\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

OSのバージョンなどシステム情報を表示するアプリケーション3種

ターミナル画面(CUI)でOSのバージョンを調べるのに、アプリケーションをインストールすると読みやすいのでオススメです。

ここではRaspberry Piも含め、Linux系のツールを3種類をご紹介しておきます。

どちらもRaspberry Pi 4をSSDドライブ起動にして、OSはPop!_OSで表示してみました。

この記事の主な流れ

linuxlogo

linuxlogoは、Linuxのディストリビューションを表示するツールソフトです。

sudo apt install linuxlogo

実行はターミナル画面

linuxlogo
linuxlogo

Pop!_OSで実行しても、元がUbuntuだからUbuntuのロゴ表示になっていました。

neofetch

続いてneofetchも同様にインストールします。

sudo apt install neofetch

やはり実行はターミナル画面

neofetch
neofetch

これはPop!_OSのロゴが表示されましたね。

screenfetch

Screenfetchというものもあります。少し結果が出るのが遅かったな。

sudo apt install screenfetch

こちらも実行はターミナル画面に名称をタイプするだけです。

screenfetch

三者三様

基本は同じような結果が出るツールソフトです。アスキーアートがカラフルに出るのが特徴です。

ただ、ツールソフトをインストールしなくても、コマンドで同じことはできます。

uname -a
lsb_release -a

要はこれらを綺麗にまとめて表示してくれているに過ぎません。一目でパッと分かるから、ソフトを利用した方が簡単ですね。インストールも簡単なので、サクッと試してください。

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ