【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

connect-cable-title
Raspberry Pi 4B

Raspberry Piは本体基板だけでは動きません。メーカー製PCとは違うんですね。自作PCとまでいきませんが最低限必要な物があります。

とっても基本的なことですけど、聞かれたこともあるので誰かの参考になればと思います。

  • 電源アダプター(注意:USB規格)
  • microSDカード
  • キーボード&マウス

必要なパーツは以前に「初心者専用「はじめてのラズパイ」必要パーツのアドバイス」でも一度触れています。

スポンサーリンク

Raspberry Pi 4の接続

Raspberry Pi 4にファン付きアーマーケースを取り付け、USB-C規格の電源とmicroHDMIケーブル、キーボード&マウス、microSDカードを挿入した状態です。

ケースはお好きな物で、モニターへ映し出して起動する状態です。

このケースの場合は、冷却ファンが付いています。その電源はRaspberry PiのGPIOと呼ばれる端子から直接取っています。5Vと3.3Vとあります。画像では5Vに繋いでいます。

GPIOの接続の様子

USB端子は高速な3.0ポートと従来の2.0ポートとあります。キーボード&マウスは特に高速な必要はありませんので2.0へ。USBメモリーや外付けHDDなどデータ転送のために3.0を空けてあります。

Wi-Fiは画像では分かりません。Wi-Fiの設定ができない場合は、有線LANとして直接ケーブルで繋げば設定は基本的に要りません。最初はネット回線としてケーブルで繋ぐのはお手軽で安定しますよ。

スポンサーリンク

3.5mmジャック

スピーカーから音を出すのに、3.5mmジャックへスピーカーケーブルを繋げれば、Raspberry Piから音を出すことになります。

もしくはHDMIで繋げたモニターにスピーカー機能があれば、特に何もしなくても最初からHDMIケーブルを通してモニターのスピーカーから音が出ます。

この変更は設定で変更しないとなりません。

現在のRaspberry Pi OSでは簡単です。上部タスクバーから選ぶだけなんですね。

デフォルト設定(最初の状態)は、モニターがHDMI接続になっています。アナログに変更すれば3.5mmからの出力になります。

ボリュームのアイコンをマウスで右クリックすることでメニューが出てきます。選ぶだけ。

右クリックから切り替え

ちなみに、同じくボリュームアイコンを左クリックすれば音量を変更できます。

左クリックで音量の変更

公式キーボード&マウスなら

キーボード&マウスはなんでも良いです。現在は公式キーボードも日本語版が登場しているのでおすすめしています。

価格からもお気づきのように、そんなに大してタイプしやすいわけではありません。

それでも公式マーク入りという愛着以外に、USBハブ機能があるのはおすすめできます。

マウスを繋がないとなりませんので、実質的に2つのUSB2.0ポートが空いている状態です。

手元にUSBポートがあれば、USBメモリーなどを接続できますので、とっても便利です。

但し、タコ足になっているわけで、外付けHDDなど電力を大量に消費する器機は厳しいです。主にUSBメモリー、マウス、USBマイク、USBカメラ、USB接続のLEDランプなどを接続します。

公式日本語レイアウトキーボードのは、マウスとセットで3,000円台中盤で購入できると思います。残念ながらなかなか手に入りにくいでしょう。海外から取り寄せる場合は、およそ2,500円+送料となるでしょう。

仮に他社のキーボード&マウスでも、手元にUSBポートがあるのはRaspberry Piで重宝するのでおすすめです。

使用したもの

最初の画像で使用しているケースは、アルミ(アルマイト加工)アーマーケースです。

見せてもらおうか、アルミ製ヒートシンクケースの性能とやらを!

USB-C規格の電源コアはAnker製がコスパ良かったです。

Qualcomm Quick Charge 3.0:最新、最速、そして最も効率的なUSB充電技術。従来の充電器に比べ4倍の速さでの充電が可能となり、対応機器をわずか35分で80%充電可能です。

電源ケーブルは片方がUSB-C規格、片方がUSBの物でした。AmazonベーシックでもOKです。

タイプC対応のUSBデバイス(スマホ、タブレット)をタイプAのUSBデバイス(パソコン、ウォールチャージャー、モバイルバッテリー)に接続。USB-IF認定を受け、USB 3.1 Gen 2に準拠。USB 3.0、USB 2.0への後方互換性あり

但し、microHDMIは細い形状ではないと2画面のために2本が物理的に挿せません。気をつけてください。

以上、Raspberry Pi のセットアップ接続編でした。

おまけ—— コンポジット接続

更に別の専用ケーブルは必要になりますが…、この3.5mmジャックを使い古いアナログテレビに映すことも可能なんです。(3.5mmジャックは4極性なので)仕組みが分からないとちょっと驚きますよね。

4極性と一口に言っても、色んな種類がありますので間違えると出力できません。試してみたい人は下記を参考にしてください。

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました