作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

sshコマンド——他のマシンから接続

Raspberry Pi 何ができる

SSHでアクセス

ターミナルにてSSH接続(MacのターミナルまたはWindowsのPutty)します。

ssh pi@192.168.0.8

パスワードを訊かれたら初期は「raspberry」です。

 

書式は以下です。

ssh 接続先のログインユーザー名@接続先のローカルIPアドレス

ローカルIPアドレスは一般的に192.168..で始まるローカル環境です。ネットワーク・アドレス*に入るのは、ルーターと同じ番号です。

 

ルーターが192.168.0.1ならば同じように0とします。
ルーターが192.168.24.1ならば同じように24とします。
ルーターが192.168.1.1ならば同じように1とします。

 

192.168.0〜までがネットワーク・アドレスであり、最後の部分がホスト・アドレスです。

 

ホストアドレスの*に入るのは任意の他と重ならない番号です。サブネットマスクが255.255.255.0ならば、入れられる任意の番号は、2〜254です。(一般的に1はルーターのアドレスであり、255はブロードキャストアドレスのため)

IPアドレスの解説はこちら

IPアドレスとサブネットマスクを理解しよう!
IPアドレスとサブネットマスクを理解しよう! IPアドレスはドットで区切られた4つの番号で管理します。 3つ目のドットまでがネットワーク・アドレス、最後がホスト・アドレスです。 (また、初め...(続きを読む)

SSHのコマンドでもしもエラーが出たら?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

そのIPアドレスは別のに使われていました。そのため一旦、そのIPアドレスで設定されていた認証ファイルを削除します。

sudo ssh-keygen -R 192.168.0.8

管理者権限で実行します。
これでもう一度SSHのコマンドを使ってアクセス可能になります。

ホスト名でアクセス

Raspbianにホスト名を設定してあれば、そのホスト名でもアクセス可能です。

仮にtestというホスト名にした場合のSSHコマンド

ssh pi@test.local

 

.localを付け忘れてしまうことが多いので気をつけましょう。IPアドレスを指定した場合と同じになります。

こちらの記事もオススメです♪
Raspberry Pi
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント