スポンサーリンク

Raspberry Pi で使える主なWebブラウザは4つ

rpi-webbrowser4-title公式Raspberry Pi OS
公式Raspberry Pi OS

Raspberry Pi OS で最初からインストールされているWebブラウザはFirefoxです。ライセンスの関係で、Chromiumから現在はFirefoxに変更になってきました。

一時期に人気が高かったFirefoxも今の利用者数はどうなのでしょう。できれば好みのWebブラウザを使いたいですよね?

結論から言えば、Raspberry Pi OS ではデフォルトのFirefox、オープンソースソフトウェアのChromiumが動作します。マイナーながら、Vivaldi、Operaも導入することは可能です。

スポンサーリンク

Chromium

Chromeブラウザのオープンソース版です。つまり元です。これは元々標準でインストールされていました。ライブラリなどのライセンスの関係で、Firefoxに差し替えられています。

Raspberry Pi OSでもChromiumは問題なくインストールできて動作します。

sudo apt install chromium
スポンサーリンク

Edge

Microsoftが開発したブラウザです。IEの後継となります。但し、中身はやはりChromeと同じです。検索エンジンをBingではなく、Google searchに変更すれば、ほぼChromeですね。

Raspberry Pi と同じLinux系に対応はしているものの、Raspberry Pi は対応していません。

参考:Microsoft Edge Insider Channels
参考:Linux Software Repository for Microsoft Products

フォーラム:MS Edge on Raspbian

今後に期待したいところです。

Opera

私も個人的に使っていたこともあるOperaはRaspberry Piにインストールできます。snapで可能です。

snapはパッケージ管理システムの1つです。バージョンアップにも対応しています。

sudo snap install core
sudo snap install opera-proxy

参考:Enable snaps on Raspberry Pi and install opera-proxy

もしもsnap自体をまだ入れていない人は先に追加してください。

sudo apt update
sudo apt install snapd

広告が出ないブラウザ

既存のWebブラウザよりも個人情報保護が安全(?)と謳われているブラウザがあります。どちらもChromiumをベースに開発されました。また、VivaldiブラウザはOperaの人が創立したこともあり、一部旧Operaの特徴も備えています。

Vivaldi

広告ブロック機能が付いたWebブラウザです。

ダウンロードリンクから.debファイルをダウンロードできます。(32bit版)ARMを選んでください。

公式:vivaldiダウンロードページ

Downloadsフォルダにダウンロードした場合(※ARM用の.debファイルに限る)

sudo apt install ./Downloads/vivaldi-stable_4.0.2312.38-1_armhf.deb

.debパッケージも、ARM用であればaptでインストールした方が安全です。

ユーザ向けパッケージ管理ツールである apt' またはaptitude' を使いましょう;

ターミナル出力より

※dpkgコマンドだと依存関係の解消が自動で行われません。

BraveBrowser

このBraveでYoutubeにアクセスすると、広告がほぼ表示されないことで有名です。このラズパイダのような一般的なサイトも広告がほぼ出ないでしょう。

ただ、BraveBrowserは、独自の広告を展開していくため、今後はどうなのか分かりません。一時スポンサーに配慮したURLの転送が問題になり謝罪した経緯もあります。(「brave ブラウザ 謝罪」で検索してみてください)

BraveもVivaldiも収益を上げないとならないため、Google陣営以外のスポンサーが居ることもあり、全く広告と無関係とはいかないでしょう。逆に独自の広告が表示されることになります。

Braveの場合、Raspberry Pi OSではインストールできません。(arm用がない)

Webブラウザの利用割合

日本のみならず、世界的にみてもGoogle Chromeブラウザが圧倒的です。世界的には約7割弱、日本だけでも約半数がChromeです。

データは古いですが、2018年当時の日本での割合です。

Source: StatCounter Global Stats - Browser Market Share

当サイトへのアクセス例

ご参考までに、このラズパイダに訪れていただいた集計もご紹介します。

ある時期に約3ヶ月間で計測した結果です。

ソース:ラズパイダへのアクセス例

私がmacOSユーザーということもあり、Safariが多い点が特徴的です。それでもChromeが一般的な統計と同じように53%もあります。

この表は、ある時期の約3ヶ月間の集計なので、1年単位にすると2位と3位は変わるかも知れません。ラズパイダはスマホユーザーがとても少ないサイトですので、ほぼこれがアクセスしている方の割合といえます。

Piブラック
Piブラック

Amazon Silkが計測できるレベルの数があって驚いた!

Raspberry Pi にはChromium

Raspberry Pi OSではChromeはそのまま動作しませんから、ほぼ同じであるChromiumが同等になります。EdgeはWindowsユーザーですが、PC版Linuxにも対応しているので、これから増えてくるのかも知れません。

デフォルトのFirefoxは立ち上がってしまえば快適なんですけど、起動は少し遅いですよね。

Googleに依存しないで使えるChromiumは快適ですが、拡張機能を追加できるGoogle Playストアは完全には使えません。(Web版のみ)逆に言えば、Google依存したい場合は使い勝手は悪くなります。

Raspberry Pi OSを通常のデスクトップPCのようにメインで使わない限り、ChromiumブラウザがRaspberry Pi OSには合っているように思えます。

Webブラウザの話題でした。

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

スポンサーリンク
ラズパイダ

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました