作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

セール前と後で比較してみた——恒例のタイムセール祭り(Amazon)

Raspberry Pi 何ができる

本日はセール2日目です。狙っていた商品は購入できましたか? Amazonでは通常でも他店よりも安く販売している方だと思います。

それがセール期間ではそれ以上に値下げされれば思わず購入したくなりますよね。でも、実際にどのくらい値下げになっているのか気にしたことありますか?

 

Raspberry Pi 関連製品に限って比べてみました。ご参考にしてください。

セット品の場合はこちら

 

セール対象品の比較(値下げ幅)

Amazonで販売している品が全てセールになる訳ではありません。セール対象品はそれほど多くはありませんけど、4日間に渡るタイムセールなので、どこかでセールになる可能性は高いです。

今回は、初日の18時からセールの対象になった製品で比べてみます。

 

HDMIディスプレイの場合

人気の7インチディスプレイです。TFT液晶です。IPSではありません。また、意外と気が付かないのですけど、同じインチサイズでも解像度は異なる場合があります。

この製品は800×480の解像度で、よくこのブログでオススメしているElecrow製の7インチモニターは1024×600です。

安いには訳がありますね。

それなりの画質でも良ければ比較的大きな画面で実用的な7インチは欲しい周辺機器です。

 

セール前のキャプチャ画像はこちらです。

 

5,188円でプライム対象です。

参考価格は5,999円になっていますので、この時点でも14%OFFと表示されています。

 

では、これが18時を過ぎたセール価格はというのが次のキャプチャ画像です。

point-fes20181010

4,409円でプライム対象です。

参考価格は同じ5,999円に対して、27%オフという表示になっています。

 

27%オフというとだいぶ安いように思いますけど、セール前は5,188円でしたから、実際は779円の割引ということになり、13%がセールでお得になったということです。

もちろん、企業努力と言いますか、利幅があまりないかも知れない商品を値下げしているので、セール品としては大歓迎です!

 

ただ、問題なのは参考価格が果たして何の価格か? ということです。恐らく定価はもっと高いのでしょう。

よくAmazonで買い物する者として、実はRaspberry Pi 関連商品は大体の販売価格を知っています。だからあまりパーセンテージに惑わされません。

このディスプレイ系というのは、全体的に高い製品なので、セールにかかることだけでも有り難いと思っています。僅かでも安くなれば、そもそも価格帯が低い他のRaspberry Pi 製品の足しになります。

個人的には通常販売価格よりも10%以上なら買いです! 10%以下の場合は通常にいつでも買いたい時に買えば良いと思っています。

ちなみに限定数7での販売でした。

point-fes20181011

あまり数を用意できないということは、やはりお得なんですよ。多分。

 

カメラモジュール(ワイド角度)の場合

point-fes2018103

今度はカメラモジュールをみてみます。HDMIディスプレイのようにあまりパーセンテージに惑わされないようにしましょう! セール品なんだから基本的にはお得なんです。それを踏まえてご覧ください。

セール前のキャプチャ画像はこちらです。

point-fes2018104

いつもご紹介する緑色基板のv1.3ではありません。恐らくv2.1ナイトモード付きの互換品と思われます。しかも、そのカメラモジュールに広角のレンズ175度を付けた品で、少しばかり特殊な製品です。

価格下にある109〜新品243という選択肢があります。この数字は・・・意味があるのか分かりません。管理番号みたいなもんでしょうか。中華圏はよく分かりませんね。

 

価格は3,199円でプライム対象です。

これには参考価格がありませんね。

 

セール後の価格はこちらです。このキャップ付きだけがセール品のようでした。

point-fes20181012

point-fes2018109

ご覧のように2,719円でプライム対象と表示されています。セール前の3,199円からすると480円分の15%オフです。3,000円台から500円近い割引金額なら良いと思いますよ。

 

ただし、こちらも限定数僅か4での販売でした。

point-fes20181013

こちらに出品している業者さんの目玉商品だったという訳ですね。

サインスマートSainSmart 5 MPカメラモジュール175度パノラマワイド角度for Raspberry Pi
  • サインスマート(SainSmart)
  • prime
  • 販売者 SainStore JP 「サインストア・ジャパン」
商品の詳細ページへ

最後に

Amazonの販売システムは技術的にスゴイのでしょうけど、参考価格だとか値引率の基準が出品している業者によってマチマチなので、ちょっと混乱しますね。

割引率が誇大広告のように感じることがあります。

よく見て買うことは大事です。特にRaspberry Pi 関連は、中華圏の製品が多いなので余計にそう思います。

 

すぐに返品に応じていたりするようなので、こういった業者が全て悪いとは思いません。それでもいい加減ですよね・・・。

 

こういった中華圏の商品を購入して、個人的にはこれまでヒドい目に遭ったことはありません。粗悪品は知っての上で購入しているせいもあります。やはり高い品は人件費だけではなく、それなりに意味がありますね!

 

Raspberry Pi のケースも比較してみました! よろしけばこちらも参考にどうぞ。

 

こちらの記事もオススメです♪
ノウハウ(know-how)
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント