デスクトップ環境が充実したRaspberry Pi OS「bullseye」にバージョンアップ!

Raspberry Pi OSが11月8日、Debian同様に「bullseye」へバージョンアップしました。本家Debianが2年振りにバージョンアップ!を果たし、Raspberry Pi OSの対応が長らく待たれていた。(リリース日は2021-10-30付け)

今回はGTK+3の採用などGUIが少しリッチな表現になり、見た目が他のLinuxのOSに近づいた印象です。

気になる人は、早速ダウンロードして試してください。(メジャーアップグレードは推奨されていません)

目次

GTK+3

スクリーンショットのように先ずは見た目が異なることが分かります。

他のLinuxディストリビューションのような見た目に近づいたのは、ウィンドウマネージャーにGTK+3が採用されたからです。これまではGTK+2でした。

今回も主にRaspberry Piというハードに合わせたバージョンアップに仕上がっています。

リリースノートをみてみます。

スタートアップウィザードは、必要に応じて日本語フォント+日本語入力環境(fcitxとMozc)をインストールするようになりました。

これでセットアップウィザードで言語をJapaneseにすれば、最初から日本語の環境が手に入るようになります。これは便利ですね。

GTK+3の採用により、ウィンドウマネージャーmutterが使用されています。mutterがウインドウのアニメーションやウィンドウの影などのシェーディングを行います。

全てのウィンドウに対して行うため、メモリーはこれまでよりも多く消費します。

そのため、メモリーが2GB未満のRaspberry Piでは、mutterの代わりに古いオープンボックスウィンドウマネージャーが引き続き使用されます。

Raspberry Pi 4 の4GBがあれば動作に支障はないでしょう。

ダウンロード

ダウンロードしてmicroSDカードへ書き込むのに、Raspberry Pi OS Imagerを利用してください。

Imagerのアプリケーションはこちら

イメージファイルとしてダウンロードしたいのなら、こちら

リリース日は2021年10月30日で32bit版のみ

なお、baster → bullseye へはメジャーアップデートのため、通常のアップグレードコマンドではできません。システムが深いところで変更になっているので、新規にインストールすることが推奨されています。

大幅に変更になっているため、アップグレードではどうしても不具合は避けられません。

新たなmicroSDカードを手に入れ差し替えて使用することをラズパイダとしてもオススメします。

標準でメニューから選べるコピーツールを用いて、既存のbasterを丸ごと別のmicroSDカードへコピーしておくと、後から差し替えるだけで元の環境に戻れます。

最近はずっとコレ

ファーストインプレッション

細かい点ですけど、日本語にまつわる事はRaspberry Pi 初心者には嬉しい。

これからじっくりと使ってみないと何ともいえませんが、見た目が良くなるのは操作したくなる点として重要です。デザインって大事ですよね。

益々、Raspberry Pi をデスクトップPCライクに使いたくなりました。

Ubuntuや他のLinuxを使ったことがある人には驚きは少なく、非常に細かいアップデートがされた印象です。

64bit版は正式にリリースされていない様子ですから続報に期待したいところです。因みに、64bit版を試したい場合、最新は今回の発表に合わせて11月8日付けバージョンがありました。(ベータ版)

64bit版がリリースされました。

アップデートのニュースでした。

目次
トップへ
目次
閉じる