\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

動作確認されたmicroSDカードかどうか調べる

Raspberry Pi に必要な物にmicroSDカードがあります。microSDカードは相性問題が存在します。

これはメモリーの類いは昔からあることで、相性保証を謳っている商品もあるくらいに頻繁に起こります。中には初期不良品の場合もあり、見極めるのも難しいのですが、運だけには頼れません。

そもそも初心者はどのmicroSDカードが良いのか選べないところ、相性問題もあるとなると、いったいどれを購入したらいいのか皆目見当も付きませんよね。

できれば動作確認されたmicroSDカードが欲しいとことです。

この記事の主な流れ

相性問題は不良品?

実は相性という言葉通り、他の機器だと問題なく使える場合もあります。特定の機器だけおかしなことになるのが相性です。

しかし、中には「これは相性以前だろう」と思われるカードも珍しくありません。粗悪品と呼べばいいのか、読み込めるときもあれば、書き込めるときもある等の頻度がおかしい商品です。

これを見付けるのは、同じmicroSDカードを同じように試さないと見付けられません。個人的には初期不良品と何ら変わらないと思っています。

ただ、安く購入したカードを返品するほど暇ではありませんし、ましてや海外ブランドだと英語でやり取りなんてできない、そもそも面倒なので大概は泣き寝入りしてしまいます・・・。そんな人も多いのでは?

microSDカードについて

だから、他のユーザーが使っているmicroSDカードを参考にするのが手っ取り早いです。

相性問題は、Raspberry Pi (=特定の機器)でしか起こらない(or 特定のバーションのみ)カード不良のことです。

具体的な不具合は起動プロセスで転けだり、ちゃんと書き込めたのにエラーが出たりします。他にも途中で読めなくなってフリーズするとか、なぜか書き込みだけできないとか、症状は千差万別です。

とにかくまともに動かないことが購入してからスグにあるようでは、相性が悪いか初期不良です。

型番を調べてみる

「RPi SD cards」というサイトがあります。ここでユーザーの報告がたくさん載っています。

https://elinux.org/RPi_SD_cards

リストに載っていても、個別の環境があるため全くその通りとはなりません。実際に私はTranscend製は運良くまともに動くことが多いですが、リストではNG表記の型番が多いです。

一概にメーカーだけでは判断できません。型番がどうかが重要です。

もちろんRaspberry Pi で使うのですからスペックは大体同じ物を選ぶでしょう。容量だけではなく、転送スピードなどで同じ容量の物でも数パターンが発売されています。

調べる方法

簡単にコマンドでメーカーなどを調べる方法があります。

今回はこのmicroSDカードで検証してみます。

場所移動(CDコマンド)

「RPi SD cards」サイトにあったコマンドはそのまま通らない??ので、数字を当て嵌めます。

cd /sys/class/mmc_host/mmc0/mmc0:59b4

ターミナル表示上→ mmc0\:59b4/

この位置でOK

よく分からないという方のためにターミナル画面のキャプチャです。

lsコマンドで表示された画像のようになっていますか?

それから以下のコマンド

echo "man:$(cat manfid) oem:$(cat oemid) name:$(cat name) hwrev:$(cat hwrev) fwrev:$(cat fwrev)"

結果:man:0x000074 oem:0x4a60 name:USD hwrev:0x1 fwrev:0x0

調べてみる

man:0x000074 oem:0x4a60 name:USD hwrev:0x1 fwrev:0x0

これを先程のWebサイトにあったリストで検索(ctrl + f)すると、途中まで同じのが出ました。

確かにTranscend のmicroSDカードです。ただ、16GBではなく8GBです。

一応OKのリストになっていますね。コメントにはエラー110で読めないことも記載されていますね。

このように中身を調べることで、メーカー名が違っても実は同じOEM製品だったりします。また、とりあえず動くカードでもエラー報告が多いと分かれば避けたいですよね?

購入したらこうやって確かめてみるのも面白いです。

——入門書におすすめRaspberry Pi 関連書籍——

最初は参考書が手元にあると安心です。合わせてラズパイダもブックマークもヨロシク!

¥3,025 (2022/06/13 22:22時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
¥2,874 (2022/11/26 21:52時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
¥2,860 (2022/06/13 22:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメント一覧 (2件)

  • 私が個人的に使っていて安定感抜群なのはこの2つですね https://www.amazon.co.jp/10対応】Samsung-microSDカード32GB-Nintendo-MB-MC32GA-ECO/dp/B06XSV23T1/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1535701001&sr=8-1&keywords=microsdカード

     https://www.amazon.co.jp/シリコンパワー-microSDHCカード-class10-アダプタ付-SP016GBSTH010V10SP/dp/B004H3066Y/ref=sr_1_14?ie=UTF8&qid=1535701001&sr=8-14&keywords=microsdカード

    コスパで言えば前者が上ですが

    特に後者は6枚くらい買って使いまくっています。永久保証が付いているのでうっかりラズパイの電源をぶちっと切って使えなくしても交換してもらえました。(エラーでスタックしたから強制で落とした)
    もちろん故意で電源が付いているのに強制シャットダウンしたとは言ってはいけませんよ(笑)

    • コメントありがとうございます。
      そうですか、Samsungは問題なかったですか!
      SPは私と相性が悪いのか、一枚も成功していません・・・。SPは連続3枚アウトでしたよ。

      購入店にもよるのかなーと思っています。

      個体差がありますから、私の記事もご参考までに。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ