\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

USB起動のRaspberry PiでアクセスLEDを点滅をさせない方法

Raspberry Pi OSをmicroSDカードではなく、USB接続のSSDドライブやUSBメモリーから起動していて気が付いたことがありました。LEDランプの点滅がずっとあることです。調べてみると、どうやらmicroSDカードが存在するかどうかをチェックでアクセスしているからです。

ずっと点滅を繰り返すので、止める方法をご紹介します。ほぼ自分の備忘録です。

この記事の主な流れ

アクセスランプの点滅(グリーンLED)

Raspberry Piには赤と緑のLEDが付いています。ザックリ言うと赤が電源用LED、緑がアクセス用のLEDです。

通常は何かにアクセスしている時に緑色のLEDが不規則に点滅します。

しかし、USB起動させたRaspberry PiにはmicroSDカードを挿入していません。それでも、USB起動を辞め、改めてmicroSDカードを挿せば、microSDカード側のRaspberry Pi OSが立ち上がる仕組みです。

そのために起動したらmicroSDカードの存在をチェックする必要があるわけです。

現段階では、ずっとチェックが行われるために一定間隔で点滅します。これが暗くなると目障りでしたて・・・。

一応、CPU使用率が約1%は減ります。(僅かですが)

サクッと停止させます。

config.txtへ追記

/boot/config.txtに1行を追記すれば完了でした。

Raspberry Pi 4用

dtparam=sd_poll_once

Raspberry Pi 3より前はこちら

dtoverlay=sdtweak,poll_once=on

いずれ修正されるか?

パラメータ指定の言葉の通り、1度だけチェックすることになっています。本来はこれで良いと思うんですけどね。

起動シーケンスが終われば必要無いので、なんとなくバグというか未対応のままのような気がします。

近いうちに修正されるかと思われますが、ちょっとウザイ点滅だったので追記して止めました。

同じような人は試してみてください。

Ubuntuの場合

再開したTwitterで確認したところ、休止していた時期にコメントをいただいていました。

Ubuntuで同じことを試すのに、config.txtの場所の違いに言及されています。そうなんです。Raspberry Pi OSとは異なります。

/boot/firmware/config.txt

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ