ブログのフォロー、メール購読の機能を中止しました。購読してくださっていた人にはご迷惑をおかけしています。
24時間で読まれたベスト5

スティック型PC(S41)は格安で手に入る実用的なWindows10 proマシン

5.0
stickpc-pic4-titleレビュー
この記事は約10分で読めます。

ラズパイ好きは小さいモノが好きとも言えます。もちろん、性能に妥協すれば小さくできるでしょう。それなりのスペックを望める小型の端末というのは、どう使おうか悩むのも楽しいですね。

こういったデジタル機器は、最新機種の方が性能は良くなるのが当然であり、記事執筆時点でのおすすめ機種とはなります。

Windows10pro搭載と考えると、非常にコストパフォーマンスが良いスティック型PCとして「S41」をご紹介します。お読みいただければ、細かな弱点は気にならないと思われます。

スポンサード:NewLifeNewDesing
パイレッド
パイレッド

最後に期間限定のクーポン情報もあります。待てない人は目次から飛んでください。

主なスペック

先ずは大まかなスペックです。

スティック型PC S41
第8世代Gemini Lake
Celeron N4120(4Core/2.6GHz)
メモリーLPDDR4 4GB RAM
記憶容量64GB eMMC
(初期 約30GB空き)
USB 3.0ポート×2
microSDカード(最大128GBまで)
HDMI2.0ポート(4k@60Hz)、MINI DPポート(4k@60Hz)
2画面同時4K出力が可能
Wi-Fi 2.4GHz & 5GHz(IEEE 802.11a / b / g / b)
Bluetooth5.0
5V/3A電源
OSはWindows10 pro (1909)

但し、miniDPからHDMIに変換など変換ケーブルでは4K出力が難しい模様。付属されているminiDP to DPポートケーブルで、DPポートがあるモニターなどで利用してください。

スティック型PCというジャンルを考えずにスペックだけを見ても、小型PCやエントリークラスのノートパソコンに求められる性能を持っていると思います。

特に4K画質で2画面同時出力が可能というのはRaspberry Pi 4を彷彿とさせます。記憶媒体がeMMC64GBとmicroSDの組み合わせは、どうしても一般的なHDDやSSDとは速度も容量も劣ります。但し、その分だけ小さな筐体に納まるためデメリットとも言えません。小さいのはRaspberry Piのようにメリットとも言えます。

こういった比較的に低スペックで重要になるのは、CPUの速度とメモリーの容量です。

これまでスティック型PCに食指が動かなかったのは、どうしても遅いという点がありました。体感的に引っかかるような感触はストレスが溜まります。その点、このS41のスペックならば、この価格の倍以上の端末と比べない限り、サクサクと動く範囲になったと言えます。

ネットブックと呼ばれていた小さなPCでよく採用されていたIntel Atomとは比べられないくらいに快適です。

YouTube動画を再生させてCPUなどの使用率を確認。再生はスムーズ。操作には僅かに引っかかりは感じるが及第点と感じました。

1日使用しましたが、操作を受け付けないようなスタックは一度もありません。ビデオカードに依存するようなアプリケーションや3D機能などを使わなければ、事務的なPCと何ら遜色はありません。

外観と接続方法

外観から入出力インターフェイスの場所をご紹介します。

各インターフェイスの配置などは全方位に及ぶため、全て接続するとケーブルの長さによっては中空に浮かせる形になる場合もある。常設の場合はどこに配置するか悩みます。

HDMIはオスとオス形状の接続になるため付属のアダプターを使用。

利用するUSBーC電源は、Raspberry Pi 4と同じモノを使ってみましたが、同じ5V3Aで全く問題ありませんでした。もちろん、付属のアダプターで問題ありません。
持ち歩きにはスマートフォンのType-C充電器だけで済むのは少し荷物が減って嬉しいポイントでした。

4Kではないけれど、DPポートで出力したいならASUS製のモニターがおすすめ!

メリットとデメリット

使用してみてのメリットとデメリットを考えました。

S41スティック型PCのメリット
  • Windows10 pro搭載※1
  • CPUがIntel Celeron N4120で事務レベルならサクサクと動く
  • 2画面同時4K出力も可能
  • 2万円台と安価
  • 小さい!(各種ポートも充分)
  • 省電力(5V3A)
  • 電源アダプターは携帯電話向けと共用も可能

※1 OSがWindows10 proなため、ドメイン参加やリモート接続もできテレワークに使えます。一般的な皆さんがお使いになるWindows10 pro同じです。

以前の記事で紹介したRasberryPiアーマードで運用されていたテレワーク接続サービス”NTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」”を使えば、会社のマシンを安全に自宅から利用することが出来ます。2画面あるので1画面で会社のPC、2つ目の画面でZoomなんか使えば仕事もはかどりそうですね。

新型コロナ対策としてすぐに利用できる無償(10/31迄)のリモートデスクトップ環境

身近な場所で見つかるRaspberry Pi、セキュリティリスクについて考えてみた

S41スティック型PCのデメリット
  • マウスとキーボードを利用するとUSB3.0ポートが足りない※1
  • 連続使用で排熱処理が多少不安(音と熱は気にならない)
  • 耐久性が心配

※1 2つのUSBポートはUSBハブを使えば問題ありません。仮に2.4GHzワイヤレスキーボード&マウス(Logicool ロジクール MK245nBKなど)を使えば、USBポートは1つ空きます。

Bluetooth接続であれば、USBポートは丸々2つ空きます。テレビの後ろに配置するような使い方であれば、むしろ有線ではなく無線接続の方が使いやすいですよね。

こうやって挙げてみると、正直な話、あまりデメリットがないと感じます。
第一印象としては、しばらく使い続けているとスティック型PCということを忘れてしまいます。そのくらい一般的なPCと変わりません。

デメリットも×というより△というイメージで、心配な点だけです。大きな不都合はありません。

特にメモリー4GBと合わせて、Intel Celeron N4120(4Core/2.6GHz)のCPUが有り難い。
よくあるIntel Celeron N4000(2Core/2.6GHz)と比べるとCPUが2→4個に倍増しているため、本当にこの価格か?とは思えないほどサクサクと動作します。

10万円のモノと比べてはいけません。2万円台をお忘れ無く。

コスパを比較

単純な話で、Windows10搭載のPCを購入しようと思えば、それなりの価格になります。他のOSでよろしければ、人気のChromeBookと比較できます。

S41の実勢価格は約22,000円台です。

Windows10 Pro 64bitの実勢価格は約2万円です。
ChromeBookで人気のHP製で1つ下のCPU(インテル Celeron N4000 プロセッサー)で約4万円です。

これらと比較しても価格は激安の部類に入ると思います。単純比較はできませんが、同じような価格帯のPCで探してみてください。なかなか見つかりません。中古マシンなら比べられるかも知れません。

一番近いのは、少し古いSurface(Windowsタブレット)です。

スペック的に、すべてのソフトウェアが同じには動きませんし、CPUやメモリーを多く使う場合は快適ではないでしょう。それでもWindows10pro搭載マシンとして、充分に活用が可能です。

macOSユーザーにもおすすめ

用途に依りますが、私のようにWidows10の機種を所持していないユーザーが、Widows10を利用したい時、これまではParallels Desktop 16にWidows10 OSを導入する形でした。

スティック型PCならそれよりもコスパは良くなります。使うときだけモニターに繋ぐというのも軽便です。

製品の口コミにもありましたが、人に教えたくないくらい快適です!

Windows7から買い替えたい友人にmac miniを買わせましたが、あまり使わないならこれでも良かったと思いました。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【国内正規代理店品】Raspberry Pi4 ModelB 8GB ラズベリーパイ4 技適対応品【RS・OKdo版】

→すぐに始められるセット品が便利

Raspberry Pi 4 アーマード (メモリー8GBモデル)セット
NewLife NewDesing
【セット概要】Raspberry Pi 4 Model Bに、アルミニウム製のファン付きヒートシンクケースを組み合わせて、高い冷却性能により長時間の安定稼働が可能です。当社内での相性テスト、負荷テストをクリアした高品質な部品で構成されており、単品でご購入いただくよりお得です。

ラズパイと連携

ラズパイダとしては、Raspberry Piを外部から操作するのに、メインのマシンであるmacbookなどで行なっています。しかし、このスティック型PCはWindowsの豊富なソフトウェアが使えますから、普段がWindows10ユーザーならRaspberry Piも扱いやすいと思います。

スポンサーリンク

OMVで構築したメディアサーバーの大きな動画ファイルはあまり快適には動作しませんでした。小さな動画ファイルかもしくは音楽、その他文書のファイルは快適です。

逆にスティック型PCを簡易ファイルサーバーでも良いかも知れない??

デジタルサイネージ

思ったのがmicroSDカードに用意したファイルを表示するデジタルサイネージもRaspberry Pi同様に可能だということです。それだけだと勿体ない使い方ではありますが、Raspberry PiでWindows10が動かないことを考えるとアリだと思います。

本格的にも出来ますし、取りあえず設置したい場合など、PowerPointのスライドショーで単純にプレゼンテーションするのも良いでしょう。

持ち運び用Windows10

Raspberry Pi 4も似たようなスペックで、Linuxに慣れている方やプログラミングで対応できる人にはRaspberry Pi が一択だと思っています。しかし、PC初心者、Windows10ではないと扱えない人には、持ち運びができるWindows10端末として重宝するでしょう。

Raspberry Pi 4と一緒に持ち運んで、出先でそれぞれを使った作業や表現、連携が可能となります。

Windowsタブレットで出来ないことがあり、Windows10搭載ノートを持ち運ぶなら、代わりとしてスティック型PCもアリかも知れませんね。

検討するなら

スティック型PCは一般的ではありません。ご購入に際し、ご自分の環境を比べるのならば・・・、

  • エントリー向けWindows10ノート
  • Windowsタブレット
  • Google Chromebook
  • Raspberry Pi 4

この辺りで不満がある場合、購入の動機として最適でしょう。
リーズナブルな価格なので、とりあえず試したり、セカンド、サードマシンとしてリビングに繋げるのも良いと思いました。

最後までお読みいただいた人にお伝えします。

パイレッド
パイレッド

他の(古い)スティック型PCは避けた方が無難です。
キモは、第8世代Intel Celeron N4120(4Core/2.6GHz)がCPUに採用されているか確認してください。

パイグリーン
パイグリーン

Intel Core m3-6Y30よりマルチスレッド下において1.5倍近く高速です。

パイブラック
パイブラック

Intel Core i3-2350M(2Core)、Intel Pentium Gold 4415Y (2Core)と同じくらい。

以上、レビューでした。

クーポン情報

またまたこの記事のために期間限定でクーポンが用意されています。(ありがとうございます)

8/31まで100台限定、3,000円OFF

購入者1人につき1回のみ適用で、表示価格よりも3,000円OFF! 期間は今月8/31まで。100台限定です。クーポンについて詳しい内容は商品ページの価格下にて必ずご確認ください。

第8世代 Intel N4120 / 4GB / 64GB / 4K対応 (HDMI & DisplayPort 2画面) / Windows 10 Pro (最新1909) Stick Compute 【Model S41 Pro】
NewLife NewDesing
第8世代 Intel N4120 (4Core/2.6GHz) 搭載のハイパフォーマンススティック型Windows PC、Windows 10 Pro 64bit (1909) , 前7世代の”Intel Core m3-6Y30 (2Core/2.2GHz)”よりマルチスレッド処理にて1.5倍高速
商品提供:NewLifeNewDesing

コメント

タイトルとURLをコピーしました