スポンサーリンク

SoftEtherVPNオープンソース版が64bit版に対応

softether-vpn64-titleニュース
ニュース

「SoftEther VPN」は筑波大学の研究プロジェクトで、無償で利用できます。別途、有償版もあります。かなり古くからあるソフトウェアで、現在は"Apache License 2.0"ライセンスです。

マルチプラットフォームで動作します。対応OSは、Windows、Linux、macOS X、FreeBSD、Solarisです。

2021年6月7日、Linux環境でもARM64 64bit版に対応しました。

Raspberry Pi OSの64bit版は現在ベータ版で正式に公開されていません。今お使いのRaspberry Pi OSは32bitなんです。

Raspberry Pi 4にはUbuntu Desktopがインストールできます。これが64bit版UbuntuだとSoftEtherVPNオープンソース版は利用できませんでした。(どちらも32bit版はあります)

これでRaspberry Pi OSの64bit版がリリースされたとしても大丈夫ですね。

スポンサーリンク

ダウンロード

SoftEther VPN プロジェクトのページから、メニューのダウンロード → SoftEther VPN のダウンロードを開き、ダウンロードセンターでダウンロードします。

ラズパイ4のUbuntu(64bit版)にインストールするには、コンポーネントをSoftEther VPN Server、プラットフォームはLinux、そしてCPUをARM 64bit(64bit)と選び、表示されたtar.gzファイルのリンクでダウンロードします。

ソフトウェアはmakeコマンドmakeして、コマンドベースのインストールウィザードでインストールできます。

スポンサーリンク

ネットワーク系は難しい

私のようにあまり詳しくない非エンジニアにすれば、ネットワークというジャンルは難しい。

VPNの仕組み、ルーターの設定(ポート開放)、他のマシンにクライアントソフトの導入、最後にそれぞれ設定しないとなりませんから、とても難しく感じると思います。

クライアントがWindowsであれば、「SoftEther VPN Server Manager for Windows」という管理ツールがありますので、そちらからサーバー側の設定が可能です。(macOSも)

一方で、クライアントがラズパイ等のLinuxだと、これまたクライアントソフト側の設定とネットワークの設定をコマンドウイザードで行うので敷居は高くなります。

VPNは他にもある

以前にご紹介した「ラズパイとPiVPNで、手軽にVPNサーバーを手に入れる」も難しい部類に入るかと思いますが、感覚的にはPiVPNの方が導入しやすかった印象です。(大して変わりませんけど)

私も深くは理解できていませんが、ネットワークという目に見えない概念だけに、少しハマってエラーになると、なかなか抜け出せませんね。

キモは、仮想ブリッジ(br0)を構築して、それを既存のローカルブリッジとして繋げることです。

と、文章で書いても伝わりません。一度、仕組みというか概念のようなイメージができると、自分が何を設定しているのか把握できると思います。私も昔に少し資格を取ったとはいえ、未だに勉強中です!

上手くまとめられたら、ラズパイダでもご紹介したいです。

Ubuntu64bitや、今後リリースされるであろうRaspberry Pi OS 64bitでもSoftEtherVPNが使えるよ、というお話でした。

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

スポンサーリンク
ラズパイダ

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました