ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

rpi4-os10OS
この記事は約13分で読めます。

2019年に登場したRaspberry Pi 4 model Bで動作するOSが次第に増えてきました。Raspberry Pi はCPUなど構成が一般的なPCとは異なるため全てが動作するようにはなりません。動くと思われるOSを公式OS+NOOBSの他に10種類を実際に試してみました。

インストールしたのはRaspberry Pi 4 modelB 4GBモデルです。2GBや1GBでは動かないOSもあると思います。

各公式フォーラムを覗いてみると、まだこれから対応予定がありそうなディストリビューション(種類)があると思います。また、3B+まで動作していたOSなどは今後に期待します。

なお、Raspberry Pi 4Bが発売される前にお届けした動くOS一覧は以下の記事になります。3B+などでお試しください。

ラズパイダで年間1位の記事!
Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!
Raspberry Pi で動作するOSは、公式のRaspbianだけではありません。では、一体どんなOSが動作するの...

ラズパイ4の4GBモデルが人気なのは、デスクトップPCライクに使えると期待されているからです。Windows10マシンやMacOSが10万円〜する中、LinuxOSとはいえ1万円台で同じような作業できるマシンをセカンド、またはサードマシンとして活用してください。

スポンサーリンク

公式

リアルガチにインストールしてみた結果、以下のOSはきちんと対応していました。いくつかのOSはかなり安定してサクサクと動作して実用的でした。

(今後も増える場合は、この記事に追記していきたいと思います)

公式OS Raspbian

当然ながら公式OSであるRaspbianはここでは触れません。ラズパイ4に最も適しているOSです。ただ、デスクトップ環境でPCライクに使うにはUIが少し寂しいかな。Debian系です。

インストールと設定
404 NOT FOUND | ラズパイダ
文系的Raspberry Pi情報サイト

NOOBS

同じく公式からNOOBSというOSを簡単にインストールするツールが配布されています。このNOOBSからも公式に認められたOSがインストール可能です。

超初心者はNOOBSからトライ
NOOBSでインストールできるOSは10種類
初心者にはNOOBSでRaspbianを導入することをオススメしてます。これはラズベリーパイ財団が用意しているだけあっ...

Raspberry Pi Imager がリリース

2020年3月、公式からOSの書き込みソフトがリリースされています。
NOOBSとbalenaEtcherを足したような機能と使い勝手です!
今後はこちらがスタンダードになり、NOOBSは以前の方法になります。

スポンサーリンク

OSブートセレクター

BerryBoot

こちらは非公式ながらNOOBSと同様に簡易的にOSをインストール可能です。メインはブートローダーとしての機能で複数のOSを選んで起動できるようになります。

berryboot

ラズパイ4ではエラーが出るOSもありました。あくまでもブートローダーとして使いたいなら比較的に簡単です。

基本はOSをインターネットからダウンロードしますので、NOOBS同様に時間はかかります。(※NASなど外部ストレージにOSを保存して選択できる。が、遅いのはあまり変わらない)

現状ではBerryBoot側もとりあえずラズパイ4に対応という状態なので、常用よりもいくつかのOSを試してみたい程度で捉えてください。

公式https://www.berryterminal.com/doku.php/berryboot

BerryBootでOSのインストール方法
OSを試すのに最適なBerryBootもラズパイ4に対応
ラズパイ4が発売になってから各種OSが対応してきています。既に対応用のイメージをリリースしたBerryBoot v2....

メディア系

Volumio

オーディオに特化したOSです。Raspberry Piはネイティブにサポートされています。ラズパイの拡張モジュールHAT(pHAT)にも多くが対応していて、手軽にハイレゾが楽しめます。
サブスクリプションのSpotifyに対応しているため世界的に人気があります。Debian系です。

ラズパイダのVolumio記事
Volumio2
「Volumio2」の記事一覧です。

公式https://volumio.org/

ラズパイダ的にはMoodyaudioもオススメしています。こちらの方が軽く動作します。

LibreELEC

世界的に支持されているマルティメディアサーバーOSです。主に動画を扱うのに利用されています。他にも音楽、画像、ゲーム、録画(日本以外)に対応し、Amazonプライム・ビデオも再生可能です。Debian系です。

ラズパイダのLibreELEC記事
LibreELEC
「LibreELEC」の記事一覧です。

OSMC

LibreELECと双璧を成すマルティメディアサーバーOSです。使い勝手はほぼLibreELECと同じです。こちらもDebian系です。

ラズパイダのOSMC記事
OSMC
「OSMC」の記事一覧です。

NAS(ファイルサーバー)系

NextcloudPi

NextcloudPiはラズパイに特化したクラウドストレージを構築できるOSです。Debian系です。

通常のNextcloudを3B+でやってみた
NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド
ownCloudから派生したNextCloudに挑戦してみます。これはスマホでも皆が利用しているオンラインストレージを...

Raspberry Pi 4用イメージには、BerryBoot用もありました。

公式https://ownyourbits.com/nextcloudpi/

※今回構築はしていません。ラズパイ4での動作は問題ありません。
ラズパイなどよりもネットワークの知識が無いと運用は難しいと思います。光回線接続でも個人宅だとアップロード速度が遅いため、外部からの利用は実用的ではないでしょう。
各種クラウドサービスがお安くなっているので、そちらを増量した方が無難です。

ダウンロード先https://ownyourbits.com/downloads/

インストールDOChttps://docs.nextcloudpi.com/en/how-to-install-nextcloudpi/

OpenmedeiaVault

ファイルサーバーのOSです。個人的にもこのOSとラズパイ4、外付けUSBHDDで簡易ファイルサーバーを利用しています。USB3.0に対応したラズパイ4でそれなりに使えるようになりました。主にテキストと画像、音楽ファイルを中心に1GB程度のファイルまでなら実用的です。(動画であれば時間はかかりますので別のマシンとUSB接続し先に転送しておくと良いでしょう)Debian系です。

ラズパイダのOMV記事
openmediavault
「openmediavault」の記事一覧です。

デスクトップPCライク系

ラズパイ4で期待するのはデスクトップの代替利用ができないか、ということがあると思います。

ラズパイはPCではない
ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話
Raspberry Pi 4 model Bは通称「ラズパイ4」と呼ばれ、イギリス発祥のシングルボードコンピューター(...

メモリー4GBモデル、または2GBモデルに限って似たように使えるOSがあります。

DietPi

これは本当に軽いので、ラズパイということを忘れます。Debian系です。

起動時の注意として有線LANへ接続して起動させるか、microSDカード内のdietpi.txtのネットワーク設定をておこなってください。起動シーケンスが進みません。

インストールを進める中で、コマンド画面内とはいえWi-Fiの設定ができますが、面倒なので、先に用意した方が無難です。(私は面倒だった)

また、デスクトップ環境までのインストール設定は特殊な形で進みます。基本は英語で操作が分かりにくいため、あまり慣れていない人はインストールは難しい部類に入ると思います。

かなり使えるOSなので、また別の記事でインストール方法はまとめたいと思っています。

公式サイトにはbenchmarkが載っています。CPUとメモリーもラズパイ4だけ数値に差が出ます。軽いという証明ですね。

LXDE、XFCE、MATEが選べます。
せっかく軽いOSなので、XFCEで良いかと。

Manjaro Linux

Raspberry Pi 4でもデスクトップ環境はPlasmaかXFCEを選べますが、より軽量なXFCEが良いと思います。人気のCinnamonはサポートされていません。Arch Linux系です。

Raspberry Pi 4用イメージ:https://manjaro.org/download/

Manjaroインストールの記事
ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ
ManjaroはArch Linuxと互換性があるOSです。全くの独自に進化しています。シングルボードコンピューターの...

openSUSE

OpenSUSEもう少しで動くOSとして掲載しておきます。試しましたが、USBホストが機能せず、キーボードとマウスが反応しないためログインできませんでした。

次の機能はまだ機能していません。とありました。

WiFi
PCI-e
USBホスト
イーサネット

インストールに使用したのは「openSUSE-Tumbleweed-ARM-XFCE-raspberrypi4.aarch64-2019.10.25-Snapshot20191109.raw.xz」です。

起動はしているので、修正があればと思います。イメージファイルも10/25版ですから近いうちに動作すると思われます。

なお、BerryBootからのインストールは動作しましたので、一応動くというOSに載せておきます。

opensuse-kde--64bit-201909

BerryBootでインストールしたopensuseは、動作は快適でしたが、リポジトリが破損と出たので使える環境まで設定する必要があります。パッケージ管理システムがYaSTなのでDebian系と異なり慣れていない初心者には難しいでしょう。openSUSEはUNIX系です。

動作が軽いので今後に期待したいです。

HCL:Raspberry Pi4 - openSUSE Wiki
Index of /ports/aarch64/tumbleweed/images

Ubuntu Server + デスクトップ環境

ちょっと特殊に感じると思いますが、UbuntuServerはIot向けUbuntuCoreと共にラズパイ4に対応しました。

もちろんサーバーOSなのでそのままではコマンドでしか使えません。

デスクトップ環境をインストールすることで見慣れたUbuntuが使えます。但し、いわゆるフルバージョンのUbuntuDesktopはサポートされていません。スペックが足りません。

(オーバークロック+32bit版ServerOSならばUbuntuDesktopsフルバージョンのデスクトップ環境は使えます。でも、ちょっと一般的ではないですね)

Ubutnu Desktop

Ubuntu Server にxubuntu、lubuntu、kubuntu、MATEのデスクトップ環境

デスクトップ環境は大きく3つ

3種類のデスクトップ環境へのコマンド
MATEはリッチなUI
Raspberry Pi 4とUbuntu Server+デスクトップのインストール
Ubuntu Serverの19.10からRaspberryPi4に正式対応しました。間違えてはいけないのは、Seve...

RaspbianよりもリッチなUIでデスクトップPCライクに使えます。UbuntuはDebian系です。

Kali Linux

セキュリティーツールを構成したディストリビューションです。そのため、あまり一般的には利用することもありません。こちらもDebian系です。Debianと同じように使えるのでRaspbianなどを使っていれば戸惑うことは無いでしょう。

見た目がManjaroのようで、ブラック基調でカッコイイですね。

Kali Linuxは、高度な侵入テストとセキュリティ監査を目的としたDebianベースのLinuxディストリビューションです。Kaliには、侵入テスト、セキュリティ調査、コンピューターフォレンジック、リバースエンジニアリングなど、さまざまな情報セキュリティタスク向けの数百のツールが含まれています。

https://www.kali.org/docs/introduction/what-is-kali-linux/

わざとサーバーに侵入したり、サイバー攻撃の演習が行えます。
きちんとしたセキュリティを高める為に利用するツールがたくさん入っています。セキュリティ関係の仕事に就きたいのなら、Kaliは必須でしょう。

ある意味、悪用もできますので、本当に一般の人には縁の無いOSかも知れません。

Kali Linux ARM Images | Offensive Security
Kali ARM image downloads for various devices. We have Built Kali Linux for a wide selection of ARM hardware and offer these images for public download.

現実的に対応しているとは言いにくいOSも

他にもラズパイ4で動くとされる様々なOSがリリースされています。いくつか試しましたが起動できていません。情報が少なすぎますね。

そもそもどのイメージをダウンロードするのか分からないうえ、インストール方法もRaspberry Piに言及していないなど分かりにくいのでオススメ出来ません。

本当にただ動くだけなら動くのでしょう。

ALPINE LINUX 3.11.0 RELEASED
Support for Raspberry Pi 4 (aarch64 and armv7)
Initial GNOME and KDE support

alpine linux3.11.0:https://alpinelinux.org/posts/Alpine-3.11.0-released.html

Gentoo linux
AArch64 (arm64) profiles are now stable!

https://www.gentoo.org/news/2019/08/11/arm64stable.html

Fedora Server
Fedora Server is available for x86_64 and ARM.

(別にPidoraがあるが2014と古い)

https://getfedora.org/ja/server/download/

基本として、Raspberry Pi 4専用またはそれに近いイメージが用意されていること、microSDカードから起動セットアップできること、致命的なバグが無いか簡単な回避策で済むといったOSではないと、あまりRaspberry Piでインストールする意味はないと思っています。

少なくてもこのラズパイダではご紹介しません。しかし、かなりの数がRaspberry Pi 4に対応してきたなと実感します。

過去のRaspberry Piで動くOSとしてはおよそ33種類を超えます。使い物になるのはそのうち10種類くらいでしょうか。また探してみたいと思います。

デスクトップPCの代替におすすめ

やはりDebian由来ではないと、インストールできたとしてもバグも多く快適には使えませんね。
現実的にはUbuntu系かArch Linux系ならばまともに使えると思います。

ラズパイ4でデスクトップPCライクに使えるOSは・・・

パイレッド
パイレッド

イチオシ!UbuntuServer + デスクトップ環境

ラズパイ4でUbuntuServer + デスクトップ環境のおすすめの理由は・・・

ラズパイ4でUbuntuServer + デスクトップ環境
  • インストールが比較的簡単
  • Raspbianと同じDebian系
  • 軽さと性能のバランスがいい
  • 日本語環境も容易に実現可能
  • コミュニティが多くあり調べられる

Ubuntu Server 19.10 Raspberry Pi 4向けは2種類あります。

  • 32-bit for Raspberry Pi 2, 3 and 4
  • 64-bit for Raspberry Pi 3 and 4

Raspberry Piはハードが64bitに対応していますが、RaspbianOSが32bitなので、ここは64bitのUbuntuServerが良いでしょう。

仮に32bit版ならMATEでもより一層軽いハズです。

軽さの順番

xubuntu < lubuntu < kubuntu < MATE

オススメのデスクトップ環境はMATE

とにかく軽く使いたいならxubuntu+Ubuntu Server 64bitもいいでしょう。UbuntuServer fot RaspberryPi4の32bit版ならば、より一層軽くなると思います。

Raspberry Pi 4をお持ちなら、一度試してみてください。充分にサクサク動作してデスクトップPCライクに使えることに驚くと思います。

ラズパイダがオススメするUbuntu Server+MATE
Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた
RaspberryPiもバージョンを重ねてとうとう4になりました。基本性能と機能のトータルスペックとしては昔のPCに劣...
RPi-Logo-Grey50px

更に軽くて快適なOSにDietPiがありますが、設定方法が少し独自なので初心者にはおすすめしません。

次点として、Manjaroは玄人好みで気に入っているのですが、ソフトウェア管理であるパッケージシステムが、Debian系と異なり慣れていなくて、ウーン・・・といった感じです。

ラズパイ4で動作するOSのご紹介でした。

※3B+ならばもっと多くのLinuxOSが動作しますが、デスクトップ環境としてはスペックが足りずに物足りないと思います。

ラズパイダの新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

472人の購読者に加わりましょう

タイトルとURLをコピーしました