作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

RetroPieへsambaを使ったROM転送の方法(1)

スポンサーリンク
pi_retropie____—_ssh_pi_192_168_0_12 The MagPi

sambaを使う場合、楽なのがフォルダで見ながらローカルのファイルみたいにやり取りできる点です。一度準備しておけば、あとは自分のPCのファイルと同じ扱いが可能です。

sambaのインストール

インストール前に一度ソースのアップデートしておきます。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

インストールは簡単です。

sudo apt-get install samba

sambaの設定

設定は最低限はこれだけしておけばOKです。

sudo nano /etc/samba/smb.conf

smb.conf内の最終行に以下を追記します。

(例)ホームフォルダ内piを共有する。ゲストで接続可能。

[public]
comment = Public
path = /home/pi
public = yes
read only = no
browsable = yes
guest = ok
force user = pi

セキュリティを考慮していません。別のディレクトリを指定した場合は、該当のフォルダを作成して権限を与えないとなりません。

ssambaサーバーを再起動する

sudo /etc/init.d/samba restart

nmbd.serviceとsmbd.serviceの両方とも再起動されています。

[ ok ] Restarting nmbd (via systemctl): nmbd.service.
[ ok ] Restarting smbd (via systemctl): smbd.service.

 

個人が自宅内のWi-Fiのみで利用するにはゲストで充分だと思います。

これで他のマシンからネットワークとしてRetroPieの中身がゲストで接続して操作できるようになります。

以上、sambaを使った転送方法の手順でした。

 

\\ ファイルの転送方法3way //

  1. RetroPieへsambaを使ったROM転送の方法(1) (この記事です)
  2. RetroPieへSFTPを使ったROM転送の方法(2)
  3. RetroPieへUSBメモリーを使ったROM転送の方法(3)
The MagPi
スポンサーリンク
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
[特集] Raspberry Pi はAmazonでの購入が最もおすすめ!

Raspberry Pi 関連商品は、Amazonのセールが絡むと途端に手に入りやすくなります。価格だけでは無い利点が多いので、もしもプライム会員なら必要な関連品も含めてチェックしてみてください。
利点をまとめてみました。

こちらの記事もオススメです♪
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント