作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

RetroPieへSFTPを使ったROM転送の方法(2)

スポンサーリンク
ノウハウ(know-how)

RetroPieにROMを転送する際に大きく3つの方法があります。

  1. sambaを有効にして母艦PCから転送
  2. SFTPでの転送
  3. USBメモリーを使った転送

この記事はSFTPを使った転送方法をご紹介します。

Cyberduckの場合

FTPソフトならどれでも構いません。ここでは、無料のFTPソフトでWindows、MacOSX、Linuxで利用できる「Cyberduck」で説明します。

cyberduck公式サイト

Transferring Roms wiki

 

それぞれの環境でダウンロードした後、起動してください。設定箇所は1箇所だけです。

画面はMacOSXで説明しています。Windowsでも大きく変わりません。

新規接続先ブックマークの追加

ブックマークは何もない状態だと思います。左下の+マークからブックマークの追加を行います。

設定箇所は、接続形態、ニックネーム、サーバのIPアドレス、ユーザ名です。

 

接続形態 SFTP(選べばポート番号22に自動で変わります)
ニックネーム 任意。RetroPieなど
サーバーIPアドレス RetroPieの設定画面「SHOW IP」で確認可能
ユーザー名 pi(初期)

入力を終えてもOKボタンなどありませんよね?

奇妙なUIです。左上、閉じるボタン(Macは赤丸ボタン)で閉じて構いません。

閉じるボタンで閉じる。

 

接続後にパスワード入力

先程の接続先ブックマーク一覧に追加されていると思います。それをダブルクリックで接続可能です。

ポップアップウィンドウにパスワード入力を求められます。RetroPieの初期パスワードは「raspberry」です。

初期ユーザー名: pi
初期パスワード: raspberry

 

cyberduck接続

接続完了

 

ファイルの転送方法

上部ツールバーの歯車アイコン「アクション」から行うと便利でしょう。

アップロードというのがありますので、アップロードしたいフォルダまで移動してから選んでください。RetroPieをサーバーにみているので、ローカル母艦PCからアップロードするという意味になります。

当然、RetroPie側からファイルをコピーしたい場合はダウンロードになるわけです。

 

アクションメニューは同期も可能です。最初のうちに色々と試してください。
SFTPという名前ですけど、いわゆるFTPです。SSHで接続するためSFTPという名称です。

ホームページスペースに接続することと何ら変わりません。

最後に

SambaでのシェアやUSBメモリーは非常にお手軽です。しかし、速度が遅く、操作に際してデスクトップも占拠するので、SFTPがオススメです。バックグランドで動いているように気にしないで済みます。

GUIで描画することが無い分だけは速いハズです。

 

\\ ファイルの転送方法3way //

  1. RetroPieへsambaを使ったROM転送の方法(1)
  2. RetroPieへSFTPを使ったROM転送の方法(2) (この記事です)
  3. RetroPieへUSBメモリーを使ったROM転送の方法(3)
ノウハウ(know-how)
スポンサーリンク
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
[特集] Raspberry Pi はAmazonでの購入が最もおすすめ!

Raspberry Pi 関連商品は、Amazonのセールが絡むと途端に手に入りやすくなります。価格だけでは無い利点が多いので、もしもプライム会員なら必要な関連品も含めてチェックしてみてください。
利点をまとめてみました。

こちらの記事もオススメです♪
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント