フォーラムを開設しました!Raspberry Pi の話題はこちらで!

文系でも電子工作したい!今からでも充分遅くないRaspberryPi遊び

文系でも電子工作したい!今からでも充分遅くないRaspberryPi遊び

突然ですが、PCやIT、電子部品の制御などはご存じの通り理系の方々が得意とする分野です。文系と言うと同じ業界でも営業職や事務職、ヘルプデスクの職種の方が多いでしょう。

でも、文系でなおかつ仕事も何ら関係ない職種で気が引けている人はいませんか?

文系の方が合っていることもあるんです!

特にアイディアは得意のハズです。
Raspberry Piをどのように使うのか、どういったケースや外観にするのか、そういうことはむしろ文系の方が得意です。

プログラムをバリバリ書かなくてもRaspberry Piでは充分に遊べ学べます。

 

え?今さら学びたくない?

 

勉強とは違います。失敗して学ぶ(笑)ということが笑いながらできるのが文系の強みかも知れません!

出来ないものは出来ない。解らないものは解らない。しかし、これを続けると解らないながらも理解が深まっていく。これは好きだからそうなるでしょう。理系の方々にはかなり遠回りしているように映るかも知れません。でも、楽しければ良いのです。

 

なにせラズパイダを運営しているこの私も文系ですからご安心ください!
では、具体的にどういうことか??

  • Raspberry Pi本体がある。
  • 実現したいシステム(アイディア)がある。
  • 作ってみたい(構築したい)想いがある。
  • 動くと楽しい!

これらで充分です。

Raspberry Piの本質

他の記事にも書いたかも知れませんが、Raspberry Piが人気があるのは、様々な理由はあれど、一番の特徴は簡単だからですよ。

なにせ基盤にUSBはもちろん、有線LANポートがあって、Wi-Fiも付いている。それにHDMIでそのままテレビに映せる。CPUもメモリもそれなりで決して貧弱ではない。

用意されたOS(Raspbian)は汎用性の高いDebianの派生です。Linuxではとても安定しているOSで、長く一般的なデスクトップ環境を備えています。これがRaspberry Piに特化しているのだから、安心して使えるのです。

さらに、ある程度揃えても1万円以下で手にできて、しかも基盤は小さい。この小さいことは正義です。概ね、デジタル好きな方は小さい物も好きなはずです。私はそうです。小さいから、色んなアイディアが産まれると思いませんか?

「あっ、このケースに収まりそう。収まれば・・・こんなことできるかも?」

これまでどうしようもなく仕事にしか使用しなかったパソコンという機械が、今までより身近に感じてくる魅力があります。

最初に目にした仕組みは何ですか?

  • このブログでも紹介しているメディアプレイヤーは便利ですよね!
  • Lチカと呼ばれるLEDを光らせるの楽しそうですよね!
  • インターネットラジオや手作りのMP3プレイヤーも欲しくありませんか?!
  • それともRetropieに代表されるレトロゲームを見ると郷愁に駆られます?

 

今まで手作りで出来るデジタル関係はハードルが高いと思っていたのが、この小さい基盤で何か自分にも出来そうだと感じていたら、ぜひいじってみてください!出来そうではなくて、出来ますよ。それも簡単に。

IoT(Internet of Things)という「物のインターネット」は他人事ではありません。ちょっと興味が沸けば誰でも実現可能なんです。そんな世になりました。

 

では、説明しよう!

Raspberry Pi本体にSDカードを差せばそれだけで小さなコンピュータとして機能します。専用のモニターも無くても大丈夫です。表示は粗いですがテレビでもOKです。

そのSDカードに入れるOSですら、ダウンロードして専用のアプリケーションで焼き込むだけ。特に何もしません。

あとはOS側にアプリケーションを導入して設定するだけ。設定ですよ。別に何もプログラミングしません。

 

「でもプログラミングしないと動かないのでは?」

ええ、そうです。基本はコンピュータですから、何か指示を与えられる環境を構築しないと機能しませんね。
しかし、自分でイチからプログラムを書く必要はないのです。

もちろんプログラミング出来たらより楽しいでしょう。でも文系のあなたはそこは無理しなくてもOK。むしろそれを入れる箱、ケース、使い方などに想いを巡らすだけで良いくらいに簡単なのです。

それこそ世界中の理系の方々がとても真似できないプログラムを用意してくれています。あまりパソコンに詳しくなくても、自分で意味が解らなくても、そのプログラムを導入したら出来るということだけ理解していればいいのです。

 

プログラムってどう利用するのか?

コピペで充分ですよ!
上手く行った事例はたくさん公開されています。当ブログでもインストール方法やら設定やらを公開していますから、見よう見まねでコピペ、結果的に思った動作をしてくれればOKです。

それはプログラムが出来ることに越したことはありません。しかし、それは必須ではないのです。むしろ解らないから知りたいわけで、やってみれば解りますよ、それが難しいか簡単かということもやってみなければ解らない。

 

Windowsしか使った事無い方は難しいという固定観念を捨ててください。私からすれば今のWindowsの方が難解で取っつきにくい。

今の時代だからこそ、原点回帰のこういった基盤が人気があるのでしょう。
昔々の話。
初めの頃のパソコンってプログラムしないと動かないというか使用出来ない代物でした。
だからっていきなりプログラムが出来たわけではない。
やはりどなたかが書いたプログラムを写して動かすというのが一般的でした。

当時はベーシックマガジン(通称:ベーマガ)のプログラミングを転記、いや同じように入力してフロッピーディスクに記録していたんです。

だから、Raspberry PiでいうとSDカードがフロッピーと同じ役割です。当時と違うのは、今までより高機能のことが可能で、雑誌を買わなくてもGoogle先生に聞けば調べられる世の中です。

安価または無償

やはり継続するのに、安いまたは無償というのは大きいですね。Raspberry Pi 自体は648円〜6000円弱で購入できます。それに周辺機器としてHDMIケーブルやUSBケーブルは使い回しできます。SDカードも8GBで充分なので1000円前後です。

インストールする基本システムのOSは、RspbianやLibreelec、retropieなど様々OSが動きます。もちろんダウンロードはオープンソースなので無償です。

はじめの一歩

まずはRaspberry Pi の本体を手に入れないとなりません。

現在、本体のラインナップは数種類あります。
大まかに2種類RaspberryPi3とRaspberry Pi Zero W。

Raspberry Pi 3 model b

いわゆるフラグシップモデル。1、2、3とアップグレードしてきました。マイナーチェンジがモデルBと思ってください。次が発売されるとすると4?になるでしょう。

一番手に入れやすい基盤です。

  • Quad Core 1.2GHz Broadcom BCM2837 64bit CPU
    (クアッドコア(4コア)64bit)
  • 1GB RAM(メモリ1GB)
  • BCM43438 wireless LAN and Bluetooth Low Energy (BLE) on board
    (オンボードでWi-Fi(802.11 b/g/n 2.4 GHz)、Bluetooth4.1の搭載)
  • 40-pin extended GPIO
    (40ピンの拡張GPIO(汎用入出力)有)
  • 4 USB 2 ports(通常のUSBポートは4つ有)
  • 4 Pole stereo output and composite video port
    (4極ステレオ出力とコンポジットビデオポート)
  • Full size HDMI
    (通常サイズのHDMI端子有)
  • CSI camera port for connecting a Raspberry Pi camera
    (ラズベリーパイカメラを接続するためのCSIカメラポート)
  • DSI display port for connecting a Raspberry Pi touchscreen display
    (ラズベリーパイタッチスクリーンディスプレイを接続するためのDSIディスプレイポート)
  • Micro SD port for loading your operating system and storing data
    (オペレーティングシステムをロードしてデータを保存するためのMicro SDポート)
  • Upgraded switched Micro USB power source up to 2.5A
    (2.5AまでのマイクロUSB電源※2.5A推奨)

 

Raspberry Pi Zero W

現在は非常に入手困難なWi-Fi付きのZero Wです。単体ではなかなか手に入りません。しかし、ケースをはじめ、マイクロUSBやミニHDMIを変換するコネクタなどを用意しないと使いづらいかと思いますので、セットでの購入をおすすめします。セット販売でなら、国内代理店数店舗でも用意に購入できます。

Wi-FiのないZero(W表記のない)は単体で648円とかなり安いのですが現在は更に購入は困難になっています。(※2017年10月現在)

参考ヘッドレスインストールが可能
ヘッドレスインストールと言って、SDカードと電源だけでインストールは可能です。SSHで接続してモニタレスにでき、ミニHDMIやマイクロUSBが必要なく可能です。ただ、誰でもというわけにはいかないかも知れませんが、当ブログなどの解説をご覧になって試してみてください。

Raspberry Pi zero W のヘッドレスインストール(キーボードやマウスなしでRaspbianをインストールする方法)

 

  • 1GHz, single-core CPU(シングルコア1Ghz)
  • 512MB RAM(メモリは512MB )
  • Mini HDMI and USB(通常より小さいミニHDMI×1とマイクロUSB端子×1)
  • 電源はマイクロUSB端子(マイクロUSB端子は排他利用)
  • マイクロSD対応
  • HAT-compatible 40-pin header(40ピンの拡張GPIOは要はんだ付け
  • CSI camera connector(ラズベリーパイカメラを接続するためのCSIカメラポート)
  • 802.11 b/g/n wireless LAN(Wi-Fi付き)
  • Bluetooth 4.1の搭載

HATと呼ばれる拡張基盤を取り付ける場合、はんだ付けが必要になります。はんだ付けは難しいと思いますので、あまり自信ない方はRaspberry Pi 3を購入するか、叩いてピンを取り付けるハンマーヘッダーを購入すると良いでしょう。

OSはRaspbian

はじめの一歩としては、基本OSとして公式のRASPBIAN STRETCH WITH DESKTOPがおすすめです。

公式では初心者用にNOOBSというソフトウェアが用意されています。

NOOBSとは?
New Out Of the Box Softwareの頭文字です。これは、Out Of the Boxという英語が”常識にとらわれない”という意味があります。新しいのNEWとソフトウェアを合わせて、”これまでにない固定観念を超えたソフトウェア”というような意味でしょう。これまでOSのインストールは難しいというイメージがありますので、それとは違い”とても簡単だ”という意味でしょう。粋ですよね!解りにくいけど・・・。

このようにRaspbianのイメージをSDカードに焼き付ける以外に、NOOBSを使ってインストールする方法があります。

また、NOOBSはRaspbianだけでなく、多くのOSに対応しているのも特徴で、しかも2つ以上をインストールして起動時に切り替えることが出来ます。

まずは試してみたいOSなどはこれでインストールして、それから各OSの公式サイトからイメージをダウンロードする方が良いでしょう。

NOOBSが初めからインストールされているSDカードも存在します。

 

どの店舗でも取り扱いはあるようですね。本当に初めての方は利用すると更に便利です。
まずは使ってみることをおすすめします。
Raspberry Pi は決して小さいだけのパソコンではなく、本体の小ささから思いも寄らない使い方も出来ることでしょう。

小さいは正義

単機能ではあるけど、自分で作れる。くだらないアイディアの製品はなかなか売っていません。でも、その人にとって有益なシステムもあります。それを部材の部分では確実に簡単に実現できます。あとはプログラムの部分です。

イチから作れたら想いも一塩です。そうでなくてもうまく既存のプログラムを付け足ししてもOK。

例えば・・・、

スーパーファミコンのコントローラーの中にミニスーパーファミコンを作る?!

ネットワークプレイヤーを作って音楽やビデオを一括管理して家族間で共有する?!

自前のクラウドシステムで外出先からどこからでも容量も気にせずに保存する?!

ボタンを押したらツイートする?!

決まったメールが届いたらスピーカーから読み上げる?!

自宅のWi-Fiに入ったらスマホの画像を自動的にサーバーに転送。ローカルクラウド?!

増えてしまった蔵書を一括管理し、何がどこにあるのか解るシステム?!

さて、あなたは何を作りますか??

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

Raspberry Pi のインストール方法はこちらをご覧ください。

 

NOOBS ダウンロード先

RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP ダウンロード先

 

Raspberry Pi3 コンプリートスターターキット (Basic)

Raspberry Pi3 コンプリートスターターキット (Basic)

フォーラムでお待ちしています!

CTA-IMAGE 記事を読んでご指摘をはじめ、質問などございましたらフォーラムにご記入ください。
話題は何でも構いません。Raspberry Pi の情報交換ができたら私も勉強になります!よろしくお願いいたします。

Raspberry Piカテゴリの最新記事