【初心者向け】Raspberry Pi OSのアップデートとアップグレード方法

Raspberry Pi OSも呼称が旧Raspbianから変更になり、OSをmicroSDカードへ書き込むツールとして「Raspberry Pi Imager」も定着してきました。

数年前からすると、定番の操作も僅かに変更されています。そこで改めて、Raspberry Pi OSのアップデートとアップグレード手順を備忘録として残しておきます。

※OSのバージョンは当時の物です。

目次

アップデートとアップグレード

記事公開時のRaspberry Pi OS (コードネームBuster以降)で推奨されている手順です。

パッケージリストの更新

aptコマンドを使います。最初にパッケージリストの更新です。

sudo apt update

パッケージリストは更新するソフトウェアのパッケージ元のアドレスです。これでどのパッケージが更新できるのか、対象先リストを更新して可能なパッケージをみつけます。

アップグレード

これまでのsudo apt upgradeコマンドも使えます。現在では、依存関係の解消など従来のupgradeコマンドよりも優先して実行します。

sudo apt full-upgrade -y

また、これはBusterならBusterで最新になります。前バージョンのStretchはStretchの最新になり、決してStretchからBusterへはアップグレードはしません。

これまでのアップグレードコマンドよりも少し時間がかかります。

本体のファームウェア(とkernel)も一緒に更新されます。

-y 引数
-yは途中のYes/No選択をYesで進めるために付けています。付けなくても自分でYesと打てばOK。値としてYを指定しています。

要らないファイルの削除

このautoremoveはアップグレードコマンド実行後にターミナル画面にも表示されるので、その指示通りにおこなった方が良いでしょう。

sudo apt autoremove -y

自動的に依存関係を考慮して、使わなくなったパッケージを削除してくれます。使っていないのを手動で探すわけではないので、とても便利です。

合わせてcleanコマンド

cleanコマンドは一時的(キャッシュ)に溜め込んだファイルを削除してストレージのスペースを空けてくれます。

sudo apt clean

autoremoveとセットで実行した方が良いでしょう。

最後に再起動

アップグレードでkernelの更新もしたため再起動をしましょう。

sudo reboot

手順まとめ

まとめると5行です。

sudo apt update
sudo apt full-upgrade -y
sudo apt autoremove -y
sudo apt clean
sudo reboot

Raspberry Piの公式ページでも謳っているように、セキュリティの観点から最新状態にするのはオススメです。
バグの解消に繋がることもあります。

初期セットアップウィザードはGUI環境でこの5行と同じことをしています。

メジャーバージョンアップには非推奨

一方で仕方ないことではありますが、パッケージが新しくなったら動作しないパッケージも出てくる可能性もあります。この辺は個別の対応になってくるでしょう。

バージョンにはコードネームが付いています。2021年11月〜の現行は「bullseye」

busterからbullseyeへはメジャーバージョンアップになり、通常のアップグレードではバージョンは上がりません。

aptのリポジトリを変更すれば新しいパッケージは更新できますが、公式から非推奨でアナウンスされている通り、多かれ少なかれ不具合が出ます。オススメできません。

メジャーアップデートしたOSを使いたい場合、新しいmicroSDカードを用意して新規に書き込んで利用します。この辺も一般的なOSのように、対応されるよう今後に期待したいところです。

Raspberry Pi OSのアップデートとアップグレードでした。

——入門書におすすめRaspberry Pi 関連書籍——

最初は参考書が手元にあると安心です。合わせてラズパイダもブックマークもヨロシク!

¥3,025 (2022/06/13 22:22時点 | Amazon調べ)
¥2,860 (2022/06/13 22:24時点 | Amazon調べ)
目次
トップへ
目次
閉じる