(know-how)
Raspberry Pi 何ができる

RetroPieにROMを転送する際に大きく3つの方法があります。

  1. sambaを有効にして母艦PCから転送
  2. sFTPでの転送
  3. USBメモリーを使った転送

この記事はUSBメモリを使った転送方法をご紹介します。

USBメモリの用意

USBメモリーは何でも構いません。

ただし、FAT32でフォーマットしてください。

 

USBメモリーのフォーマットもいつものSDカードフォーマッターでOKですよ!

Raspberry Pi で使うSDカードのフォーマット方法とOSの書き込み方法
SDカードのフォーマット 先にmicroSDカードをフォーマットします。定番のSDメモリカードフォーマッター 5.0をダウンロードしインストールしてください。 SDメモリカードフォーマ...(続きを読む)

 

そして、USBメモリーのルート直下(USBメモリーの刺さっているドライブを開いたところね)に「RetroPie」というフォルダを作ります。

はい。準備はこれだけです。

これをRetroPieが起動しているRaspberry Pi のUSBポートに挿します。

しばらくお待ちください。

とくに何も画面には出ません。USBメモリーのアクセスランプをご覧ください。点滅が終わったらOKです。数秒です。

母艦のUSBポートへ戻す

それを抜いて母艦のUSBに指して見てください。

以下のようにフォルダができていますね。

この中の、romsフォルダにnesとかsnesとかフォルダがあるので、その形式のROMをコピーすれば良いのです。

先程はRetroPie側でこのフォルダ群を作成しただけですね。

再びRaspberry Pi のUSBポートへ

そして、再びRetroPieの入っているRaspberry Pi 本体のUSBポートに先程のUSBメモリーを入れます。

すると画面にはやはり何も出ませんが、USBメモリーのアクセスランプが点滅すると思います。
ROMの数により転送時間は異なります。

 

やはりUSBメモリーのアクセスランプが消えたら抜いてOKです。

 

最後に

これだけです。USBメモリーの場合は何度も抜き差ししますけど、USBメモリーの中身はそのまま残ります。1度行うと次回から楽でしょう。

 

\\ ファイルの転送方法3way //

  1. RetroPieへsambaを使ったROM転送の方法(1)
  2. RetroPieへSFTPを使ったROM転送の方法(2)
  3. RetroPieへUSBメモリーを使ったROM転送の方法(3) (この記事です)
ノウハウ(know-how)
スポンサーリンク
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
[特集] Raspberry Pi はAmazonでの購入が最もおすすめ!

Raspberry Pi 関連商品は、Amazonのセールが絡むと途端に手に入りやすくなります。価格だけでは無い利点が多いので、もしもプライム会員なら必要な関連品も含めてチェックしてみてください。
利点をまとめてみました。

こちらの記事もオススメです♪
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント