キーボード一体型Raspberry Pi 400日本語版が国内で販売が開始されました。
スポンサーリンク

Raspberry Pi を始めるのに費用はいくらから?

Raspberry Piはいくら?Raspberry Pi モデル別
Raspberry Pi モデル別

Raspberry Pi は安いと聞いたけれど、実際はいくらで使えるの? こういう素朴な疑問は皆さんがお持ちでしょう。

答えは、一言で言えば、およそ1万円程度です。

デスクトップやノートパソコン、タブレット端末などとは違い、お持ちのデバイスとはまた違ったことができます。

Raspberry Pi は本当に低コストです。

決して万人受けするわけではないRaspberry Piは、自分自身で何かを構築したい、作りたいという人には打って付けです。

習うより慣れろの精神で、トライアンドエラーをして楽しんでください。

スポンサーリンク

Raspberry Pi 基本のハード構成

Raspberry Pi を買うのには、必要な物が揃ったセット品で買うか、個別に揃えるかのどちらかになります。

基本の構成から、別々に購入する時の参考にしてください。

Raspberry Pi 本体

もちろん、これが無くては始まりません。Raspberry Piはナンバリングで大きい数字が最新です。

2021年ではRaspberry Pi 4 model Bになります。

ラズベリーパイ4
Raspberry Pi 4B

他のモデルも多数存在します。

手に入りやすいのは、4の前のRaspberry Pi 3B+、基板のサイズが小さいRaspberry Pi Zero 系があります。

これから始める人にとっての本体というと、最新機種で考えて構いません。

他はいずれも現バージョンより低スペックであったり、流通量が少ない場合がほとんどです。

ACアダプター

Raspberry Piの本体は基板だけです。これでは動作しません。必要な物を揃える必要があります。

特に電源アダプターは必要なアンペア数が決まっています。Raspberry Pi 4は5V3Aが必要です。

よく、Androidスマホの充電器で代用しようと考えている方も多いと思います。スマホ用だと1Aしかない場合がほとんどです。タブレットだとしても2Aがせいぜいです。

PSE認証 5V 3A”の記載を確かめてください。

Raspberry Pi Zero系ならば1Aでも大丈夫です。Raspberry Pi 3B+なら2.5A、Raspberry Pi 4Bなら3Aです。

価格は1,500円前後の物が多いので、それが目安となります。

Qualcomm Quick Charge 3.0:最新、最速、そして最も効率的なUSB充電技術。従来の充電器に比べ4倍の速さでの充電が可能となり、対応機器をわずか35分で80%充電可能です。

microSDカード

メモリーカードというのは相性問題が多い製品のひとつです。公式に確認が取れていたメーカーであっても、個体差で不具合もあります。分かりにくいですが、目安となるのは価格です。あまり安すぎるのは経験から不具合に遭うことも多いと思います。

また、メモリーカードというのは株の相場のように価格が短期間に上下する製品です。

容量にも依りますが、千円台が良いでしょう。Raspberry Pi OS は8GBから動作します。32GBは欲しいところです。

もう一つ重要なのが速度です。現在、主流のClass10  (最大転送速度40MB/s)に対応し、そう記載がある物を選ぶと良いでしょう。パッケージに記載が無い物は避けた方が良いですね。

モニター

Raspberry Piも一般的なパソコンのように、HDMIケーブルを使いPC用モニターに繋ぐのは同じです。

HDMIコネクタの形状が通常と異なります。Raspberry Pi 4はmicroHDMIです。

変換コネクタも販売していますが、あまりオススメできません。

マウス・キーボード

学習を兼ねるなら専用のマウスとキーボードを用意しても良いと思います。

何かの仕組みで運用する場合は、マウスなどの入力機器は最後は取り外すと思いますので、1組分を用意しておけば楽だと思います。

購入するなら、せっかくRaspberry Piが場所を取らないので、キーボードが大きいよりは省スペースサイズがオススメです。

ケース

基板が剥き出しなのは心配だと思います。様々な収納するケースが販売されています。好きな物を選んで構わないです。Raspberry Piのモデルによって形状が少し異なりますので、対応品の確認はしてください。

価格は手頃な数百円〜2000円が多いです。放熱性が高いアルミ合金でも2000円台からあります。

セット品を購入すればケースも付いているので心配は要りません。

ケースを3Dプリンタなどで自作するのも楽しそうですね。

スポンサーリンク

セットの方がお得の場合も?!

必要な物の中で、モニターやマウス・キーボードは使い回すこともできます。余分にあれば必要ありません。

Raspberry Pi本体以外を別々に購入するより、最初はセット商品の方がお得になります。

それに手持ちに何もない場合は、先ずはセットで揃えた方が無難です。大きなこだわりがなければ、全く過不足がないセット品がほとんどです。

私がRaspberry Piを始めた時は、こういったセット製品はほとんどありませんでした。アレコレ探すよりも簡単なのでオススメしています。

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

スポンサーリンク
■ラズパイダからのお知らせ
最初はセットになった商品がオススメ!

Raspberry Pi 4Bが発売されてから、セットアップも簡単になってきました。
とはいえ、ラズパイは基板として売っているため、まだあまりよく分からない方がバラバラに必要な物を購入するのは大変です。
初めの頃は何が良いのかも分かりません。

ラズパイダでは、たくさんのRaspberry Piを購入してきました。ケース1つにしても色々とメリット・デメリットがあります。

慣れるまではセットになった商品で善し悪しを含めてトライしてみてください。

オススメをまとめました。

ラズパイダ

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました