はんだ付けしないでRaspberry Pi ZeroをUSBドングル化

Raspberry Pi Zero /W/WH

USBドングル、USB Stemと言われる”Raspberry Pi ZeroをUSB化して直接コンピュータと接続してSSHで接続してみよう”と思い立ってAmazonで買いました。

意外とスンナリと出来てとってもオススメなのでご紹介します。

追記 電源情報の追加

USBドングル

では、今回の環境と利用したパーツです。Zeroで組み上げました。

今回の環境とパーツ

  1. Raspbian Stretch Lite
    (2018-11-13-raspbian-stretch-lite.zip)
  2. MacBook Pro(macOS Mojave ver.10.14.3)
  3. USB2.0環境
rpiusbkit-title
  • アクリル製ケース+Raspberry Pi ゼロW USB-Aアドオンボード
  • Raspberry Pi Zero
  • microSDカード32GB

注意点!

今回利用したUSB-Aアドオンボードにはアクリルケースが付属しています。有り難いのですけど、このケースはRaspberry Pi Zero W v1.1に対応となっていて、Raspberry Pi Zero v1.3には対応していません。(ボードは対応しています)

何が違うかって? 基板のチップ構成が異なるので、ケースと干渉してしまい最悪壊れます。

ほら、画像で見てください。zero w 1.1です。真ん中のCPUチップの切れ込みは余裕があります。

zero w 1.1

次はZeroで、チップの右側が干渉します。ネジで止める関係から、やめた方がいいです。

Zero

付属のケース  ——Raspberry Pi Zero W v1.1に対応

アドオンボード ——Raspberry Pi Zero v1.3とRaspberry Pi Zero W v1.1に対応

アドオンボードの仕組み

zero-otg8

非常に簡単に実現できるので、拍子抜けするかも知れません。でも、電源も繋がないで接続できるってどうなってるの??

実は裏の配線をみてもらうと、電源とmicroUSBの端子をUSB-Aに配線で繋いでいるだけなんです。本来、はんだ付けすることで薄く実現可能です。

でも、はんだ付けは面倒・・・。それにはんだごてセットを買うのも・・・。(私は買いましたが面倒!)

サクッと簡単にできるのが、このアドオンボードだったということです。はんだ付けしていませんから、ネジでしっかりと固定しないと、接点がズレて外れてRaspberry Pi が落ちます。でも、きちんとネジ止めすれば心配ありません。大丈夫です!

zero-otg6

曲がってやがる・・・! 中華クオリティ!

セットアップ方法

実際に組み上げたら、microSDカードの準備です。数カ所変更するだけで簡単に接続できます。

microSDカードにOSを書き込む

書き込みに用いるのは、いつものbalenaEtcherで今回はRaspbian Stretch Liteです。もちろんフルでも構いません。何をするかで使い分けてください。動作確認も含めてなのでLiteでサクッと書き込みました。

config.txtへ追記

OSを書き込んだmicroSDカードの中身を見てみましょう。中にconfig.txtがあります。それを開いて最下部に追記し保存ます。

dtoverlay=dwc2

cmdline.txtへ追記

同じくcmdline.txtへ追記します。場所はrootwaitの後です。

modules-load=dwc2,g_ether

cmdline.txtは1行で書かれています。改行しないでください。また、スペースで区切るのですが半角スペースですよ。

zero-otg10

空のSSHファイルの用意

これが分かりにくいのですが、SSHを最初から有効にするため拡張子もない「ssh」ファイルを作ります。

ここは過去記事(RaspbianをインストールするときSSHを有効化する方法)でも触れていますので、分からない人はどうぞ。

これで初回起動時からSSHで接続可能です。

ssh pi@raspberrypi.local

初期のIDとパスとアドレスです。

  • ID : pi
  • pass : raspberry
  • IPアドレス : raspberrypi.local

※Macの環境では問題ありませんでしたが、Windowsなど他の環境の場合、名前解決するためにBonjourが入っていれば大丈夫かと思います。入っていないのなら、先にiTunes or Quicktimeをインストールしてください。それで一緒にBonjourは入ります。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

最後に

非常に簡単でした! 安いし、どうやって使うのかアイディアが沸きますね!

実用度ではポータブルなVNCサーバなんていいかも知れません。

これにGPIOへ何か繋ぐのは厳しいのかな〜??

Raspberry Pi Zeroの消費電力は5V100mA(0.5 W)で推奨電源は1.2A、USB2.0の規格は5V500mA(2.5 W)なのでどうなんだろう??(USBの1ユニットロードは100mA)電気は詳しく無いので、どなたかコメントをお願いします!

取りあえず、ZeroでもZeroWでも動きます。カメラモジュールくらいは大丈夫そうだな。

公式ページにもZero系のコネクタの定格とあるから、多分100mAなんだろうなー??

はんだ付けしないでRaspberry Pi ZeroをUSBドングル化の体験記でした。
ちょうどRaspberry Pi Zeroの使い道に困っていたので良かったです。Zeroなら安価に実現できますから試してみてください!

Raspberry Pi Zero / Zero W用のUSBドングルを使用すると、Raspberry Pi Zero / Zero Wを使用して簡単にアクセスできるポータブルPCを作成できます。ラズベリーPiへのモジュールのはんだ付けや配線は不要です。

参考:Setting up Pi Zero OTG

参考:公式ドキュメント(電源について)

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

    • まきジャック
    • 2019.03.23

    USBアドオンボード!私も先日購入しました。HID化してキー自動入力で効率改善を考えています。調べるとBack doorやattack platformなどキーワードがちらほら、セキュリティについて考えさせられました。GPIOですが手持ちpHat(micro dot)が動きましたよ!W無しのzero込みの消費電流は0.3Aでした。

    • ラズパイダ
      • ラズパイダ
      • 2019.03.23

      おお!同志よ!w コメントありがとうございます。
      そうなんですよねー。怪しい情報と一緒なんで紹介しようかどうか迷いました。そういう使い方ばかりではないのにな。
      GPIOの情報をありがとうございます!
      0.3Aですか。USB2.0は1ユニットで0.1A、1つだけの接続なら0.5Aということらしいですが、実際はどうなんでしょう??

      何のpHATがいいですかねー。
      micro dotでIP表示させて簡易サーバもいいなー。
      あまり電力を使えないと思うのですが、Speaker pHATでミュージックサーバーが使い勝手ありそうな??

      またお越しください! んで、情報をください!

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  2. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  3. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  4. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  5. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  6. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP