新型Raspberry Pi 4 modelBが発表&発売されました! 第一報はこちら

ラズパイで遊んで慣れる子供向け教育ソフト3選+ゲーム

教育の話題
この記事は約6分で読めます。

ラズパイを子供に触らせるのはオススメします。ラズパイは低価格で本格的なコンピューターです。小学生低学年や未就学児には最適だと思っています。

Scratchでプログラミング? いや、その前にマウスやキーボードに慣れることが先決です。

何よりもコンピューターに苦手意識を持たせないようにすることは、これからの時代の第一歩だと思います。

ゲーム?

ゲームも良いでしょう。でも、その前に操作と共に多少のお勉強ができるならば、親御さんとしても安心です。子供自身も胸を張って遊べるというものです!

そこで、今回は教育・学習に役立つアプリケーション(ソフトウェア)を3本ご紹介します。

自分のお子さんや、親戚、友人のお子さんに勧めてください。あっ、もちろん無償で利用できます。

スポンサーリンク

お絵かき(TuxPaint)

TuxというのはLinuxのマスコットキャラクターです。そのTuxの名を冠したアプリケーションやゲームはたくさん存在します。

その中でもお絵かきソフトとして有名なTuxPaintは全年齢に最適です。

インストール方法は2つあります。メニューの設定からソフトウェアの追加と削除(パッケージ管理システム)から選んでインストールする方法と、コマンドでインストールする方法です。

操作はコマンドの方が簡単です。

sudo apt-get install tuxpaint

ラズパイをインストールした後の設定で日本語になっていれば、最初からきちんと平仮名で表示されます。小学生なら問題無く自分で操作が可能です。

教えてあげることは2つ。

  • マウスの操作
  • ツールメニューの使い方

マウスの操作は左クリックも教えてあげます。設定から右、真ん中のマウスボタンも左と同じ設定も可能なので、未就学児には押すことだけで、左や右は教えなくても操作できます。

ちなみに設定は、アプリケーション内ではなく、メインメニュー設定の中にあります。

スタンプが楽しい

子供ってハンコなども好きですから、このスタンプ機能はハマるでしょう。

操作に関して再下段にTuxの言葉として平仮名で表示されています。分からなくなったらそこを読めばOKです。

基本は左のツールボックスを選ぶと、右側にサブツールボックに表示されます。スタンプなどはたくさんありますから、矢印キー左右や上下をクリックさせて好きなスタンプを選んでください。

スタンプなどの大きさは右下にスライダーレベルバーが表示されているので、それで変更可能です。

実は大人でも楽しめます。親子で共同作業なんかも良いのではないでしょうか。

注意点として、あまりスタンプが多いとメモリーが不足して動作が極端に遅くなります。

もちろん、保存も可能ですから、画伯の作品を残しておいたり、印刷して飾っても良いですね。

算数タイピング(Tux of Math Command)

音声認識やタッチパネルが全盛であっても、タイピングはまだ必要です。慣れておいて損はありません。

昔からパソコン用タイピングソフトはたくさんあります。Linux環境でも同様です。良く出来ているのは限られるので、先ずはこのTuxTypingをオススメしています。

インストールはコマンドで簡単

sudo apt-get install tuxmath

操作は簡単です。基本は数字とENTERキーを使うだけです。

しかも、その数字は算数の四則計算をした答えを選びます。似たようなソフトウェアはWindows用でも見かけたことはあると思います。

リアルタイムに勉強しているお子さんに合わせた算数のレベルを選べます。

九九を覚えていればかけ算だって簡単です。

早く数字を打てれば、早く次のステージへ進めます。クリアするという目的なら、繰り返し飽きずにプレイしてくれると思いますので、自然と数字に強くなる可能性もアップするでしょう。

間に合わないと仲間のTuxがやられます。

キータイピングソフト(Tux Typing)

先程の算数タイピングソフトは計算して答えを入力するものでした。こちらは画面の文字を同じようにタイピングします。数字もありますが、文字がメインです。

コマンドでインストール

sudo apt-get install tuxtype

英数のタイピングを覚えることになります。

HUNDREDは百です。右側には八っつを意味するEIGHTYをタイプすると文字が消え、Tuxが魚を食べに行きます。

レッスンとは別に2つ計3つに分けられて、中には数字だけとか文字だけといったジャンルが選べます。色々と試してください。

どちらのTuxのタイピングソフトも終了する場合、ESCキーを1回で前画面やメニューが表示され、ESCキーを2回またはメインメニューでESCキーで終了できます。
フルスクリーンのアプリケーションは基本としてESCキーを押してみましょう。

落ち物パズル(Amoebax)

おまけです。

ゲームだってさせてあげましょう! 家庭用コンシューマー機やスマホ・タブレットより、自分で電源を入れてマウスとキーボードを使う習慣から、他の操作にも興味が沸けばしめたものです。

ぷよぷよライクな落ち物パズル「Amoebax」は可愛いキャラとゆっくりとした落ち方で未就学児にも楽しめます。

sudo apt-get install amoebax

未就学児にはメニューのトレーニングで充分です。小学生ならノーマルモードでもOKです。

キーボードの矢印キーだけで操作可能です。(上で回転、左右は移動、下は再下段へ移動)

2人同時プレイもオプションで任意のキーを割り当て可能です。2人なら仲良く並んでプレイは楽しいでしょう。

とにかく遅い落下速度なので、かなり長く遊べますよ。ルールもぷよぷよと同じで同色4つで消え、対戦プレイなら、おじゃまぷよ(透明)を相手に送れます。

これはただのゲームです。

何ら学習要素はありません。しかし、ジョイスティックやコントローラーを使わないため、キーボードに慣れることは数分の出来事だと思います。メニューから該当するゲームを選ばないと起動しませんから、メニューを操作することだけでも有意義です。

最後に

「習うより慣れろ」はコンピューターを扱うにはいつまでも有効です。慣れてしまえば良い意味で飽きてしまい、好奇心からもっと高度なことを要求してくるでしょう。

ハッキリ言って、子供の方が可能性も無限大で、習得する飲み込みは光の速さです!

ものの30分も教えてあげれば、自分でラズパイを起動させ、好きなアプリケーションを触り始め、ちょっと難しいような顔をして大人のように「難しいこと」をしていることに満足すると思います。

結果的に「自信を持つ」ことに繋がるラズパイは、数千円から購入です。世界で流行っていて、イギリスでは国を挙げて推しています。日本は遅れていますね・・・。

全員がプログラマーになる必要はないものの、慣れておくことは大事だと思っています。

試しに一度、触らせてあげてください。

壊してしまう?

壊させてあげましょう! 恐らく最初は本体基板には興味ないので大丈夫ですし、仮に基板を買い直しても数千円です。microSDカードやキーボード&マウスならもっと安価です。

これからの教育現場からお伝えしました。また他にも教育ソフトをご紹介していきます。

いくつかのRaspberry Pi セットBOX商品の比較をしてみた!
アマゾンだけでもRaspberry Pi に何かを付けたセット商品がたくさんあります。これらセットの内容とコストパフォーマンスを比べてみました。人により必要な物が多少違いますが、初めてRas...

コメント