作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

TheMagPiマガジン第80号の解説レビューその31〜その40

元記事を分けてご紹介しています。

元の記事

MagPiマガジン80号の特集はRaspberry Piの裏技50!

※なお、この記事はラズパイダの完全オリジナルではなく解説レビューとなります。著作権はTheMagPi Magazineです。予めご了承ください。

The MagPi Magazine - The official Raspberry Pi magazine
The official Raspberry Pi magazine

Raspberry Piベスト50技の解説レビュー

ここからはネットワークについてです。

その31 Wired or wireless

Raspberry Piは、ネットワークに接続するためにイーサネットケーブルまたはオンボードWiFiを使用できます。(全てのモデルではありません)

イーサネットケーブルは有線LAN接続で使用するケーブルです。有線接続は通常はWiFiよりも高速で、ケーブルが接続されるとすぐに接続されます。

一方、家庭用無線ネットワーク接続は、ネットワークを選択してパスワードを入力するだけで接続できます。

現在、容易に入手できる各モデル比較

モデル名LANポート(有線イーサネット接続)Wi-Fi(無線接続)
Raspberry Pi 3B+
Raspberry Pi 3B
Raspberry Pi Zero××
Raspberry Pi Zero W/WH×
Raspberry Pi 3A+×

※Raspberry Pi 3B+とRaspberry Pi 3A+のWi-Fiは、他モデルより高速化されました。

その32 Know your IP

IP(インターネットプロトコル)アドレスは、他のコンピュータがネットワーク上のどこにあるかを知ることができるように、Raspberry Piに割り当てられている番号です。

現在のIPアドレスを見つける方法

ターミナルで

ifconfig -a

これは古いコマンドです。(まだ機能します)

新しい短いコマンドはipがあります。これはifconfigと同様の情報を提供します。

ip addr

デスクトップ環境ならば、画面右上のネットワークアイコンにカーソルを合わせると、自分のIPアドレスを表示します。

この、ipだけの短いコマンドはまだ使ったこと無かった!

ip addrは省略してaでもいい。

ip a

確かに短いわ。

その33 IPv4 and IPv6

IPv4およびIPv6という用語は非常に分かりにくいかも知れません。IPv4だと192.168.123.123のように表します。

これまではIPv4だけが使われてきました。インターネットが非常に大きくなったので、利用可能なIPv4アドレスの数が限られていることが問題になっています。

IPアドレスに128ビットを使用する新しいバージョンのIP(IPv6)が定義されました。2017年7月にプロトコルの最終定義が公開されましたが、IPv6自体は20年以上前から使用されています。

IPv6ではアドレスは次のようになります。

fe80:94c:38c8:4600:7b33:64bb:baf7:e866

現在、ホームネットワーク(ローカル)では、まだIPv4形式のアドレスを使用しますが、今後変更される可能性があります。

その34 Useful commands

よく使うネットワークコマンド3つ

pingコマンド

ping 192.168.1.1
ping www.yahoo.co.jp

pingを入力してからIPアドレスまたはWebドメインを入力すると、そのコンピュータ/サーバーにメッセージを送信してから返信を受け取るまでにかかる時間がわかります。応答時間です。

この応答が帰ってこない場合、接続されていないとなりますので、繋がっているのか調べる時に便利です。

catコマンド

cat /sys/class/net/wlan0/operstate

WiFi接続のステータスを確認するコマンドです。

whoisコマンド

whoisコマンドはインストールが必要です。

sudo apt-get install whois

ドメイン名を指定してwhoisと入力すると、そのドメインの登録詳細が表示されます。

その35 Networking Files

Raspberry Piには、ネットワークに関する詳細が記載されているファイルがいくつかあります。

カスタム設定のためにいくつかの情報を変更する必要があるかも知れないので、これらのファイルがどこにあるかを知ることは非常に役に立ちます。

/etc/hosts

IPアドレスに対応する名前のリストがあります。例えば、「192.168.0.3 myserver」というエントリがあるば、Webブラウザのアドレスバーに「myserver」と入力すると、ネットワークは192.168.0.3に接続しようとします。=名前解決するために必要です。

/etc/networks

これはネットワーク名をIPアドレスにマッピングしています。

/etc/protocols

使用可能なすべてのネットワークプロトコルのリストがあります。(TCP、UDPなど)

/etc/services

利用可能なすべてのネットワークサービスのリストがあります。(SSH、FTP、SMTPなど)

その36 Network traffic

Raspberry Piとネットワークの他の部分との間で何が起こっているのかを少し知りたいのなら、インストールできるコマンドがいくつかあります。

簡単な統計情報は、sudo apt-get install vnstatで利用可能です。これは基本的なデータ転送の合計数がわかります。

追加のツールが必要な場合は、iptraf-ngをインストールすることができます。これには、ネットワークトラフィックを分析するためのさまざまなツールとフィルタのメニューがあります。

リアルタイムのデータ転送統計を見るには、bmonをインストールします。これは、1秒あたりのデータ量を表示します。

うーん。ちょっと難しい。原因解明に役立つけど、Raspberry Piが趣味の範囲なら・・・。

その37 Telnet

Telnetは(1969年に最初に設計された)非常に古いネットワークシステムですが、まだ利用可能であり、sudo apt-get install telnetを使ってRaspberry Piにインストールすることができます。

使わなくても全く困らないけど・・・TelnetのASCII版スターウォーズのサイトは面白い!!

最初に行っておくと、中止するにはctrl+cを押して、出てくるメニューに「e 終了」とあるのでeだけ押します。

Macの人は更に気をつけてください。commandではなくてcontrolキーです。

ASCII版のStar Wars

telnet towel.blinkenlights.nl 23

これ、全部観たいわ! アスキーアートの原点かー。

ASCII版Star Trek

telnet mtrek.com 1701

こちらも試してみてくだい!

Telnetは、非常に初期のバージョンのWebサイトに少し似ています。これがインストールされると、PiはどのTelnetサーバーにも接続できます。

まだたくさんのTelnetサイトがあり、いくつかはPlaces to Telnetにあります。

その38 PiServer

PiServerは、多くのRaspberry PiボードをSDカードなしで一緒にネットワーク接続するのに便利なツールです。

The Raspberry Pi PiServer tool - Raspberry Pi
PiServer is our new piece of software that makes it easy to create a network of Pis you can centrally control — ideal for your computing classroom or club!

その39 Downloading files with curl

当サイトでもcurlを使ってファイルをダウンロードすることが多くあります。

curl -O <URL>

curlツールを使ってターミナルから直接ファイルをダウンロードすることができます。

commandline

COMMAND LINE 2に載っています。

その40 Headless wireless

Raspberry Piを「ヘッドレス」モード(Raspbianインターフェースなし)で使用すると、無線ネットワークに接続するのが面倒になることがあります。

特定のワイヤレスネットワーク用にwpa_supplicant.confファイルを定義し、このファイルをブートフォルダに置くことで自動的に設定できます。

これは当サイトでも人気の記事の一つです。

Raspberry Pi zero W のヘッドレスインストール(キーボードやマウスなしでRaspbianをインストールする方法)
ヘッドレスインストール(Headless Install)とは、Raspberry Piにキーボードやマウス、ディスプレイを繋がずにRaspbian(OS)をインストールする方法です。 Rasp...

このように事前にwpa_supplicant.confとSSHのファイルを用意すれば、2回目からのインストールが楽になりますからオススメです。

Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!
ヘッドレスインストールの記事で紹介しましたが、デスクトップ環境があっても無くてもWi-Fiの設定はセットアップ時に簡単に用意可能です。 何度かOSを入れ替えて試す際に、Wi-Fiの設定はしなくて...

他のベスト50技レビュー