USB起動のRaspberry PiでアクセスLEDを点滅をさせない方法

polling-green-led
公式Raspberry Pi OS

Raspberry Pi OSをmicroSDカードではなく、USB接続のSSDドライブやUSBメモリーから起動していて気が付いたことがありました。LEDランプの点滅がずっとあることです。調べてみると、どうやらmicroSDカードが存在するかどうかをチェックでアクセスしているからです。

ずっと点滅を繰り返すので、止める方法をご紹介します。ほぼ自分の備忘録です。

スポンサーリンク

アクセスランプの点滅(グリーンLED)

Raspberry Piには赤と緑のLEDが付いています。ザックリ言うと赤が電源用LED、緑がアクセス用のLEDです。

通常は何かにアクセスしている時に緑色のLEDが不規則に点滅します。

しかし、USB起動させたRaspberry PiにはmicroSDカードを挿入していません。それでも、USB起動を辞め、改めてmicroSDカードを挿せば、microSDカード側のRaspberry Pi OSが立ち上がる仕組みです。

そのために起動したらmicroSDカードの存在をチェックする必要があるわけです。

現段階では、ずっとチェックが行われるために一定間隔で点滅します。これが暗くなると目障りでしたて・・・。

一応、CPU使用率が約1%は減ります。(僅かですが)

サクッと停止させます。

スポンサーリンク

config.txtへ追記

/boot/config.txtに1行を追記すれば完了でした。

Raspberry Pi 4用

dtparam=sd_poll_once

Raspberry Pi 3より前はこちら

dtoverlay=sdtweak,poll_once=on

いずれ修正されるか?

パラメータ指定の言葉の通り、1度だけチェックすることになっています。本来はこれで良いと思うんですけどね。

起動シーケンスが終われば必要無いので、なんとなくバグというか未対応のままのような気がします。

近いうちに修正されるかと思われますが、ちょっとウザイ点滅だったので追記して止めました。

同じような人は試してみてください。

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました