作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

ラズパイを賢く買う方法——セット品とパーツ品

セール品 ノウハウ(know-how)
スポンサーリンク

Raspberry Pi 3B+は新しいため、あまり割引価格にはなりません。元々、単価は低いので実売価格でもそれほど負担にはなりません。

そうは言っても買うなら安い方がいいのは当然です。

そこで、当ラズパイダはAmazonのセールをオススメしています!

信頼できる業者

ただ、Amazonは商品によってはいい加減な業者も多いのも事実・・・。そのため自身が購入して良かった商品と業者のRaspberry Pi をラズパイダとしてオススメしています。

 

これが分かりにくい。仮に某国の業者だとウソ?のレビューも多いからです。これはAmazon自体の問題でRaspberry Pi 特有ではありません。しかし、Raspberry Pi のパーツ品などは某国製品が多いので、どうしても避けられませんね。

 

注意点としては

  • プライムマークの付いた商品にすること
  • 特定商取引法に基づく表記で会社が海外か確認すること

 

プライムなら保証されます。日本に在庫があるので最短で翌日届きます。

海外の会社が全てダメとは言いません。しかし、不具合に遭う割合が非常に高いのも事実です。中身が違うとか、そういったトラブルも経験しています。

どうしても日本の会社の信頼度が高いので、販売価格はそれほど変わりませんので、多少は高くても安心できる業者さんを見付けてください。

 

当ブログでオススメしている業者は、少なくても個人的には大丈夫だった業者さんです。

セールを利用

今日、Amazonで毎月開催されているタイムセール祭りで購入されました?

ケースのセットとコンプリートキットが安くなっていましたね。やはり単品よりも何かとセットの方が割引されやすいです。

 

今回のセール割引率は14%(1,000円引き!)もあり。

この割引でmicroSDカード代も出ますよね。

 

既にRaspberry Pi を始めている人は、いくつか周辺機器もあるでしょう。それでもケースセットで買い増しする方が良いと思います。

仮にケースを変わった物に変えたいからといって単品で購入しても、結局ケースが足りなくなることがあります。これはmicroSDカードもUSBケーブルも、そして電源アダプターも同じです。

 

microSDカードに至っては、相性問題がありますから余計に足りなくなることがあるんですよ。当ブログ推奨の安心できるmicroSDカードの記事も是非、読んでみてください!

Raspberry Pi 3modelB+で安心して使えるmicroSDカードはこれだ!

セットBOX品は最初に最適

ラズパイ本体以外で重要なのが電源アダプターです。

電源アダプターはRaspberry Pi 3B+では5V2.5A以上を推奨されています。Raspberry Pi 3B+を何に利用するのかよっては2.4Aでは足りません。

これもセット品ではアンペアが低い製品であったり、電源アダプターそのものの品質が劣るセット品もあります。・・・だから価格が安かったりします。

 

高ければ品が良いのは当たり前なので、コストパフォーマンスを考えたらセット品でも1万円以下を探したいところです。

これはいくつか買ってみた経験です。

いくつかのRaspberry Pi セットBOX商品の比較をしてみた!
AmazonだけでもRaspberry Pi に何かを付けたセット商品がたくさんあります。これらセットの内容とコストパフォーマンスを比べてみました。 人により必要な物が多少違いますが、初めてRa...(続きを読む)

 

ここでもオススメしているPhysical Computing Labのセット品は電源アダプターがネックなんですよね。microSDカードが16GBで良ければ、とてもコストパフォーマンスが高い商品ではあります。

それでも個人的には、ノーマルRaspberry Pi 3Bにセット品の電源アダプターは使い、別途で電源アダプターを購入しました。

 

CPUに負荷を与える動画再生マシンを構築したい場合は、別のセット品を買うか、ケースセットとして買って、別途に電源アダプターを買うかしてください。

7色から選べるこのケースがイチオシです!

最後に

Raspberry Pi で何か作ると分かるのですけど、作り上げた基板本体と周辺機器はそのまま使います。そうなると、他に転用できません。また全てを購入することになります。

私のようにマニアックに使うなら、1台をmicroSDカードだけ変更して使い回すという面倒なこともします。イメージで保存しておけばまた使えますからね。

Raspberry Pi のOSをイメージで保存してmicroSDカードを使い回そう

 

そういう人もあまり居ないでしょう・・・。だから、セット品をオススメしているというわけです。

 

ただし、1つあれば良い物もあります。それRaspberry Pi Zero系で使うmicroUSB変換プラグなどです。

これはセットアップの時だけに使うようなものなので1つずつあれば問題ありません。

 

最低限必要なのは、本体とケース、microSDカード、そして電源アダプターです。

ディスプレイやキーボード、マウスは使い回せますし、そもそも無くてもネットワーク経由(SSH経由)ならインストールも含めてセットアップも出来てしまいます。

まぁ、ケースは当ブログでも自作しているように、必須でもないかも知れません。

 

いくつかRaspberry Pi 製品で何か作るなら、先ずはセット品、そしてケースセットか電源アダプターセット、その順番がコストパフォーマンスは良いでしょう。

 

今日のセールはもう終わってしまいます。ただ、Amazonは毎月のように何かしらのセールもあり、業者単独のセールもあります。また、年に2回は大きなセールがあります。

7月の「プライムデー」

12月の「サイバーマンデー」

 

こういったセールを利用してmicroSDカードと電源アダプターは買い増ししています! このブログでもご紹介していきます。どうぞチェックしてみてください。

ご意見・ご感想
お気軽にメッセージください!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
コメント欄以外にも、よろしければお気軽にメッセージください。

この記事についてのご感想などはもちろん、間違いのご指摘、またはRaspberry Piの世間話など何でもOKです!

この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダをフォローする
ノウハウ(know-how)
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
ラズパイダ

コメント