ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

ラズパイのOS

ラズパイを買ったものの今は埃を被っている人も一定数いらっしゃると思います。ラズパイは電子工作やもの作りといったガチな物だけではなく、単にOSやアプリケーションとの組み合わせだけでも楽しめます。

そもそも汎用性があるのが強みで、何かの機能に特化させても充分楽しめるようにできています。いわゆるPCではないため、試作品のような位置付けですが、中には実用性があるように構築することも可能ですね。

特化したOSは、Raspbianを元にしたカスタマイズOSのこと

この「ラズパイダ」を運営していて、様々なコメントからお問い合わせをいただいたり、メールをいただく機会があります。(いつもありがとうございます!)

皆さんが難しいなと思っている部分はとても理解できるのですが、ラズパイならではのことではなく、Wi-Fi、ネットワーク構築、プログラミング部分、という、どちらかというとこれまでのPCでの技術や情報の場合が多いですね。

私も教える程の技術は持ち合わせていませんが、そういうワークショップって需要があればやってみたいですね!

やはりメディアサーバーが実用的?!

色々と楽しめる中でも公式のOSであるRaspbianではなく、専用の機能に特化させたOSを導入することで比較的簡単に実用的になります。

特化したOS例

上記リンク先は公式ページです。

上記リンク先は公式ページです。

このサイトでもネットでもメディアサーバーの記事が多いように思います。それもそのはず、かなり本格的に利用できるからだと思います。それも簡単にです。

ミュージックサーバーならVolumio、ビデオ・画像の再生ならLibreELECやOSMCなどが実用的です。

OSとしてダウンロードし、起動後に設定だけすればOKというのは、非エンジニアには助かります。もちろん、MPD(ミュージックプレイヤーデーモン)のMopidyなどソフトウェアを導入して細かく自分好みにするのも手です。

Speaker pHATをMopidyでiPhoneから操作してmp3を再生する携帯ミュージックボックス化(後編 hostapdインストール)

Volumioなどは思うようにカスタマイズはできないのですが、その分は安定しています。自分ではできないような機能もありますから助かります。

一方でMPDを導入する場合は、自分で何かの仕組み(GPIOや他のアプリケーションとの連携)を使いたい場合、MPDならある程度は思うように連携させられます。

だから、初めてRaspberryPiを使う人は、Raspbianをデスクトップとして使う他に、パッケージのように用意されたOSを使って、それを楽しんで欲しいと思っています。

基本は試作機

皆さんがラズパイを使っていて思うのは、やっぱりPCではないということです。

教育目的と言われるように、プログラミングや電子工作として本体から制御出来るという自由度がありますから、そこが魅力的です。

Scratchと子供達

但し、「何でもできる≒アクセスできる機能がある」ということは不安定にもなる側面があります。

これはPCには無い部分です。

Appleの製品は顕著です。ユーザーに触らせないようにガチガチにしています。サポートできない面もありますし、思想として「こうやって使ってくれ」という制約があるから実現できる機能もあるからです。

Windows系は比較的にカスタマイズが可能なので、ユーザー自身でシステムをおかしくしてしまうことが多々ありました。

その点、ラズパイはもっと自由度が高いので、ソフトウェア的に壊すことも可能です。

だから、アレコレ試すには非常に都合が良いプラットフォームなんですよね。本体基板の価格もPCと比べれば格段に安いため、損害はある意味小さいです。

特に産業用途では、現場に合った仕組みを試行錯誤したいでしょうから、本格的な機器の導入前に試作機として有効です。
ほら、現場によって優先度って異なるじゃないですか。

完成度を求めない実用性

製品版を購入したような完成度が高い仕組みというのはラズパイでは求めてはいけないと思います。しかし、その反面、個人としてのもの作りや簡易的な意味でメーカーとなることができる可能性もあります。

DHT11温度センサー

自分の期待した通りの製品って少ないのは当然です。 個々に考えが異なりますからね。

オリジナルの仕組みや、限定的な機能だけ欲しいなら、ラズパイで実現した方が早い場合もあります。

個人的にはオーディオには詳しくありませんから、高価なシステムは必要ありません。かといって、そういう仕組みが欲しいというのは素人なりにあります。

だから、VolumioにしてもMPDを手軽に扱えて、自分好みにあつらえられるラズパイって魅力的なんです。作り上げる楽しみもありますし、それが上手く生活に溶け込んでいたらご満悦です!

上手く動作しない時もあるようなシステムって本来はダメですし、製品版としてお金は取れません。完璧はないものの、それに近付かないと仕事になりません。

ラズパイって結構、イイ加減で仕組みを作っても、それなりに満足できてしまうのが面白い所です。

人も同じです。完璧を求めたら苦しいので、満足できればそれでOK!

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

自分なりの実用的なシステム

では、実用的なシステムって何でしょう?

これは人に依りけりです。

自分の生活スタイルの中で、困っていることはたくさんあると思います。その中で、もしも機械=Raspberry Pi で解決出来ることが僅かでもあれば、作ってしまいましょうよ。

自分だけでも便利だなと思えればOK

多少でもストレスが減るか、気持ちよく生活できるようにオリジナルを考えましょう。
その中で、前述のように以下の3点を原則にすると気軽に始められます。

個人のシステムソリューション心得?

  1. いつまでも試作機でいい
  2. 完成度を求めない
  3. 安価に構築する

では構築例からご自分の生活に置き換えて想像してみてください。

構築例

参考になるか分かりませんが、私の構築した例と、アイディアをご紹介します。

金魚に餌をあげるだけのシステムは時々ガバっと出てしまうが便利

サーボモーターSG90とRaspberry Pi Zero WHで金魚にエサをやる

これ、意外と簡単で安価でした。でも、時々予想だにしない量の餌が出てしまうこともあり、改良を施し続けています。

しかし、これで家を留守にしても、金魚さんは丸々と太っているっていうワケですから成功です!不格好だけど、別に売り物ではないし気にしません。

同じようにペットの餌には使えます。

もちろん、草木の水やりも同様な考え方で可能です。どちらかというと草木なら栄養剤の注入とか、あまり頻度が少ないけど忘れないでおきたいことは便利かも知れません。

自室が音楽に溢れる快適空間に

moOde audio playerとラズパイゼロWでSpotify Connectとローカルファイルを楽しむ

これは大成功で誰でもできるシステムです。SpotifyConnectだからスマホもPC/Macも占拠しません。操作以外は単独で動作します。

消費電力も僅かなため、ずっと小さな音量でBGMとして流しています。

このRaspberry Pi Zero Wに直接操作するボタンを付ければ、完全に独立しますね。それは次に作ろうと思っています。これで↓

Pirate Audio 4種発売(Pimoroni製)

鍵を開け閉め

これはまだ構築していません。

以前から自宅の鍵をスマホで開け閉めするスマートロックなる製品が発売されています。これ、Raspberry Pi で作れますよね。

サムターンを回せる強さのモーターを制御して、ラズパイに開け閉めの指示を与えて回す。仕組み自体は金魚に餌をあげるのに仕組んだ物と考え方は同じです。単に回すだけ。

これをスマホから操作させるとかもできます。何よりも、玄関まで行かなくても手元でポチっとして開けられることに魅力を感じます。

スマートロックもまだ気軽に買える価格ではないので、RaspberryPiで代用できるとステキです。

クリスマスのイルミネーション

これは意外とプログラム部分は初心者には少し難しいかも知れません。

クリスマスツリーのイルミネーションをRaspberryPiとLEDで制御して、思い通りの発光パターンで楽しむというのもいいでしょう。

音楽を一緒に流すのもステキです。

これは300個ととても多いですが、少ないのも売っています。

制御するために必要なライブラリがあるWS2812Bが簡単でしょう。

https://github.com/richardghirst/rpi_ws281x

あと、5Vってのも大事です! RaspberryPi4Bなら5V3Aですから。

今冬はこちらも試作して楽しみたいと思っています!

最後に

細かな機能のある製品版も安価に購入出来るようになったので、無理して自分で構築する必要もないかも知れません。

それに特化したOSがあるような仕組みは、素直にそのOSを使ってみましょう。結構満足するものですよ。

機能に特化したOS → Raspbian+プログラミングコード

それでも自分の思ったように振る舞えるシステムが欲しいなら、RaspbianOSを元に必要なライブラリやアプリケーションをインストールして、Python等を使ってプログラミングコードを書きます。

難しい反面、自分で構築した!というのは満足感が高いです。

お金で買えるものも良いけど、経験はプライスレス!

このサイト「ラズパイダ」以外でもネットにはたくさんのアイディアや構築例があります。出来そうなことからトライするのに、RaspberryPiは比較的に安価です。ぜひ!

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  2. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  3. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  4. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  5. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  6. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP