作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

インストールと設定

基本となるOSのインストール方法は、主にOSのイメージファイルをmicroSDカードへ書き込むアプリケーションで行います。イメージファイルは圧縮されており、いつのZIPファイルです。(例:2018-11-13-raspbian-stretch.zip)

NOOBSはファイルをmicroSDカードへコピーする特殊な方法です。microSDカードはフォーマットして使います。

それ以外にも、Raspbianが動作している中で、あるアプリケーションを入れて使いたい場合もインストールと言います。

ここではそれぞれの記事で実際の手順を記載しています。

フォーマット

microSDカードのフォーマットはSDを開発したPanasonicのアプリケーションを使用すると簡単です。但し、FAT32の書込ですので、32GB以上はこのアプリケーションでは現在はできませんので気をつけてください。

ラズパイで利用できるmicroSDカードは32GBまで利用可能
このブログでもRaspberry Pi に使うmicroSDカードのフォーマットにPanasonicが配布している「SD/SDHC/SDXC用SDメモリカードフォーマッター 5.0」をオススメしていま...

書き込みアプリケーション

一般的にコンピューターの業界では、microSDカードやCDRなどに書き込むことを「焼く(burn)」と言います。焼き付けるという意味から来ています。(※ラズパイダでは書き込むという言葉でご紹介しています)

色々な方法で書き込めます。その中でも定番となっているのがbalenaEtcherを使う方法です。

バージョンアップしたSDメモリカードフォーマッターとbalenaEtcher
いつもお世話になっているSDカードフォーマッターがバージョンアップしています。バージョンはマイナーアップの5.0.1です。また、書き込みアプリケーションのEtcherもバージョン1.4.8にバージョン...

代表的なOSのインストール

基本のOSの中でRaspberry Pi公式のOSが「Raspbian」です。名前から想像できるように、Linuxのディストリビューションの中に「Debian」があります。それからカスタマイズされたためRaspbianと名付けられています。

独自アプリケーションの追加やシステムをRaspberry Pi用に合わせてあります。何をするにしてもこれは基本のOSになります。Windowsなら10、MacならばOSXです。

Raspbian

これまでと異なりRaspbianの種類も複雑になってきました。

Raspbianがバージョンアップして全部入りが登場!
Raspbian Stretchが2018-11-13版にバージョンアップしました。今回の主な変更点と、イメージの種類の追加についてご紹介します。 これまでより、合理的で体系的な仕組みに向かって...
新しいRaspbian Stretchに収録されているアプリケーション比較
Raspberry Pi 公式OSであるRaspbian Stretchが、2018-11-13のバージョンアップでこれまでのデスクトップ環境のOSイメージを2つに分けてきました。 ...

インストールと初期設定についてはこちらが人気です!

Raspberry Pi 3bのインストールと初期設定[2018年 Raspbian Stretch With Desktop]
最近はRaspberry Pi へのOSインストールの記事が読まれています。ありがとうございます。 以前の記事は古くなりましたので2018年版Raspbian Stretch版のインストールと設...

NOOBS

Raspberry Pi公式が開発したインストールランチャーのアプリケーションです。フォーマットしたmicroSDカードにファイルをコピーすることで、初心者にもかんたんに扱えるようになっています。

Raspberry PiにNOOBSでOSをインストールする方法
Raspberry Pi にOSをインストールするには大きく2つの方法があります。 ひとつは各OSのイメージファイルをSDカードに書き込んで(焼き付け)そのSDカードから起動し設定する方法と、も...

LibreELEC

メディアサーバーOSとして有名なKodiに使いやすいインターフェイスで人気のLibreELECはインストール後の設定だけで済みます。

最新の3B+での手順です。

LibreELEC × 最新Raspberry Pi 3 Model B+で作る動画再生用サーバーの構築方法
LibreELECも既に最新モデルRaspberry Pi 3B+に対応しています。記事執筆時点でバージョンはLibreELEC (Krypton) 8.2.5 MRです。 LibreELEC (K...

RetroPie

レトロゲームのエミュレータをまとめたプラットフォームであるRetroPieも海外で人気です。日本ではゲームROMの入手は違法になります。著作権フリーのPD-ROM(パブリックドメインROM)で遊ぶことができます。

かんたんRetropieのセットアップ手順【Raspberry Pi Zero W/WH編】
Retropieは何度か取り上げました。Raspberry Pi Zero W/WHでも快適に動作します。改めてセットアップの手順をまとめてみたいと思います。ご参考にしてください。 追記 201...
日本語のPD-Rom「Blade Buster(ブレイドバスター)」をRetropieで遊ぶ
以前、PDという著作権の無いゲームROMがあることをご紹介しました。 Raspberry Pi で完全に合法のゲームROMをダウンロードして遊ぶ その後、「pd rom 日本語」で検索して...

※ラズパイダでは著作権侵害の観点からゲームROMの情報には一切触れておりません。

Volumio2

Raspberry PiをミュージックプレイヤーにできるOSやアプリケーションも多く存在します。特に簡単なOSはVolumio2です。現在はかなり安定して動作します。

pHAT BEATとRaspberry Pi Zero Wでミュージックサーバ
2017年現在、Raspberry Pi でミュージックサーバーというと、Volumio2が思い浮かべられます。小さい拡張ボード(pHAT)とRaspberry Pi Zero Wで使えたらと思いまし...
Volumio2+Raspberry Pi+Spotifyの設定まとめ
Raspberry Pi でミュージックサーバーを作成するのにいくつか方法があります。それはアプリケーションやOSをどうするのか、または拡張基盤であるHAT系を使うのか、これらによっても設定方法が異な...

MPD

MPDはMusic Player Daemonと略されます。これはLinuxや各種UNIX上で動作する音楽再生やプレイリストの管理を行う為のデーモンです。(裏で動くアプリケーション)

ただ、Raspbianで動作するMPDというアプリケーションがあり、総称と同じでややこしいですね。Raspberry Piで扱うMPDというはアプリケーションの場合が多いと思ってください。アプリケーションにはバージョンがありますので、MPD0.21.4 などバージョン番号が付けばアプリケーションです。

MPDのmopidyをインストールとconfファイルの設定方法
先日製作したAmazonPrimeMusic+Raspberry Pi 3B+Elecrow5インチモニターにMPDをインストールしてローカルのmp3も再生できるようにします。 MPDはmopi...
MPDにCantata (ローカルサーバー)
Raspberry Pi で音楽ファイルを再生させるには、音楽サーバーのアプリケーションが必要です。MPD(Music Player Daemon)が有名です。 当サイトではMPDよ...

さいごに

実はRaspberry Pi では様々なOSが動作します。各ディストリビューションで開発されており、実用的な物も多いです。Raspberry Pi公式にサポートされていない場合が多いので、使いこなすには少し敷居は高いかも知れません。

ラズパイダで一番人気の記事!
主なインストールと設定の記事一覧