RaspbianをインストールするときSSHを有効化する方法

公式Raspberry Pi OS

Raspberry Pi はデフォルト(標準)でSSH機能は無効になっています。セキュリティ対策のためです。

SSHを使用する場合は、raspi-configで有効化する必要があります。

一度インストールが終わってからSSHを有効化するのも良いですが、microSDカードにRaspbianOSを書き込んだ時点でSSHを有効化しながら起動することが可能です。

その手順は簡単なものです。

空のSSHとは?

RaspbianをインストールするためmicroSDカードへ書き込んだ後、空(から)SSHファイルを用意することにより有効化になります。

空(から)というのは、空っぽという意味で、ファイル自体には何もデータが存在しないことです。

Windowsだけを使っていると、あまり馴染みはありません。
フォルダで見ると、SSHという名前の付いたアイコンファイルがあるだけに見えます。

boot場所

これはスイッチになる切っ掛けだと思ってください。

Raspbian側で、SSHという名前だけのファイルがあった場合、SSHを有効化して立ち上げてくれるということです。

主にヘッドレスインストール(マウスもキーボードも接続せずにインストールする方法)の際に用います。SSHを有効化するのにSSHで接続しなくてはならないという矛盾が無くなります。

これでモニターを繋がなくてもターミナルを使って他のPCやMacから操作することが可能となります。

最初からSSHだけは接続できれば問題ないのですけど、冒頭のようにセキュリティのため無効化されています。

SSH有効化のために2つのファイルを用意して、より簡単にインストール&セットアップしましょう!

SSHファイルの作成方法

用意するファイルは「ssh」というファイルです。テキストエディッタで作成しても良いのですが、他のRaspbianまたはMacのターミナルから簡単に作成できます。

/bootディレクトリに空の”ssh”というファイルを作成すればOKとのこと。(拡張子なしでファイル名がssh)

方法1テキストエディタを使う

Macの場合、テキストエディットで新規作成後に何も記入せず、ssh.txtで保存後、ファイルの名前変更で.txtを削除します。

方法2コマンドを利用

これでSSHファイルが作成できました。

SSHが有効になっていないと、モニターがない場合、初回起動後にネットワークを通じてRaspberry Pi zero Wに入れません。正に手も足も出ない状態になってしまいます。

SSHファイルが初回起動時にboot直下に存在した場合、SSHを有効にして、その作成した空のSHHファイルを削除するという仕組みです。

So we’ve provided a simple mechanism for enabling SSH before an image is booted.The boot partition on a Pi should be accessible from any machine with an SD card reader, on Windows, Mac, or Linux. If you want to enable SSH, all you need to do is to put a file called ssh in the /boot/ directory. The contents of the file don’t matter: it can contain any text you like, or even nothing at all. When the Pi boots, it looks for this file; if it finds it, it enables SSH and then deletes the file. SSH can still be turned on or off from the Raspberry Pi Configuration application or raspi-config; this is simply an additional way to turn it on if you can’t easily run either of those applications.

A security update for Raspbian PIXEL – Raspberry Pi

常にセットでコピーしておく

sshファイル以外にもwpa_supplicant.confファイルを用意すれば面倒なWi-Fi設定が最初から可能になります。

Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!

このように横着をして、常に空のSSHファイル、Wi-Fiの設定ファイル(wpa_supplicant.conf)をmicroSDカードの/bootへコピーすることで便利に使えます。

この2つのファイルは、一度作成しておけば、何度でも使い回せます。(同じ環境なら)

モニターとキーボード&マウスが繋がっているのなら、特にこのファイルを用意することなく、初回起動時のセットアップウィザードでも簡単に設定できます。

個人的には常にこのファイルをコピーしています。お試しください。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  2. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  3. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  4. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  5. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  6. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP