\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

Raspberry Pi OSで何度も出せる初期設定ウィザード「piwiz」

以前にRaspbianがバージョンアップした時、少しだけ触れました。はるか昔と異なりラズパイでの初期設定は簡単になっています。導入時点で躊躇している人に知って欲しいなと思ったので改めてご紹介します。

この記事の主な流れ

コマンド要らず

ラズパイのOSはLinuxのDebianを元に開発され、つい先日までRaspbianという名前でした。現在は統一されてRaspberry Pi OSと名前だけ変更されています。

そのRaspbian初期の頃からしばらくは、ラズパイを購入後に行う初期設定が、初心者にはとても難しい方法でした。PCに慣れている人で、興味があれば苦でも無いとはいえ、コマンド作業の連続でした。

しかし、現在はラズパイのコンセプトである「これから触る人」向けに細かいアップデートがされています。

少なくても初期セットアップウィザードが導入されたことで、大まかに日本語環境とネットワーク設定で使い始めるのは、難しいことではなくなっています。

ほら、WindowsやmacOSみたいに、いくつかの質問に答えていくだけでスグに使える状態へ持って行けます。少し違うのは強制ではない点です。

キャンセルしようと思えば簡単にキャンセルできてしまいます。

キャンセルができてしまう

何度でも呼び出せる

この初期セットアップウィザードを再度、表示させるには短いコマンドでOKです。LXTerminal(ターミナルソフト)で入力して実行してください。

sudo piwiz

piwizはpiとwizardの略ですね。これくらいなら覚えられそうです。

最後に

この方法以外でも、ターミナルにコマンドならば全て操作できますし、raspi-configでも設定できます。更にGUIが用意されている設定に関してはマウスだけでも可能です。色んな方法で設定などはできるのですが、どうしても面倒に思えるなら、こういったウィザードみたいな簡単な方法も上手く使ってください。

かくいう私も何度か呼び出してWi-Fiの設定などをすることがあります。

慣れてくると、コマンド一発だったり、他の方法でピンポイントで行えるようになります。それでも新しくセットアップする時には、やはり便利だなーと思うものです。

  • 最初のセットアップウィザードを間違えてキャンセルしちゃった!
  • よく分からないからキャンセルしちゃった!
  • 取りあえず使おうと思ってわざとキャンセルした。

また呼び出せば良いので安心してください。

Raspberry Pi OSもだいぶ簡単になりました。
最初の基本、初期セットアップウィザードについてでした。

参考:https://www.raspberrypi.com/blog/raspbian-update-june-2018/

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメント一覧 (2件)

  • piwiz 、めちゃめちゃ参考になりました。Linux系は何度かチャレンジして諦めていたので、恐怖感がありました。今回も実は記事のとおり最初のウィザードを消しちゃって(Wi-Fi環境が不安定だったので)、「あの画面はどこいった」「アップデートってやらんでよかったんやろか」「やっぱ難しいわLinux」とため息をついていました。おかげで心機一転、最初から再チャレンジできます。ありがとうございました。

    • Raspberry Pi OSは設定する方法も色んな方法が用意されています。これまでと比べても扱いやすくなっています。
      WindowsやmacOSと異なり、分からないことはそのままでも必要最低限の設定で使えます。

      こちらこそ、コメントをありがとうございました。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ