特集/大幅に進化したRaspberry Pi 4 model B

Raspberry Pi 4B

2019年6月24日にRaspberry Pi 4 model Bが発表&(海外では)発売されました。前モデルRaspberry Pi 3B+から大幅に性能がアップし世界に衝撃が走りました。日本でも24日はTwitterで「ラズパイ」が急増ワードになりました。

国内でも2019年12月に流通し始めておりRaspberry Pi 4Bは容易に手に入ります。

噂されていた以上にほぼ全ての性能が向上され、新たな機能や一部仕様の変更も見受けられます。

これまで通りのバージョンアップでは無いため、変更点や性能面の違いが分からない人も多いと思います。様々な切り口で解説・説明をしてみます。ご参考にしてください。

リリース第一報

私は2019年6月24日の日本時間午後3時に発表に気が付きました。その直後に書いた記事が以下です。

https://raspida.com/rpi4b-release

Twitterでも盛んにやり取りが行われていましたね。

少し前にラズパイ4に関しては噂がありました。動画はエイプリルフールネタではないかと言われていました。記事は2019年2月に読んでいて、今読み返すと当たっていないのは2020年初めの発売とされていることくらいで、ほとんど当たっていましたね。

Release Date: Not Coming in 2019
Pi fans who have been hoping for a new Pi 4 this year will be disappointed to learn that there is no way it's coming out earlier than 2020.
"I don’t have a route to do something this year," he told us. "I think we kind of understand what featureset we want [and] what would be involved in getting that featureset. I don’t think we have a defined plan for turning that into a product yet."

https://www.tomshardware.com/news/raspberry-pi-4-everything-we-know,38539.html

これだけは予想(?)が外れて嬉しいです。

厳密には2019年2月に発売したかったけれど、開発が遅れて伸びたというのが実際で、2020年から早めた訳ではないです。

Raspberry Pi財団CEOインタビュー記事を読むと、CPUの設計が40nmから28nmへ変更になった点も時間が掛かったようです。更に基板の横の長さが5mm大きくなってしまっていたのを何とかこれまでと同サイズに収めることも解決に時間が掛かったとありました。

私が個人的に聞いた話では、4月頃から量産体制に入っていたので、3月にはほぼ開発は終わっていたと推測できます。夏に発売予定と聞いていたものの6月下旬に間に合うとは思いませんでした。

ちなみに日本での発売はもう少し先です。

技適通過はRaspberry Pi Zero Wの時のようなことは無いと思いたいですが全く読めません。最低でも2ヶ月くらいかかるか、仮に差し戻されて修正する場合は半年以上はかかるでしょう。秋口〜年内には手に入ると想像しています。

Wi-Fiは3B+と比べてほとんど変更されていないから技適を蹴られる可能性も低いと思いたい。

(Raspberry Pi Zero Wの時は1、2回は蹴られてやり直したと思われ、日本での購入は発表から半年以上も待たされたと記憶しています)

日本での発売日と気になる価格

過去の例からいつ頃に日本でも購入できるようになるのか、価格も合わせて考えてみました。

https://raspida.com/whenhow-rpi4b-jp

ラズパイ4はどこで購入できる?

「ラズパイ4はどこで買えるの?」とよく訊かれます。発表があったとはいえ日本ではまだ発売日未定ですから発売されて安定供給するまでは日本の販売代理店の販売で手に入れることになります。

ある程度安定され始めれば(供給が追いつけば)様々なお店で取り扱うため、販売価格やサービス内容で選べるうえ、パソコンを扱っているお店ならば量販店でも購入が可能になります。

海外から直接購入することも可能です。

海外からの場合はイギリスの2店舗くらいしか日本へ発送してくれません。それに日本で未発売の場合は国内の技適を通過していないので、基本は使用すれば違法扱いです。日本での販売を待った方が無難です。

日本での発売は、KSYがRaspberry Pi メーカーの1つであるRSコンポーネンツの代理店ですから、そちらを確認してください。

以前にもラズパイの購入方法は記事にしています。

https://raspida.com/how2buy-rpi

メモリー容量で選べる

今度のRaspberry Pi 4Bは、搭載メモリーを選べるのが特徴の1つです。

https://raspida.com/rpi4-memory-lineup

これまで歴代のラズパイを利用してきたのなら、やっぱりメモリー4GBでPCライクに使ってみたいですね!

https://raspida.com/test-rpi-desktop-env

公式OS「Raspbian」バージョンアップ

ラズパイ4Bの発売に合わせてラズパイ公式OSの「Raspbian」もバージョンアップしています。

今度は「Raspbian Buster」

Debianのコードネームを使っています。

https://raspida.com/raspbian-codename

StretchからBusterへ使い勝手が向上しているでしょうか。早くラズパイ4Bで試してみたいです。バージョンアップ情報はこちらからどうぞ。

https://raspida.com/verup-raspbian-buster

各機能の詳細

今回のラズパイ4は大幅に変更されているため、1つずつ細かく調べてみました。

(別記事を更新した後、随時こちらに掲載していきます)

スペックの比較

前作のRaspberry Pi 3B+と比較してみました。

https://raspida.com/compare-rpi4b-3b

ラズパイ4BのGPU

4Kとデュアルモニター対応で驚きました。

https://raspida.com/rpi4b-gpu-4k

新しいラズパイの使い方として

https://raspida.com/rpi4b-being-a-pc

総務省のデータベースに登録されました

毎日のように検索していた総務省のデータベースに、9/29頃に掲載されているのを確認しました!

総務省のデータベースに掲載されたRaspberry Pi 4

Twitterで調べると9/27の夜にツイートが存在しています。私が確認できたのは9/29夜のことです。

Raspberry Pi 財団で認証結果が公示されました

11/19未明に気が付きました。コンプライアンスのページが更新され、日本が追記されています。

ここに表示され、日本の総務省のデータベースにも既に掲載されているため、全く問題無く発売されます。
実際、最初のロットは外箱やリーフレットに技適マークが印刷されるだけです。基板はUKのそのままなので、法律としても現在手に入るUK版でも違法では無くなりました。(基板が改修されていれば別)

ラズパイ本体は既に生産しているUK版がありますから、箱の印刷次第で順次に日本の代理店にも卸されると思われます。11月下旬からこれまでよりも容易に手に入るでしょう。

コンプライアンスのページを見ると、なんとRaspberry Pi 3A+もシッカリとJAPANとありPDFが確認できました。9/19認証済み。

一緒に3A+も流通し始めると一気に楽しくなりますね!

大手代理店KSYで販売開始

国内のRaspberryPi販売では目安となるRSオンラインの代理店KSYがRaspberryPi4Bを2019/11/22から予約開始しました。

また2019/11/26から通常販売されます。

価格はKSYでRaspberryPi4GBが6,600円(税込)他の販売店では7,700円〜9,800円の間で販売されています。

なお、1GB、2GBモデルは順次販売される見込みです。

セット品を検討される場合、本体以外の内容物で選びましょう。

レビューしました

https://raspida.com/basicset-newlifenewdesing

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

    • jazzwalker
    • 2019.12.10

    早速、4Bを手に入れました。ですが、microSDカードからの起動は上手くいきましたが、USBメモリからの起動が出来ませんでした。3B+では出来たのに…。この4Bではサポート外なのでしょうか?

    • ラズパイダ
      • ラズパイダ
      • 2019.12.10

      私はまだ試していませんが、更新がまだでは?

      ネットワークとUSBブート
      これらの追加のブートモードのサポートは、オプションのブートローダーの更新により将来追加されます。現在のスケジュールでは、最初にネットワークブートをリリースしてから、USBブートをリリースします。

      https://github.com/raspberrypi/rpi-eeprom/blob/master/firmware/release-notes.md

        • jazzwalker
        • 2019.12.10

        少し安心しました。ご回答ありがとうございました。

        • ラズパイダ
          • ラズパイダ
          • 2019.12.13

          海外のサイトでは、microSDカードとSSDという形で実現していますので、恐らくそれはUSBメモリーでも可能でしょう。
          しかし、もうすぐブートローダー側で対応するので、そうしたらmicroSDカードは要らない?のかな。
          PCみたいにインストール先を選べるのではないでしょうか。まだ試したことがありません。
          3B+までと同様になるとリリースノート関係に書いてありました。リリースは年初くらいでしょうか。

最近の記事 はじめて向け
  1. キーワード”ラズパイダ”をGoogleで検索しないでねって話

  2. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  3. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  4. OMV5のアップデートエラー回避

  5. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  2. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  3. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  4. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  5. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  6. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP