ラズパイの公式カメラモジュール v2.1とv1.3の画像比較テスト

Raspberry Pi モデル別

今回、Raspberry Pi 用のカメラモジュールを購入しました。何かを作る前に、先ずはテスト機に接続して、それぞれの画像を比較してみたいと思います。

これを踏まえて、このカメラモジュールで監視カメラを作りました!

このカメラモジュールを制御するのは簡単で楽しかったです。お試しください。

今回の環境

  • テスト機はRaspberry Pi 3B
  • OSはRaspbian Stretch
uname -a
Linux test 4.14.70-v7+ #1144 SMP Tue Sep 18 17:34:46 BST 2018 armv7l GNU/Linux
  • モニターに繋いで、マウス・キーボード有りの完全ローカル環境
  • 撮影はコマンドraspistill
  • カメラモジュールはv1.3とv2.1をそれぞれ使用

カメラのスペック

2つともオフィシャル(公式)カメラです。どちらも1m〜無限のフォーカスになります。

主な違いは、撮影できる画素数が500万画素と800万画素の違いです。また、レンズがV2はソニー製!になったことです。

詳細は公式サイトのドキュメントをご覧ください。

公式サイト「Camera Module

Raspberry Pi Camera v1.3 (2013年)

  • Omnvision OV5647(1/4インチ500万画素CMOS)
  • 2592 x 1944 pixel
  • 1080p30、720p60、640 × 480p60/90

Raspberry Pi Camera V2 (2016年)

  • SONY IMX219PQ (1/4inch 808万画素 裏面照射CMOS)
  • 3280 x 2464 pixel
  • 1080p30、720p60 、640 × 480p60/90

画像比較とカメラ本体比較

初撮影

それぞれ初回に撮影した物を比べてみましょう。(注:v2はピンボケがヒドくカメラレンズのフォーカスを手動で合わせました)

ピント合わせはV2に限り付属のアジャスターが付いています。カメラレンズの周りに引っかけがあって、そこに当ててまわすという物です。V1が同じ仕組みか分かりません。

なお、手動での調整は時計回りが遠方へフォーカス、反時計回りは近方へフォーカスします。ただ、できれば触りたくないですね。どの程度か検討も付きませんし元に戻せにくいです。

左がv1.3、右がv2.1です。

画像は切り抜きしてあります。色味は旧camerav1.3の方が緑っぽく見えます。新しいv2.1は画素が多いのも手伝い落ち着いた色味です。

どちらもピンボケ気味です。

単純にv2.1の方が綺麗に見えます。実際はv1.3でも何ら遜色ありませんでした。オートフォーカスはないのでこんなものだと思います。

正直なところ、意外と綺麗に大きく映るので、ビックリしました!

本体を比べてみた!

ほぼ同じ大きさです。角が丸みを帯びているのが新しいV2です。V1は作りがより雑な感じです。

カメラマウントは右側のV2はオフィシャル品です。V1は分かりません。無いよりあった方がマシという程度です。取り付けるネジがV2は金属製、V1はナイロン製ネジでした。とにかくナイロン製は取り付けるのが難しいです。

基板丸出しなので、静電気対策にマウントはあった方がいいと思います。何か自作の箱にでも詰め込むなら必要無いでしょう。以外と小さく脆いので、取り扱いは慎重にしてください。

付属のケーブルは白地に青で、これはRaspberry Pi 123用です。Raspberry Pi Zero系は別のケーブルが必要です。今回、V1に付いている物を購入したので、Zero系でも試してレビュー書きます。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

初感想

想像よりも綺麗に撮影できたという感想です。

一部コマンドで画質も調整できます。しかし、ピンボケは仕方ないようです。無限フォーカスらしく、マクロで撮影するにはレンズを調整してあげないとなりません。これが小さいので壊しそうです。

カメラマウントを付ける段階でポロっと取れた!

v1.3はAmazonで購入しました。既に数年経ちリーズナブルになっています。ただ、最初からかどうか分かりませんけど、カメラのレンズパーツが取れてしまって驚きました!

これ、もしかして両面テープで留めていないだけだった? シールになっていて自分で貼り付けました。

「オラ、ビックリしたぞー!!」

コマンドでの撮影方法

順番が逆になりましたけど、基本の撮影の仕方をご説明します。

上下反転させてファイルtest.jpgとして撮影する。

raspistill -rot 180 -o test.jpg

コマンド実行後、デフォルトでは5秒ほどプレビューが出てから撮影されます。

画面に表示させておきたい場合は-tコマンドで0を指定すればカウントダウンせず表示され続けます。辞めるにはctrl+cです。

raspistill -t 0

どちらが上なのか? 左右反転になっていたのでコマンドで逆にしています。これは初期状態からなのか??よく分かりません。

コマンドは次の記事でまとめておきます。

カメラモジュールだけで結構遊べます。

カメラモジュールはソニー製のIMX219PQ画像センサを使用しているので、固定パターンノイズやにじみなどの画質劣化を軽減できます。静止画像解像度は3280 × 2464です。1080p@30fps、720p60及びVGA90をサポート可能です。
ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  2. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  3. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  4. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  5. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  6. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  4. 4

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP