コロナ禍で品薄のRaspberry Pi Zero W/WH、入荷情報!8月

Raspberry Piの中でも、組み込める小さい基板のRaspberry Pi Zero 系は、販売店側のお話では地味に売れ続ける商品と伺いました。

ラズパイダで以前におこなったアンケート調査でも、Raspberry Pi 4が圧倒的で、Zero系はトライしていない人が多い結果です。

販売数もRaspberry Pi 4と比較すればかなり少ないと想像されます。コロナ禍もあり、需要数からしてもRaspberry Pi Zero WやWHは発注してもなかなか注文できない状態が続いているお店がほとんどのご様子。

Raspberry Pi Zero WHが販売されている情報をお届けします。(※記事執筆時点の8月中旬)

追記:新しいRaspberry Pi Zero 2 Wがリリースされました。(2020/10/28)
追記:2022年以降にならないと品薄状態は続く見込みです。(2021/10)

目次

小さいがメリット

zero whとFlircのケース
ZeroWHのお気に入りFRIRCケースとLEDのpHAT

Raspberry Pi Zero 系は、接続インターフェイスもサイズ上の理由もあり特殊で数も足りません。CPU性能も非力で、メモリーも512MBしかありません。

サイズが小さいこと、消費電力が僅かでモバイルバッテリーでも動作する点が最大のメリットです。

何かに組み込む、隠す用途でRaspberry Piを使用するなら、確かにZero系は便利です。データを取得する手段としては十分な性能です。

とはいえ、Raspberry Pi の中でもマニア向けでしょう。
まだトライしていないから、試したくても購入できないのはファンとしても残念です。

数ヶ月は在庫切れが続いていた

outofstock-zero-title

先日もお伝えしたとおり、軒並み在庫切れでした。

いつもはセット品は在庫があり、単品販売が無いというのが通例でしたが、ここのところはセット品も在庫切れで手にできない人も多かったのではと想像します。

無いとなると欲しくなるのが人情ですね。

多くの販売店では、まだ在庫切れが目立ちます。もしかしたら、後継機種でも出るのか?と勘ぐりたくなるくらいです。

Rブラック

やっぱり発売されたね。

Raspberry Pi Zero W/WHの入荷情報

日本では何かとサプライチェーンが滞るお盆前に、Raspberry Pi Zero WHがやっと入荷したとの情報をいただきました。(販売:NewLife NewDesing)——売り切れました。

世界的な新型コロナ禍の影響と半導体の不足によりRaspberry Piも在庫がない状態が続いています。最新の在庫は、各ショップにてご確認ください。2022年以降までは手に入らない状態になりそうです。

小さな販売店ですので、大手ほどの数は入荷していません。(※NewLife NewDesingについては別記事をご覧ください)

Zero系の記事

zero w

ラズパイダでは、Raspberry Pi Zero 好きなためにZero系の記事も多くなっています。サイトメニューのカテゴリーやタグリンクからお読みいただけます。

Raspberry Pi Zero W/WHの販売情報でした。

SHAREする
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる