フォーラムを開設しました!Raspberry Pi の話題はこちらで!

RaspbianをインストールするときSSHを有効化する方法

RaspbianをインストールするときSSHを有効化する方法

はじめに

Raspberry Pi はデフォルト(標準)でSSHは無効になっています。セキュリティ対策のためです。SSHを使用する場合は、raspi-configで有効化する必要があります。また、パスワードを初期から変更しないと起動の度にパスワードの変更を促すダイアログボックスが毎回現れます。

Raspbianをインストールする際に空(から)のSSHファイルを用意することにより有効化しインストールを完了できます。主にヘッドレスインストール(マウスもキーボードも接続せずにインストールする方法)の際、有効化して他のPCやMacから操作することが可能となります。

SSHファイルの用意

用意するファイルは「.ssh」というファイルです。テキストエディッタで作成しても良いのですが、他のRaspbianまたはMacのターミナルから簡単に作成できます。

/bootディレクトリに空の”ssh”というファイルを作成すればOKとのこと。(拡張子なしでファイル名がssh)

方法1:Macの場合、テキストエディットで新規作成後に何も記入せず、ssh.txtで保存後、ファイルの名前変更で.txtを削除します。

方法2:Macのターミナルからtouchコマンドを利用

SSHファイルが初回起動時にboot直下に存在した場合、SSHを有効にして、その作成した空のSHHファイルを削除するという仕組みです。

これが通らないと起動後にネットワークを通じてRaspberry Pi zero Wに入れません。正に手も足も出ない状態になってしまいます。

So we’ve provided a simple mechanism for enabling SSH before an image is booted.The boot partition on a Pi should be accessible from any machine with an SD card reader, on Windows, Mac, or Linux. If you want to enable SSH, all you need to do is to put a file called ssh in the /boot/ directory. The contents of the file don’t matter: it can contain any text you like, or even nothing at all. When the Pi boots, it looks for this file; if it finds it, it enables SSH and then deletes the file. SSH can still be turned on or off from the Raspberry Pi Configuration application or raspi-config; this is simply an additional way to turn it on if you can’t easily run either of those applications.

A security update for Raspbian PIXEL – Raspberry Pi

Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!

フォーラムでお待ちしています!

CTA-IMAGE 記事を読んでご指摘をはじめ、質問などございましたらフォーラムにご記入ください。
話題は何でも構いません。Raspberry Pi の情報交換ができたら私も勉強になります!よろしくお願いいたします。

設定(setting)カテゴリの最新記事