ラズパイ4の電源は手に入りやすいAnker製でいい

Raspberry Piをセット品ではなくて、本体基板だけを購入した場合、よく質問されるのが電源はどれを使っていますか?という話題です。

特にRaspberry Pi 4は、公式の電源アダプターがPSEマークを取得していないこともあり、3B+までよりもコレという電源アダプターが分かりにくいと感じています。

いずれ公式から日本国内でも販売されれば解消しますが、それまでは当サイトに限らず、実際に使用した人の例を参考にしてください。

起動に対してトラブルの元になるのも嫌ですからね。

公式の電源アダプターは日本で買えない
目次

ラズパイダ的手頃な電源コアとケーブル

いくかの種類を実際に使ってみて、特に問題なく利用できている電源アダプター(ここでは電源コア)とUSBケーブルをご紹介します。

商品上、スマホやタブレットの急速充電器扱いとなっていますが、Raspberry Piの電源アダプターとして使えます。

Anker製2つ差し込み口タイプ

記事執筆時点だと、ケーブルはUSBタイプC - タイプCで済みますのでシンプルです。

商品説明通り、USBタイプC側の出力は、5V3Aが確保されています。

USB-C 出力:5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 2.22A
USB-A 出力:5V ⎓ 2.4A (最大)

もう1つのUSB−A(IQ)側は最大で2.4Aしかありません。Raspberry Pi 4であれば、単独でタイプC側へ接続しましょう。

計算すると分かりますが、Raspberry Pi 4を繋いだ場合、USB−A側には1Aの製品なら範囲内です。

5V × 3A = 15W
20W -15W = 5W
5W ÷ 5V = 1A

Zero Wなら同時に使用しても大丈夫そうです。

Anker製1つ差し込み口タイプ

もう一つ同じAnker製でも、差し込み口が1つのもので、USBタイプAの差し込みになる製品があります。

こちらも5Vでの利用であれば3Aが確保されています。

出力:3.6-6.5V = 3A, 6.5-9V = 2A, 9-12V = 1.5A

より小さいタイプ

最近だと、PowerPort III Nano 20Wが良いでしょう。小さいので邪魔になりません。

出力:5V=3A / 9V=2.22A

差し込み口はUSB-Cタイプです。

すべて価格が2,000円前後が多かったです。

電源コアと繋げるケーブルは大きさ注意

次にUSBケーブルです。電源アダプターに利用するといっても、電源コアにはケーブルは付属しませんから別に購入する必要があります。

Raspberry Piで使う場合、実際に電源として使うので、実は100円ショップの製品でも使える物があります。(データを通信しないなら)

ただ、100円とはいえ使えない個体に出会っても嫌ですから、個人的にはもう少しマシなケーブルを使っています。

マシと言っても、Amazonベーシック(Amazon Basics)というシリーズで問題ありません。

タイプC-タイプCであればこれなど大丈夫です。(電源だけなので2.0タイプCでOK)

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で探す
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahooショッピングへ

何が大丈夫かと言いますと、コネクタヘッド部分の大きさです。

この部分があまりにも広いと(15mm以上くらい)Raspberry Pi 4の場合は、隣のmicroHDMIケーブルと干渉します!

AmazonベーシックのUSBTypeCケーブル
タイプC側の幅は約13mm程度

なので、microHDMIケーブルにも言えることなんですけど、あまりヘッド部分が大きいのは注意してください。

あともう1点。

ケーブルの太さとヘッド元の強度は気になりますね。100円ショップの物は根元から折れやすいような気がします。一応電源のコードなのであまり細いケーブルだととても心配になります。

タイプC-タイプAもAmazonベーシックにあります。(こちらは高速転送もできるUSB 3.1Gen 2規格)

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で探す
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahooショッピングへ

選ぶポイント

ご紹介した以外もまだたくさん製品はあります。

選ぶ基準は簡単でして、Raspberry Pi 4は5V3Aが推奨されています。

また、電源コアとRaspberry Pi本体を繋げるUSBケーブルも、電源コア側の差し込みがタイプA、タイプC、かによっても異なります。

connect-cable

Raspberry Pi 本体側がタイプCのUSB3.0ですから、ケーブルもC to C の方が分かりやすいが、電源アダプター(コア)側の差し込みがタイプAの物もありますので、注意が必要です。

因みに、3B+であれば、5V2.5AでRaspberry Pi 3B+側のコネクタ形状はmicroUSB-Bタイプです。この辺は分かりにくいですね。

他と使い回せる

Raspberry Pi 4専用ではなく、ノートパソコンにもスマホ、タブレットにも万能的に使いたいなら、更に大きいワット数の製品を1台持っていても良いでしょう。

出力:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3.25A / PPS:3.3V-21V=3.09A

MacBook Pro 13インチであれば約2時間で満充電! マジかっ!

同じAnker製でも避けたい

Raspberry Pi 4には適さない製品にも触れておきます。

充電器としての性能ではなく、あくまでもRaspberry Pi 4の電源に使う場合に限ってのお話ですから誤解しないでください。

要は、2.4Aまでしか出ない製品です。

つい、ワット数が同じだからとか、2つあって便利だから、小さいからといった別の要素で選ぶとアレってなります。

例えば、これらは最大2.4Aです。

Anker PowerPort 2 Elite出力:5V/4.8A(各ポート最大2.4A)
Anker PowerPort mini出力:5V=2.4A(各ポート最大2.4A)

製品名が似ていたり、改善されたバージョンなど注意が必要です。商品の形状だけではなく、商品説明ページはよくお読みください。

推奨のアンペア

正確には、5V3Aの電源がないと動かないというわけではありません。ただ、安定動作しない確率が高まるということです。

経験しないと分からない部分はありますが、Raspberry Pi 4がどのように電源を使うのかコントロールできないので、何かのインストール中に止まったり、電源が落ちたりといったアンペア不足に悩まされることがありました。(特に3Bや3B+の頃は何度も経験しました)

実際に3Aの表記でも不安定な製品はあります。

電源チェッカーを使ってもらうと分かります。不安定は仕方ないとしても、その幅が大きくて急な電圧不足は心配します。

これは、皆さんが使った電源アダプター(電源コア)の実績を元に購入すれば安心です。

どうしても常時起動でRaspberry Pi 4専用にしたい派なので、製品の大きさよりも無難に使える電源が好みです。持ち運んだり、使う時だけ付けるのであれば、約27mm四方で約30gしかないAnker PowerPort III Nano 20Wはお薦めです!

SHAREする
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる