フォーラムの会員登録はメールを受信してパスワード設定です。

ステイホームならRaspberry Piでホームスタディはいかが?

stay home, home study Iot特集記事
この記事は約7分で読めます。

ども。ラズパイダです。言葉遊びはともかく、コロナ禍でステイホームになる時間が多いならば、逆に新しい知識やスキルを学習する時間が取れるチャンスでもあります。

大事な時間を家族と時を過ごす他にも、実用的に学ぶのはどうでしょう。日頃にまとまった時間が取れないとお嘆きの方には、むしろチャンスタイムです。

ラズパイダをお読みの方は、それなりに興味があるのでRaspberry Piについて検索していると思います。

どれもこれも難しいと感じるかも知れません。いきなりAIをRaspberry Piで行うのではなく、ロボティクスを学習するのではなく、ちょっと便利な何かを自作するいうDIYのノリで試してみませんか?

今回、どうやってRaspberry Piを使うのか、どうやって仕事や生活に活用していこうか、そうお考えの人に向けた体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

楽しむことが優先

勉強と思うと難しいので、学ぶの方が適当かも知れません。(ホームラーニングかも)学ぶならば、習得するために行うイメージですよね。・・・学んだ結果ではないですよね。

そうは言っても、得たことを役に立てたいと思うのが人情です。

何か目的を持ってRaspberry Piを扱ってみてはどうでしょう。

その前に先ずは楽しめることを第一に考えて選んでください。例え魅力的なプロジェクトでも、あまりにもハードルが高いと最後までできない上に嫌いになってしまう恐れがあります。

ワクワクしながら手を出してみてください。

メディア系

zeroミュージックシステム

ここでいうメディア系というのは音楽や動画の鑑賞です。つまり、自分専用の再生マシンを作るということです。

振り返ってみると、ラズパイダではメディア系のネタが多いみたいです。

実は他のプロジェクトと比較しても簡単だからです。良い音や管理システムに凝ってしまうとアレですけど、それに合ったOSがリリースされているからです。

自分だけでは無く家族にも喜ばれるかも知れません。

手持ちの音楽をまとめて操作するミュージックサーバー

メイン操作画面

CDプレイヤーで音楽を聴く人も少なくなってきました。スマホで事足りることもあるでしょう。でも、スマホは占拠せず、部屋に流せるスピーカーで楽しむのもRaspberry Piなら自分で作れます。

音にこだわらなければ、Raspberry Pi の3.5mmジャックへダイソーなどの300円スピーカーを繋げてみればコストもあまりかかりません。もちろん、本格的なスピーカーに繋げられれば、より一層良いでしょう。

HDMIに繋ぐテレビでもいいと思いますよ。今のテレビならスピーカーもそれなりに良い音を出します。

先ずはミュージックサーバーを作ってみるのはいかがでしょう。

Raspberry Pi 4にAirsonicをインストールしてみた
Raspberry Pi で自宅専用のSpotifyのよう...

Raspberry Pi に特定のOSを入れ、USBメモリースティックまたは外付けHDDを繋げばより多くの音楽ファイルが入ります。

microSDカードの容量が例え32GBだったとしても、少なくても20GBは使えますから、1曲5〜6MBのMP3ファイルなら、単純に400曲前後は入れられます。

構築するのが初めての方は、Raspberry Pi 4か3B+がオススメです。Raspberry Pi Zero WHは足りないライブラリなどが多いので、少し手間がかかります。

また、OS自体が音楽系なら煩わしさも減ります。Volumioが有名で、moodeaudioは現在のオススメOSです。

もしもあなたがSpotifyの有料会員なら、音楽ファイルの用意や転送は必要ありません。Spotifyを流せるようにするだけです。

この記事を読むだけで作れるRaspberry Pi +Spotifyミュージックサーバ
このブログは、文系の40代オヤジが試行錯誤して理解してきた...

家族で楽しむ動画プレイヤー

スマホで動画を撮っている人も多いと思います。これをリビングの大画面で、家族揃って観たいと思いませんか?

現在では色んな方法がありますが、Raspberry Piに動画ファイルをコピーして再生も可能です。

Raspberry Pi OSをそのまま表示してマウスで操作するでも構いませんが(つまり小さなPCを繋ぐと同じ)、ここはスマートに動画ファイルをRaspberry Pi にコピーして、専用のOSから操作するのはどうでしょう。あまり古くないテレビであれば、テレビのリモコンがそのまま使えます。HDMI-CECに対応しているからです。

OSとしてはLibreelec、またはOSMCが有名です。

ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう
ラズパイを買ったものの今は埃を被っている人も一定数いらっし...

更にあなたが有料のAmazonプライム会員であれば、なんと、FireTVが無くてもLibreelecなどで視聴も可能です!

libreelec-vod1
Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー
先日、バージョンアップしたLibreELEC 9.0でAm...

Libreelecはメディアに万能で、音楽ファイルも写真も扱えます。全てを一元管理するには外付けHDDを用意しRaspberry Pi に繋げた方が良いでしょう。
(でも、Libreelecならばその都度でUSBメモリースティックやUSBモバイルHDDを繋いでも、そこを指定すれば読み込めます。)

Linuxを体験する

ご存じない方のためにご説明すると、Raspberry Piの公式OS「Raspberry Pi OS」の中身は、LinuxのDebianを元にカスタマイズされたものです。

Linuxは日本でまだまだ馴染みがありませんが、Windows、mac、に次ぐOSなんです。Linuxにはたくさんの種類があり、基本は無償でダウンロードし利用が可能です。

使わなくなったノートパソコンに入れるOSとして選択肢になります。そのLinuxは慣れないと使いづらいものです。

パイレッド
パイレッド

私には今のWindowsも使いづらいけど・・・

その慣れないオープンソース(無償)のLinuxで動くアプリケーションを体験するにも、僅かな費用で専用機が手に入ります。
いくつかのLinuxはRaspberry Piでも動きますし、公式のOSでもたくさんのソフトウェアを利用できます。

raspbian-rs11

インターネットに繋がれば、webサービスを利用するのは同じです。

ただ、快適性を求めて居る人には向きません。安価な分、性能は劣るからです。
それでもRaspberry Pi 4ならば、メモリーを4GB、8GBも積んだモデルが発売されています。4K出力にも対応していることから、速度以外の面では無理なく扱えるようになってきました。

特にLinuxでオススメなのはUbuntu MATEです。

Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた
RaspberryPiもバージョンを重ねてとうとう4になり...

日本語化も速度もかなり申し分ない動きだと思っています。

実用的ではないOSも多いですが、Raspberry Pi で動くOSを一挙にまとめた記事が人気です。

Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!
Raspberry Pi で動作するOSは、公式のRasp...

Raspberry Pi 4で動くOSもまとめてみました。

ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS
2019年に登場したRaspberry Pi 4 mode...

\ ラズパイダからのご案内:最初はすぐに始められるセット品が便利! /

Rasberry Pi 4B キット
NewLife NewDesing
¥10,980(2020/12/02 19:40時点)
 電池で動く携帯ゲーム機に!「 GPi Case Pi Zero Wセット」は貴重なZero W付
 細かい部材をまとめて「 電子回路実験用キット」(在庫限り)

どのモデルを買うべきか?

実はRaspberry Piと一口に言っても、いくつかモデルがあります。1つじゃないんです。

どのラズパイを買うべきか? Pi4、Pi3B+、PiZeroWの比較
現在購入可能なのRaspberry Piのラインアップには...

このご時世なので、入手困難なモデルも多いため、初めてならばRaspberry Pi 4がオススメです。手に入りやすいのは4GBモデルです。

ラズベリーパイ(Raspberry Pi )の購入方法
Raspberry Pi 本体を購入する際の情報をお届けし...

習うより慣れろ

Raspberry Piのような基板だと、自作パソコンのノリです。苦手な人が殆どでしょう。それでも扱ってみると、ある程度は簡単にできて拍子抜けするかも知れません。

興味が沸いた時点OKです。
勉強ではなくトライアンドエラーで慣れてしまうと覚えるものです。

最低限に必要なのは、Raspberry Pi 本体とそれを動かすためのUSB接続の電源アダプター、OSを入れるmicroSDカード、テレビやモニターと繋ぐHDMIケーブル、余っているキーボードとマウスです。

仮に新規で揃えても約1万円強です。(※モニター別)

専用の家電を買うより大幅にコストダウンのうえ、冒頭のようにこれらの知識やスキルの学習が可能です。慣れないコマンド操作なども、意外と便利なことに気が付くと思います。

このサイト「ラズパイダ」以外にもたくさんの例がインターネットには点在しています。書籍も多数出ています。

この機会にRaspberry Pi を代表するIotデバイスのプロジェクトにトライしてみませんか? (プロジェクト・・・海外ではRaspberry Piで何か構築するのもプロジェクトです)

コメント

タイトルとURLをコピーしました