作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

RetroPieへUSBメモリーを使ったROM転送の方法(3)

ノウハウ(know-how)
スポンサーリンク

RetroPieにROMを転送する際に大きく3つの方法があります。

  1. sambaを有効にして母艦PCから転送
  2. sFTPでの転送
  3. USBメモリーを使った転送

この記事はUSBメモリを使った転送方法をご紹介します。

USBメモリの用意

USBメモリーは何でも構いません。

ただし、FAT32でフォーマットしてください。

 

USBメモリーのフォーマットもいつものSDカードフォーマッターでOKですよ!

Raspberry Pi で使うSDカードのフォーマット方法とOSの書き込み方法
SDカードのフォーマット 先にmicroSDカードをフォーマットします。定番のSDメモリカードフォーマッター 5.0をダウンロードしインストールしてください。 SDメモリカードフォーマ...(続きを読む)

 

そして、USBメモリーのルート直下(USBメモリーの刺さっているドライブを開いたところね)に「RetroPie」というフォルダを作ります。

はい。準備はこれだけです。

これをRetroPieが起動しているRaspberry Pi のUSBポートに挿します。

しばらくお待ちください。

とくに何も画面には出ません。USBメモリーのアクセスランプをご覧ください。点滅が終わったらOKです。数秒です。

母艦のUSBポートへ戻す

それを抜いて母艦のUSBに指して見てください。

以下のようにフォルダができていますね。

この中の、romsフォルダにnesとかsnesとかフォルダがあるので、その形式のROMをコピーすれば良いのです。

先程はRetroPie側でこのフォルダ群を作成しただけですね。

再びRaspberry Pi のUSBポートへ

そして、再びRetroPieの入っているRaspberry Pi 本体のUSBポートに先程のUSBメモリーを入れます。

すると画面にはやはり何も出ませんが、USBメモリーのアクセスランプが点滅すると思います。
ROMの数により転送時間は異なります。

 

やはりUSBメモリーのアクセスランプが消えたら抜いてOKです。

 

最後に

これだけです。USBメモリーの場合は何度も抜き差ししますけど、USBメモリーの中身はそのまま残ります。1度行うと次回から楽でしょう。

 

こちらは人気ベスト3に入っている記事です。

かんたんRetropieのセットアップ手順【Raspberry Pi Zero W/WH編】
Retropieは何度か取り上げました。Raspberry Pi Zero W/WHでも快適に動作します。改めてセットアップの手順をまとめてみたいと思います。ご参考にしてください。(※フォントのインス...(続きを読む)

保存保存

ご意見・ご感想
お気軽にメッセージください!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
コメント欄以外にも、よろしければお気軽にメッセージください。

この記事についてのご感想などはもちろん、間違いのご指摘、またはRaspberry Piの世間話など何でもOKです!

この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダをフォローする
ノウハウ(know-how)
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
ラズパイダ

コメント